イベントは終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

Expert Course

017月23日(木) 12:00 ~ 15:00

顧客体験設計に基づくコミュニケーションプランニング手法
~ マーケティングオートメーションの効果的な活用に向けて ~

電通イーマーケティングワン
第五営業本部 本部長
小浪 宏信
027月23日(木) 15:30 ~ 18:30

3時間で学ぶ! スモールサクセス型『カスタマージャーニー分析』
~ Excelの無料アドイン「Power BI」を活用して顧客行動ビッグデータの「カスタマージャーニー分析」を実体験する

データマーケター
内野 明彦

Expert Courseの詳細はこちら

2014年はデジタルマーケティングの世界において新たな技術や手法が続々と登場しました。2015年はそうした技術や手法を実務に役立て、成果を上げていく年です。

日経デジタルマーケティングが「モバイル&ソーシャルWEEK」ブランドで開催してきたイベントを2015年より刷新。7月の本イベントを年間最大のイベント「Digital Marketing Week 2015」にリニューアル、3日間にわたり開催いたします。

デジタルを核にマス広告、販促、商品開発などマーケティング全体が変革していく最先端をお伝えします。マーケティングオートメーション、コンテンツマーケティング、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルメディア、リッチメディア、DMP、オムニチャネル、UX、デジタルブランディング、キャンペーンマネジメントシステム、コマースといったデジタルマーケティングにまつわる幅広いテーマとともに、企業の経営層、広報・宣伝・マーケティング担当者を中心とした方々に向けて充実した内容をお届けいたします。

カンファレンス、ネットワーキング、アワードで、業界のキーパーソンが一堂に会し、ビジネスとテクノロジーの今と未来を考えます。
皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

  • Keynote
  • オムニチャネル&コマース
  • キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)
  • コンテンツマーケティング
  • リアルタイムコミュニケーション
  • 共創マーケティング
  • マーケティングROI&KPI
  • IoT&ビッグデータ
  • デジタルブランディング
  • アドテクノロジー
  • マーケティングキャリア
  • スマートフォン&モバイル
  • ユーザーエクスペリエンス
10:00 ~ 10:45
詳 細
[K11]Keynoteパネルディスカッション

データを核にマーケティングのすべてを変革する

花王 デジタルマーケティングセンター センター長 石井 龍夫氏
パネリスト
花王
デジタルマーケティングセンター
センター長
石井 龍夫
1980年花王に入社、販売部門を経験した後、本社事業部門でブランドマーケティング業務に14年携わる。事業部門では、メリーズ・ロリエ・ファミリー・キッチンハイター・マジックリン・ビオレ等のブランドマネージャーを歴任。 2003年、アジエンス発売を最後に事業部門から異動し、以降は花王のweb活用 戦略立案と企画運営に携ってきた。2014年3月には、デジタルマーケティングセンターを新設し、花王のデジタル マーケティング活動を統括している。社外では、日本マーケティング協会のマーケティングマイスターやデジタル広告電通賞の審査委員長といった職務に携わっている
KDDI コミュニケーション本部 宣伝部 担当部長 塚本 陽一氏
パネリスト
KDDI
コミュニケーション本部 宣伝部
担当部長
塚本 陽一
エフエム東京・電通を経て、2008年オプトに入社。マーケティング部門の責任者を歴任。デジタルを中心とした統合型のコミュニケーション企画の提案を牽引する一方、ホットリンク、デジミホの取締役も兼任し、経営からプランニングの現場までを担当領域とする。2011年、インテグレートに入社。クライアントの課題解決のためのIMC(統合型マーケティング)プランニング業務に奔走。 2013年より現職。
リクルートジョブズ IT戦略室 デジタルマーケティング部 部長 板澤 一樹氏
パネリスト
リクルートジョブズ
IT戦略室 デジタルマーケティング部
部長
板澤 一樹
東京大学大学院 学際情報学府修了後、2007年、リクルート(現リクルートホールディングス)に入社。全社のウェブマーケティング専門部署で、戦略の策定や販促住宅領域のウェブマーケティング等を担当。現在は、リクルートジョブズにおいて、「フロム・エー」「タウンワーク」等自社メディアのTVCM等の宣伝 ・オンライ広告全般、「パン田一郎」などスマートデバイス向けアプリ開発、データマネジメント(データ分析・インフラ構築)全般を統括
日経BP社  日経デジタルマーケティング発行人 杉山 俊幸
モデレータ
日経BP社
日経デジタルマーケティング発行人
杉山 俊幸
7月21日 10:05~10:45 主催 パネルディスカッション マス広告とデジタル広告のどちらが効果的か…。そんな不毛な議論は終わりにしたいと本誌は考えます。デジタルマーケティングの真価は、デジタル上の活動で得られたデータと知見をマス広告、流通、商品開発などマーケティング活動全体へフィードバックし、改善に結びつけることだと考えます。マーケティングを重視する大手企業の責任者らと意見を交わします。
11:00 ~ 11:40
詳 細
Domo  代表取締役 水嶋 ディノ氏
無料[K12]Keynote

