[29D6]

ノエビアホールディングスが6つのECサイトを統合して進めるデジタルブランディング戦略

ノエビアホールディングスは、グループ内の事業会社常盤薬品工業やノエビアなどが展開するEC(電子商取引)サイトのうち、リアル店舗と同じ商品を販売する5つのサイトと、通販専用商品だけを扱う1つのサイト、計6つのサイトを統合しました。6つのサイトのID統合などによって顧客の利便性を高め、成約率(CVR)を向上させるだけでなく、ノエビアグループの存在をもっとよく知ってもらうのが狙いです。講演では、ノエビアグループがブランディングを必要とする背景や、サイト統合で利便性を高めるべく工夫した点、サイトがブランディングに与えた効果などについてお話しします。

登壇者

株式会社ノエビア

店舗・EC事業部 EC事業グループ

課長

正田 拓未

1983年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2007年、㈱ノエビア入社。カウンセリング化粧品のマーケティング部門を経て、㈱ノエビアホールディングス経営企画部在籍時にはグループ再編や中期経営計画策定のプロジェクトに従事。2014年6月より現職。現在は通販事業の開発・育成に加えて、ノエビアグループの多種多様なブランドのデジタルマーケティング、ECサイト運営に従事している。