2012年2月28日(火)・2月29日(水)展示会10:00~18:00 セミナー09:30~17:40

展示会とセミナーで構成する、クラウドコンピューティングの専門展

クラウドコンピューティングがIT利活用のあり方を大きく変えつつあります。

今や社内の情報インフラを刷新する際、クラウドの利用を検討しない企業はありません。

クラウドサービスの適用範囲も、情報系から業務系、基幹系へと着実に拡大しつつあります。

グローバル展開を考える上でもクラウドの利用は欠かせません。

一方でクラウドの台頭によって、IT利活用のあり方が変革を余儀なくされていることも事実です。

導入するサービスの選択、導入後の運用、投資対効果の評価など、あらゆる領域で体制の再構築が求められています。

こうした中、日経BP社は2012年2月に東京で「Cloud Days Tokyo 2012」を開催します。

クラウド関連の製品・サービスが一堂に集結する展示会と、魅力的なスピーカーが次々と登壇するカンファレンスの両面で、
本格的な普及期を迎えたクラウドコンピューティングの最前線を完全にカバーします。

IT部門はもちろん、経営企画部門や利用部門の来場者にもご満足いただけるよう、日経BP社の総力を挙げてプログラムを
練り上げます。

開催概要

名称日経BP Cloud Days Tokyo 2012 Conference & EXPO
(通称:Cloud Days Tokyo 2012)
会期2012年2月28日(火)~2月29日(水)
展示会: 10:00~18:00
セミナー: 9:30~17:40
会場東京国際フォーラム(東京・有楽町) 会場アクセス
主催日経BP社
展示会入場料3,000円 (消費税込、事前登録により無料)
出展製品・サービスSaaS、PaaS、HaaS/IaaS、DaaS/デスクトップ仮想化、
パブリッククラウド導入支援サービス、プライベートクラウド構築支援サービス、
サーバ/ストレージ/ネットワーク仮想化、データセンター、
クラウド対応セキュリティソリューション、ソフトウエア開発、
クラウド向け運用管理、データバックアップ、その他関連製品・サービス

ページトップ