マーケティング組織の意思決定を加速させるビジネス管理プラットフォームとは

講演資料PDF
Domo
代表取締役
水嶋 ディノ
カントリーマネージャーとしてDomo Inc.の日本事業を立ち上げ、現在はアジア太平洋地域のマーケティングを統括。Domo以前は、マーケティングディレクターとしてOmnitureでウェブ解析ツールのSiteCatalystをはじめとするデジタルマーケティングソリューションの急成長に貢献。その他インターネット、IT企業において営業、事業開発、マーケティングの要職に従事。
7月21日 11:00~11:40 協賛 プラチナ マーケティング活動に対する投資対効果をきちんと示せていますでしょうか?デジタルマーケティングの投資に対する売上への貢献、マーケティング施策ごとのパイプライン比較などを把握するために、様々なツールから毎週の様にデータを抽出・統合し、時間をかけてレポートを作成していませんか?社内外のステークホルダーへ提出するレポート作成業務の自動化に加え、必要とする情報をリアルタイムで把握することにより迅速で的確な意思決定が可能となるDomoのクラウド型ビジネス管理プラットフォームについて、国内事例やデモを交えてご紹介いたします。 無料
11:40 ~ 12:20
詳 細
日本オラクル 専務執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括<br>マーケティングクラウド統括本部長 トニー ネメルカ(ネメルカ・トニー)氏
無料[K13]Keynote

マーケターのジレンマ: MA vs. アドテク

日本オラクル
専務執行役員
クラウド・アプリケーション事業統括
マーケティングクラウド統括本部長

トニー ネメルカ(ネメルカ・トニー)
日本オラクル専務執行役員マーケティングクラウド統括本部長。前職はMarketo社の戦略兼ビジネスデベロップメントSVPとして、マルケト社日本法人の設立に貢献。Adobeのアジアパシフィック担当副社長などを歴任し、SaaSを含むデジタル・マーケティング業界だけでなく、IBM、Peoplesoft、Epiphany、BadgevilleのVP、YouSendItのCMO、TeleplaceのCEO、 SocialtextのCOOやHelpstreamの創設などエンタープライズ向けソフトウェア分野も経験。
7月21日 11:40~12:20 協賛 プラチナ 日本オラクルのマーケティングクラウド統括本部の責任者が公に初めて登場!
「日本のマーケティングは決して『遅れ』ているわけではない」、そう語る日本、米国およびその他の国々において25年以上の実績を持つ、デジタル・マーケティング業界の第一人者の講演に是非ご期待ください。
無料
休 憩
  • トラックA
  • トラックB
  • トラックC
  • トラックD
  • トラックE
13:40 ~ 14:20
  • 無料[A11]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    シナジーマーケティング  Synergy!LEAD Product Manager 佐々木 翼氏

