[26A4]

BtoBマーケティング・オートメーションで実践するABMとスコアリングの重要性

アカウントベースドマーケティング(ABM)といわれる、顧客データを活用してターゲット企業を明確に定義しアプローチするマーケティング手法が最近注目を集めています。この手法では、正確な従業員数や拠点数、売上高といった企業情報による、ターゲット企業の理解及び絞り込みが重要なポイントとなります。全世界2億5千万件超の企業情報を提供しています弊社が、ABMの観点からわかりやすくご説明させていただきます。

登壇者

株式会社東京商工リサーチ

マーケティング部 

部長

弓削 正範

外資系国際ブランドのクレジットカード会社でプロダクトマーケティング、マーコム業務をマネージャとして約10年経験後、2009年に米国ダンアンドブラッドストリート(D&B)と東京商工リサーチ(TSR)の合弁会社であるD&BTSRへ入社。その後、TSRへ転籍し、マーケティング部の立ちあげを事業部長として指揮し、現在に至る。

▶申し込む(協賛セッション)