展示会とセミナーで構成する、クラウドコンピューティングの専門展

いよいよ本番! クラウドの果実をいち早く手中に。

クラウドコンピューティングがIT利活用の姿を大きく変えようとしています。硬直化した「所有の時代」はついに終焉を迎えます。
代わって、仮想化されたリソースをネット経由で柔軟に呼び出す「利用の時代」が幕を開けます。

パラダイムシフトの影響は企業情報システムの枠を超え、広く社会全体に及びます。クラウドを単なる一過性の"ブーム”と考えていると、流れに取り残されかねません。

2011年はクラウドの実用化元年になるでしょう。導入時における技術検討はもちろんですが、導入後の効率的な運用方法や新しいITガバナンスのあり方など、議論すべき事項は尽きません。

こうしたタイミングをとらえ、日経BP社では、満を持してクラウドコンピューティングの専門展「日経BP Cloud Days Tokyo 2011 Conference & EXPO(通称:Cloud Days Tokyo)」を開催します。 都心の会場で開く展示会にはクラウド関連の製品/サービスが一堂に集結。併催のセミナーでは、製品/サービスから今後のITマネジメント手法まで幅広く紹介します。

IT部門はもちろん、経営企画部門や利用部門の来場者にもご満足いただけるよう、日経BP社の総力を挙げてプログラムを練り上げました。ぜひ、ご期待ください。

開催概要

名称日経BP Cloud Days Tokyo 2011 Conference & EXPO
(通称:Cloud Days Tokyo 2011)
会期2011年 3月2日(水)・3日(木)
展示会:10:00~18:00
セミナー:9:30~17:10
会場東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(東京・六本木) 会場アクセス
主催日経BP社
展示会入場料3,000円 (消費税込、3/3 14:59までの事前登録により無料)
出展分野SaaS、PaaS、HaaS/IaaS、DaaS/デスクトップ仮想化、
パブリッククラウド導入 支援サービス、プライベートクラウド構築支援サービス、
サーバ/ストレージ/ネットワーク仮想化、データセンター、
クラウド対応セキュリティソリューション、ソフトウエア開発、
クラウド向け運用管理、データバックアップ、その他関連製品・サービス

ページトップ