    組織間の分断をなくすために必要な3つのこと 〜オーケストレーションの実現に向けて〜

    講演資料PDF
    シナジーマーケティング
    Synergy!LEAD Product Manager
    佐々木 翼
    シナジーマーケティングに入社後、マーケティング、営業を経てBtoB事業部に参加。現在は主にSynergy!LEADのプロダクトマネージャーとしてBtoB事業のマーケティング活動全般を担当している。
    7月21日 13:40~14:20 協賛 ゴールド 企業がみずからの活動を通じて利益を上げていくために必要なこと。それはマーケティングオートメーションの導入やセールス改善ではなく、「マーケティングとセールスを非連続なものにする」ことです。基本的なことでありながら、多くの困難が伴うことは多くのマーケターが実感していることでしょう。本セッションでは、組織分断を解消し共創価値「オーケストレーション」を生み出す3つのポイントをご紹介します。 無料
    詳 細
  • [B11]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    freee  代表取締役 佐々木 大輔氏

    クラウド会計ソフトシェアNo.1
    freee急成長を支えるデジタルマーケティング戦略

    freee
    代表取締役
    佐々木 大輔
    「全自動クラウド会計ソフトfreee(フリー)」を提供するfreee代表取締役。Googleにて日本およびアジア・パシフィック地域での中小企業向けマーケティングチームの統括を務めた後にfreeeを創業。Google以前は、博報堂、投資ファンドを経て、レコメンドエンジンのスタートアップALBERTにてCFO兼レコメンドエンジン開発責任者などを経験。一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。
    7月21日 13:40~14:20 主催 freeeのマーケティング施策は、「ユーザーにとって本質的に価値があると自信を持って言えることだけをしよう」という会社としての価値基準を重視していて、それを「マジ価値マーケティング」と呼んでいます。中小企業の経営者や個人事業主に役立つ情報を発信するオウンドメディアの経営ハッカー(http://keiei.freee.co.jp/)や社内でのマーケティングオートメーションツールの活用法などの具体例を交えて、freeeのマジ価値マーケティングについてご紹介します。
    詳 細
  • 無料[C11]オムニチャネル&コマース

    アプリックス  取締役チーフエコノミスト 長橋 賢吾氏

    ビーコンを活用したIoT時代におけるデジタルマーケティングとは

    アプリックス
    取締役チーフエコノミスト
    長橋 賢吾
    慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修了、2005 年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。
    英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006 年日興シティグループ証券(現、シティグループ証券)にて ITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事後、2009 年3月フューチャーブリッジパートナーズ設立。2015 年 3 月アプリックスIPホールディングス取締役・チーフエコノミストに就任。
    7月21日 13:40~14:20 協賛 シルバー 位置情報の一つとして注目されているビーコンは、O2Oや所在把握、行動分析、観光・施設案内、交通インフラ、公共事業や自治体などでの実用化が進んでいます。それだけでなく、ビーコンを活用することで「状態の変化を通知する」ことが可能となります。アプリックスが「お知らせビーコン」として提供するソリューションでは「欲しいと思った時にその場で手軽に購入できる」という「Realtime E-Commerce(リアルタイム通販)」を実現します。スマホと「お知らせビーコン」を組み合わせることで、生活の中の様々なシーンにおいて、必要な時、欲しい時に気に入った商品をリアルタイムで今すぐ手軽に購入できるようになります。また、機器からの通知にひもづいた広告を掲載することができるので、消費者が最も興味関心が高まっている最適なタイミングでの効果的なリーチが可能になります。ビーコンの活用による、IoT時代における新たなデジタルマーケティングについてご紹介します。 無料
    詳 細
  • [D11]オムニチャネル&コマース

