2013年2月27日(水)・2月28日(木)展示会11:00~18:00 セミナー10:30~18:00

メインシアター

ICTの専門メディア編集記者や、関連団体によるシアターでは、「第6回クラウドランキング」発表のほか、ユーザー調査を元にしたトレンド解説や技術動向の紹介など、多彩なプログラムを用意して、来場者の皆様の参加をお待ちしています。

シアタープログラム

日付
  • 2月27日(水)
  • 2月28日(木)

2月27日(水)

12:00~12:30

最強のクラウドはこれだ~速報「第6回クラウドランキング」

星野 友彦
日経BP社 コンピュータ・ネットワーク局 局長補佐 兼 日経コンピュータ編集プロデューサー

講演概要

クラウド関連のベンダーやサービスを評価する業界標準の指針「クラウドランキング」。今回(第6回)は、報告記事を日経コンピュータに掲載するより前に、結果をCloud Days Tokyoのメインシアターで速報する。「ベストブランド」では初顔も登場、「ベストサービス」にも変化があった。――。ぜひ会場に脚を運んで、2013年のトレンドをご確認いただきいたい。

13:00~13:30

ビッグデータ時代の必須人材、データサイエンティストとは?

市嶋 洋平
日経BP社 日経コンピュータ副編集長 兼 ビッグデータプロジェクト プロジェクトリーダー

14:00~14:30

アンドロイド、Windows 8、iPad ---- 個人向けタブレットはどこが違う?

南浦 淳之
日経PC21編集長

講演概要

アップルのiPadやグーグルのネクサス、アマゾンのキンドルに加えて、Windows 8を搭載したタブレットも続々登場。個人ユーザーのタブレット選びはたいへん難しくなっています。「使えるアプリは?」「エクセル文書は編集できるか?」「電子書籍は読めるか?」など、タブレット選びのポイントを解説します。

15:00~15:30

ユーザー実態調査に見る「クラウド時代の運用管理」

森重 和春
日経BPシステム運用ナレッジ 編集長

講演概要

クラウドサービスの導入で、システムの運用管理は本当に楽になるのでしょうか。システム間連携の複雑さが増し、より高度な運用が求められることは少なくありません。業務視点でのサービスマネジメントもより重要になるでしょう。クラウド時代の運用管理のポイントを、運用実態調査の結果を交えてご紹介します。

16:00~16:30

企業でのスマートフォン/タブレット活用のポイント

大橋 源一郎
日経パソコン編集

講演概要

日経パソコン編集部と電子情報技術産業協会(JEITA)の共同調査「企業の情報化実態」をもとに、企業におけるスマートフォン/タブレットの利用状況を説明します。また、タブレットがスマートフォンよりも優れる点について、Office文書や地図の表示など、企業内の具体的な活用例を通じて紹介します。

17:00~17:30

BYOD検討・導入のポイント
~情報システム部はスマートデバイスにどう向き合うべきか

高橋 信頼
ITpro編集

講演概要

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの普及をきっかけに、BYOD(私物デバイス活用)導入が広がっています。BYODは従業員の生産性向上に有効ですが、きちんと向き合わなければ、セキュリティなどのリスクを高めるおそれがあります。事例やアンケートから、失敗しないB導入のポイントを紹介します。またスマートデバイスの活用において情報システム部門が果たすべき役割について解説します。

2月28日(木)

12:00~12:30

モバイル導入率7割時代のスマホ企業活用の実態
~BYODを導入する理由/しない理由~

加藤 雅浩
日経コミュニケーション編集長

講演概要

企業のモバイル利用率が7割に到達──。企業のICTで最も活発な動きが見えるのがモバイルだ。ただ多くは小規模導入にとどまり、セキュリティや運用管理面の課題も残る。BYODの採用企業もまだ1割に満たない。日経コミュニケーションが毎年実施しいている企業ネット実態調査を基に、スマホ企業活用の“実像”を明らかにする。

13:00~13:30

「グリーン・グリッド データセンター・アワード 2012」受賞企業から見る
データセンター省エネルギー化の最新事情

田口 栄治氏
グリーン・グリッド 日本技術委員会代表(インテル株式会社)

講演概要

様々な事例を基にデータセンターの省エネルギー化の実態とポイントを解説します。国内外でのデータセンターのトレンドや省エネ化の取り組みに加え、昨年実施した「グリーン・グリッド データセンター・アワード 2012」で最優秀賞を受賞したエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社様/株式会社NTTファシリティーズ様のデータセンター・インフラ管理(DCIM)の事例などを紹介します。

14:00~14:30

アンドロイド、Windows 8、iPad ---- 個人向けタブレットはどこが違う?

南浦 淳之
日経PC21編集長

講演概要

アップルのiPadやグーグルのネクサス、アマゾンのキンドルに加えて、Windows 8を搭載したタブレットも続々登場。個人ユーザーのタブレット選びはたいへん難しくなっています。「使えるアプリは?」「エクセル文書は編集できるか?」「電子書籍は読めるか?」など、タブレット選びのポイントを解説します。

15:00~15:30

マイナンバーと電子行政オープンデータのインパクト

井出 一仁
日経BPガバメントテクノロジー 編集長 兼 日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員

講演概要

政府が推進している電子行政分野の取り組みである「社会保障・税に関わる番号制度(マイナンバー制度)」と「電子行政オープンデータ戦略」は、社会やビジネスにどのようなインパクトをもたらすのか。住民の利便性、行政の効率化、新ビジネスの創出の観点から解説する。

16:00~16:30

企業でのスマートフォン/タブレット活用のポイント

大橋 源一郎
日経パソコン編集

講演概要

日経パソコン編集部と電子情報技術産業協会(JEITA)の共同調査「企業の情報化実態」をもとに、企業におけるスマートフォン/タブレットの利用状況を説明します。また、タブレットがスマートフォンよりも優れる点について、Office文書や地図の表示など、企業内の具体的な活用例を通じて紹介します。

17:00~17:30

クラウド開発に「パターン」を使おう!
~クラウドを使ったシステムのアーキテクチャー設計を極める~

矢口 竜太郎
日経BP社 日経SYSTEMS編集

講演概要

スケーラビリティや耐障害性を容易に向上させるといった、クラウド特有のメリットを生かしたシステム設計をするにはどうすればよいのか。こうした悩みを解決する「パターン」が続々と登場しています。『Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド』の編集を担当した日経SYSTEMSの記者が、最新動向を解説します。

ページトップ