[28K3] キーノート3

インバウンド需要へのカスタマーエンゲージメント対応
ー 訪日観光客とのエンゲージメント 理解・発信・日本のファンへ ー

2020年の東京オリンピックの開催に向けて、年々訪日外国人の数は年々増加傾向にあります。ショッピングや食事、伝統文化や自然も含めて、どのようなカスタマーエクスペリエンスを提供するかで、2回目以降の訪日顧客数や口コミによる新規顧客数が変わってきます。当セッションでは、オラクルのクラウドを活用した訪日外国人とのエンゲージメント強化方法を事例も含めてご紹介させて頂きます。

登壇者

日本オラクル株式会社

専務執行役員
クラウド・アプリケーション事業統括 兼
マーケティングクラウド統括本部長

下垣 典弘

1986年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。
公益事業の営業/Sales Executiveとして15年以上従事。その後、グローバル・サービス事業、通信・メディア・公益事業を担当。2005年 執行役員 ビジネスコンサルティングサービス、2008年 ソフトウェア事業理事を歴任。
2010年 株式会社ベルシステム24 専務執行役として入社。
2012年4月 日本オラクル株式会社に入社。 6月に執行役員 流通・サービス・メディア・公益営業担当に就任、常務執行役員 エンタープライズ営業統括を経て、2015年6月より、現職。

▶申し込む(協賛セッション)