    日本トイザらス  執行役員 eコマース本部長 飯田 健作氏

    日本トイザらスのお客様主導のシームレスリテーリング戦略

    日本トイザらス
    執行役員 eコマース本部長
    飯田 健作
    昭和46年4月5日生まれ
    上智大学経済学部経済学科卒業
    イェール大学国際関係大学院修了(MA)
    在アメリカ合衆国日本国大使館、アクセンチュア、ウォルマート・ジャパン・ホールディングス/西友eコマース担当バイス・プレジデントを経て、平成26年1月 日本トイザらス入社、現職
    eコマース活動全般を統括。
    7月21日 13:40~14:20 主催 日本トイザらスは昨年夏にオンラインストアをリニューアルし、一年間かけて取り扱いアイテム数を実店舗同等に引き上げてきました。また、取り扱いがなかったり欠品しているアイテムを実店舗からオンライン注文できる「ストア・オーダー・システム」をはじめ、顧客接点のシームレス化を加速させる施策を数多く実行に移したことで、実店舗の売上を損なうことなく大きく売上を伸ばしています。小売業の原点である、“お客さま視点”を中心に据え、戦略、オペレーションの全ての領域で徹底的なシームレス化を急速に進めてきた、ここ数年の当社の取り組み、及び、今後の方向性に関してご紹介します。
    詳 細
  • 無料[E11]マーケティングキャリア

    テクロコ  代表取締役社長 林 康頼氏

    クラウドソーシングによる新しい広告運用のカタチ

    講演資料PDF
    テクロコ
    代表取締役社長
    林 康頼
    ダブルクリックにて1999年からインターネット広告に携わる。その後、総合広告代理店を経験し、2004年にオプトに入社。オプトでは、事業開発やグループ会社の役員を経験、2013年に中小・ベンチャー企業のネットマーケティングをテクノロジーで支援するため、テクロコを設立し代表取締役に就任。
    7月21日 13:40~14:20 協賛 シルバー 近年、活用が進んでいるクラウドソーシングでの専門的な仕事というと、主にエンジニアやクリエイター向けの仕事がメインでした。一方で、マーケターやWeb広告運用者は、専門的で高度なスキルを持っているにもかかわらず、その専門性を活かす“場”が提供されていませんでした。本講演では、新たにマーケターやWeb広告運用者が活躍するクラウドソーシングについてお話しします。 無料
    詳 細
14:40 ~ 15:20
  • 無料[A12]コンテンツマーケティング

    ロックオン  代表取締役社長 岩田 進氏

    最新のマーケティング事情から紐解くコンテンツマーケティングのKPI設計とPDCAの回し方

    講演資料PDF
    ロックオン
    代表取締役社長
    岩田 進
    2001年、大学在学中にロックオンを創業。以来“Impact on the World”という理念のもと、デジタルマーケティング領域の製品を開発。マーケティングプラットフォーム『アドエビス』を始め、国産リスティング広告運用プラットフォーム『THREe』、ECオープンプラットフォーム『EC-CUBE』など、各分野において国内トップブランドとしての地位を確立させた。
    7月21日 14:40~15:20 協賛 シルバー 近年、インターネットマーケティングは、リスティング広告といった顕在層向け広告の競争激化を受け、購買から遠い、より潜在層向けマーケティングへシフトしています。その中で、今最も注目されているマーケティング手法が「コンテンツマーケティング」です。本講演では、広告効果測定を10年間牽引してきたアドエビスを提供してきた立場から、最新のマーケティング事情をお伝えするとともに、コンテンツマーケティングのKPI設計とPDCAの回し方を分かりやすく解説します。 無料
    詳 細
  • 無料[B12]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    アクティブコア  代表取締役社長 山田 賢治氏

    スリーエム ジャパン/阪急交通社/バイクブロス が導入したプライベートDMP基盤!~ 顧客分析・マイニングから始めるマーケティングオートメーション・1to1レコメンド ~

    講演資料PDF
    アクティブコア
    代表取締役社長
    山田 賢治
    パッケージベンダーでの顧客サポート、開発部門を経て、データベースカーネルの開発、海外勤務を経験。 その後、データウエアハウス事業の立ち上げ、BIシステムの導入・設計・開発に携わる。大手企業のデータウエアハウス提案・設計・開発・構築を担当。インターネット系ベンチャーの技術部長を経て 2005年にアクティブコアを設立、代表取締役社長に就任。アクティブコアの経営全般および全製品のエンジン設計・開発を担当。アクティブコアが持つ複数のレコメンドアルゴリズム特許の発明者。
    7月21日 14:40~15:20 協賛 シルバー プライベートDMPを軸に店舗とWebのデータを統合した分析/マイニング/レコメンドの事例や大手メーカー、ECサイト、会員サイトにおける最新の活用事例をご紹介します。また、実例に基づいたプライベートDMPの構築・運用を成功させるためのヒントをお話しします。 無料
    詳 細
  • [C12]デジタルブランディング

    コニカミノルタ CSR・広報・ブランド推進部 ブランド推進グループ  中村 俊之氏

    テレビCMとネット動画のROI比較
    ~コニカミノルタが取り組むブランド施策とクロスメディア効果測定~

    認証が必要です講演資料PDF
    コニカミノルタ
    CSR・広報・ブランド推進部 ブランド推進グループ
    中村 俊之
    2005年、コニカミノルタ入社。計測機器事業の営業、企画部門を経て、新規事業の立上げに従事。販売戦略担当として、グローバル販売体制を構築。2011年よりブランド推進部門へ異動。現在はTV, 新聞、雑誌などのマス媒体の担当に加え、グローバルWebコンテンツ、デジタルマーケティング推進など、メディア横断的なブランディング業務に取り組んでいる。
    7月21日 14:40~15:20 主催 ひとりひとりが受け取る情報量は増え続け、情報流通経路も複雑化しています。
    お客様と企業の接点も多様化するなかで、私たちが発信するメッセージはどれだけお客様に届き、その心を動かすことができているのでしょうか。
    B2B企業であるコニカミノルタがTV・交通・Webを用いた実施した動画広告プロモーションと、独自に取り組んだ「クロスメディア効果測定」についてお話しします。
    詳 細
  • [D12]リアルタイムコミュニケーション

    みずほ銀行 個人マーケティング部 参事役 西本 聡氏

    みずほ銀行が取り組むチャットによる有人サポート、“お困りの”お客さまを解析で見つけ顧客満足度向上を目指す

    みずほ銀行
    個人マーケティング部
    参事役
    西本 聡
    2001年3月早稲田大学大学院 理工学研究科 情報科学専攻卒業、同年4月 みずほ銀行eソリューション事業部 入社、06年7月みずほ銀行EC推進部 調査役、09年4月 みずほ銀行個人マーケティング部調査役の後、現職
    7月21日 14:40~15:20 主催 みずほ銀行におけるリアルタイムマーケティングの最新事例として、2014年12月に邦銀初のサービスとして開始した「みずほMessenger」をご紹介します。 ホームページの閲覧状況をリアルタイムで把握し、お困りのお客さまに対して、有人によるチャット対応サービスをご案内するものです。導入経緯、システム構成、開始数ヵ月間のサービス提供状況や結果を共有します。
    詳 細
  • [E12]マーケティングキャリア
    パネルディスカッション

    マーケターのキャリア形成 - 日米のキャリアパスの違い

    認証が必要です講演資料PDF
    パネリスト
    リクルートコミュニケーションズ ソリューション統括局 マーケティングコミュニケーション推進1部マーケティングコミュニケーション推進グループ  川波 朋子氏
    リクルートコミュニケーションズ
    ソリューション統括局 マーケティングコミュニケーション推進1部マーケティングコミュニケーション推進グループ
    川波 朋子
    2009年日本ケンタッキー・フライド・チキン入社。営業を経て経営企画室、マーケティングユニットにてオウンドメディア、ソーシャルメディアを中心としたWebコミュニケーションの企画、運営を担当。2014年よりリクルートコミュニケーションズ入社、既存メディアの新規カスタマー集客~会員化プロモーションの設計や、新たなソリューション領域における機能開発、ビジネスモデル化を推進。
    パネリスト
    日本航空 Web販売部1to1マーケティンググループ アシスタントマネジャー 渋谷 直正氏
    日本航空
    Web販売部1to1マーケティンググループ
    アシスタントマネジャー
    渋谷 直正
    2002年に日本航空インターナショナル(現 日本航空)に入社し、予約センター、国内営業部門を経て、09年からWeb販売部に。月間2億ページビューに上るJALホームページのログ解析を担当。
    航空券などのレコメンド施策の立案・企画・実施にあたる。
    顧客の閲覧傾向に応じてお薦めするコンテンツを使い分け、購入率をアップするなどの成果を上げている。
    日経情報ストラテジー 第2回データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。
    パネリスト
    ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング マーケティング - ブランドビルディング ダヴ マスターブランド&スキンクレンジング 前納 有紀子氏
    ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング
    マーケティング - ブランドビルディング
    ダヴ マスターブランド&スキンクレンジング
    前納 有紀子
    モデレータ
    ワイズアンドパートナーズ ジャパン  シニアバイスプレジデント 結城 彩子氏
    ワイズアンドパートナーズ ジャパン
    シニアバイスプレジデント
    結城 彩子
    外資系広告代理店JWTにてUnilever Luxブランドの立ち上げ、De Beersダイヤモンドのスィート10ダイヤモンド、ベネッセコーポレーションにおけるコーポレートブランディングなどの経験を経て、2002年に米国でストラテジック・クリエイティブエージェンシー Ys and Partners, Inc を共同創業。 2005年には Ys and Partners, Japanを開設し、日本国内と海外に展開するグローバルブランドの調査・戦略立案、トラディショナルからデジタルまでの戦術プランニングを手掛ける。
    7月21日 14:40~16:10 終了予定 主催 デジタルマーケティング市場が国内でも本格的に広がり始めたことで、事業会社でもそうしたスキルを持つ人材のニーズが高まっています。ですが、まだ歴史の浅いデジタルマーケターはどのようなキャリアを歩むべきか確立されていません。そこで、身に付けるべきスキルや、経験すべき職種、ゼネラリストとスペシャリストのどちらを目指すべきかといった観点で、日米企業の違いなども含めて議論を交わしたいと思います。
    詳 細
15:50 ~ 16:30
  • [A13]オムニチャネル&コマース

    ビー・エム・ダブリュー BMWブランド・マネジメント BMW iマーケティング・マネジャー 野村 奈津子氏

    Amazonで新車を売る時代

    ビー・エム・ダブリュー
    BMWブランド・マネジメント
    BMW iマーケティング・マネジャー
    野村 奈津子
    慶應義塾大学(SFC)を卒業後、1999年 BMW Japan入社。マーケティング部門にてセールスプロモーション担当、イベント・マネジャーを経て、2014年より新たなるサブブランドであるBMW iのマーケティング・マネジャーに就任。ディジタル・マーケティングを基軸に、広告/プロモーション/イベントなど電気自動車のマーケティング・コミュニケーションを手がける。
    7月21日 15:50~16:30 主催 2015年4月より開始したAmazonでのBMW i3の販売。世界を通じて自動車業界初となったAmazonでの新車販売スタートの戦略とその効果をお伝えします。世界最大のショッピングサイトでの販売から見えてくる顧客層の実際、消費者行動をもとにしたマーケティング戦略の策定など、あらたなマーケティング手法を探ります。
    詳 細
  • [B13]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    シスコシステムズ マーケティング本部コマーシャルマーケティング マーケティングマネージャー 中東 孝夫氏

    なぜBtoBのシスコがDMPを使い始めたのか?~ MAとDMPによる ”Account Based Marketing”のトライアル ~

    認証が必要です講演資料PDF
    シスコシステムズ
    マーケティング本部コマーシャルマーケティング
    マーケティングマネージャー
    中東 孝夫
    消費財メーカーの宣伝部にてTVCMやダイレクトマーケティングを経験後、外資系IT企業のマーケターとしてさまざまな広告・イベント・DB開発などを担当。2001年からリードジェネレーションに携わり、顧客DBの構築や、BtoBマーケティングの立ち上げを経験。現職のシスコでは中堅法人市場担当として、マーケティング戦略立案から顧客DBの構築、デジタルやテレマーケティングの企画立案から実行までを幅広く担当。
    7月21日 15:50~16:30 主催 アドテクの世界において、来訪者を管理・セグメントするプラットフォームとして始まったDMP。BtoBのビジネスであるシスコが、大型案件を狙うデマンドジェネレーションの為に活用を始めた背景と、その概念や環境構築についてご説明します。
    詳 細
  • 無料[C13]デジタルブランディング

    マクロミル  デジタルマーケティング事業部 営業ユニット ソリューション企画グループ 鈴木 薫氏

    ネットでのブランディング広告の考え方を学びたい方必見
    オンライン広告によるブランディング効果とは?

    講演資料PDF
    マクロミル
    デジタルマーケティング事業部 営業ユニット ソリューション企画グループ
    鈴木 薫
    通信教育事業会社にて広告宣伝効果や会員データの分析、CRM設計や成績DB設計などデータを中心としたマーケティング業務を経験後、外資系アドネットワーク会社でターゲティングプロダクトの運用・開発、オンライン広告のブランディング効果分析などに携わった。マクロミルではオンライン広告の効果分析を中心にアドテク、クライアント保有・3rd パーティーデータなどを活用したデジタルマーケティングソリューション開発を担当。
    7月21日 15:50~16:30 協賛 シルバー オンライン広告効果といえば、CTRやCVR、CPCやCPAといった定量指標で計測するのが一般的。 それらを“最適化”することで広告効果の“最大化”を目指してきました。しかし、動画広告など新たな手法が登場し、定量指標による“最適化”が広告効果の“最大化”に繋がっていないのでは…というケースが増えてきました。オンライン広告効果は限界に到達してしまったのでしょうか?リサーチによって浮かびあがるブランディング効果などからオンライン広告のさらなる可能性を探ります。 無料
    詳 細
  • 無料[D13]リアルタイムコミュニケーション

    スマホ時代の消費者とブランドを繋ぐメッセージングプラットフォーム

    講演資料PDF

    ライブパーソン ジャパン  代表取締役 深沢 明生氏
    ライブパーソン ジャパン
    代表取締役
    深沢 明生
    代表取締役として日本市場における戦略策定とオペレーションの総責任者。中核事業の拡大、戦略的パートナーシップの確立と日本チームの強化に注力し、ライブパーソンの日本におけるビジネスの拡大を目指す。金融、製造、EC分野において国際的ITビジネスに拘る。イベントベースマーケティング、Webエンゲージメント、カスタマーエクスペリエンスなど革新的なマーケティングソリューション開発を主導、市場形成に貢献。

    ライブパーソン ジャパン  カスタマーバリューマネジャー 神吉 真由氏
    ライブパーソン ジャパン
    カスタマーバリューマネジャー
    神吉 真由
    次世代プラットフォームのアジアでのプロジェクト立ち上げと運営にかかわり、現在では日本市場における、ブランドと消費者のデジタルエンゲージメントプログラムの設計、運用支援を行う。
    7月21日 15:50~16:30 協賛 シルバー 消費者とブランドをメッセージングプラットフォームで繋ぎます。人口7割がスマートフォンで繋がる時代、テキストメッセージングは消費者ひとり一人が繋がる主流な手段になりました。通勤、通学の電車の中、仕事や授業の合間、消費者はメッセージングで繋がります。ブランドが消費者と繋がるプラットフォームを具体的デモも交え紹介します。 無料
    詳 細
  • 前枠から続く>

    パネルディスカッション

    マーケターのキャリア形成 - 日米のキャリアパスの違い

    ~16:10 終了予定
16:50 ~ 17:30
  • [A14]オムニチャネル&コマース

    ディノス・セシール ディノス事業ディビジョン営業推進本部マーケティング部WEB推進ユニット ユニットマネージャー 井筒 秀樹氏

    集客後に購買につなげるディノスのWeb接客術~スマホ中心時代の最新ツール活用事例~

    ディノス・セシール
    ディノス事業ディビジョン営業推進本部マーケティング部WEB推進ユニット
    ユニットマネージャー
    井筒 秀樹
    大手総合通販会社、テレマーケティング会社を経て、98年ディノスへ入社。2001年よりウェブ担当。主に広告、モール出店、各種ツールの導入を担当。その他海外向けサイトの立ち上げやオフラインの広告も経験。現在ディノス事業のマーケティング部WEB推進ユニットのマネージャー。
    7月21日 16:50~17:30 主催 既に多くのサイトでスマートフォンのアクセスがPCを超えている中で、そのコンバージョン率はPCと比較して著しく低く、広告の費用対効果は悪化する一方で打ち手がない、といった悩みを抱えているECサイトの担当者は多いのではないでしょうか。その課題を解決すべくディノスが現在取り組んでいる「Web接客」について、ツールの活用方法など具体的な事例を交えてお話させていただきます。
    詳 細
  • 無料[B14]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    フロムスクラッチ  代表取締役 安部 泰洋氏

    知らないと失敗する“マーケティングオートメーションの真実”~導入企業急増中のB→Dashがもたらす自動化の本質を、最新事例から読み解く~

    講演資料PDF
    フロムスクラッチ
    代表取締役
    安部 泰洋
    1983年9月 福岡県生まれ。大学在学時よりインターンを開始し、十数社の企業で営業TOPの成績を樹立。2006年4月に新卒でベンチャー企業へ入社。新人MVP賞を獲得後、入社半年で新規事業責任者に抜擢され、半年間で事業の黒字化に成功。社長賞、全社MVP賞を受賞。2008年2月、経営コンサルティング会社である、リンクアンドモチベーションへ入社。直販部門の立上げ、大手企業から中小中堅ベンチャー企業の組織人事、採用コンサルティング事業に従事。2010年4月、フロムスクラッチ設立。代表取締役社長に就任。
    7月21日 16:50~17:30 協賛 ゴールド 近年、マーケティング領域では「マーケティングオートメーション」が注目を浴びています。しかし、十分な理解の無いままに導入を進め、「期待していた効果が得られていない」「そもそも運用に乗らない」という失敗事例をよくお聞きします。そのような企業様に当社のB→Dashをご導入頂くケースが急増しています。そんな“マーケティングオートメーションの罠”をご説明し、新しい戦略である“マーケティングプラットフォーム戦略”についてご紹介します。 無料
    詳 細
  • [D14]リアルタイムコミュニケーション

    日本テレビ放送網 事業局通販事業部 担当副部長 筒井 亥彦氏

    日本テレビが通販番組で取り組むLINE活用について

    日本テレビ放送網
    事業局通販事業部
    担当副部長
    筒井 亥彦
    リアルショップ小売業の店長を経て、2003年日本テレビへ入社。
    2003年日本テレビの番組グッズを扱うwebサイト「日テレ屋web」を開設
    2005年テレビ通販番組「ポシュレ」プロデューサーとして番組立ち上げ
    現在は日本テレビ事業局通販事業部の担当副部長として、事業全体の統括プロデューサー。
    7月21日 16:50~17:30 主催 日本テレビが深夜帯の通販バラエティ番組を放映して10年。注文ルートは電話からパソコンへ、そしてスマートフォンへと変わっています。この変化に対応して、視聴者と双方向コミュニケーションが可能な「LINEビジネスコネクト」をテスト導入しました。チャネルの多様化によって問い合わせのハードルを下げ、購入しやすい環境づくりと、新たな顧客開拓を目指す取り組みについてお話します。
    詳 細
  • [E14]マーケティングROI&KPI

    スイッチ・メディア・ラボ マーケティング部  安藤 貴男氏

    デジタル時代のテレビ・CMデータ活用~個人視聴データが示すTVマーケティング変革の可能性

    認証が必要です講演資料PDF
    スイッチ・メディア・ラボ
    マーケティング部
    安藤 貴男
    ネットリサーチのマクロミル他を経て、スイッチ・メディア・ラボ入社。
    現在は、営業担当として、テレビ視聴データの可能性を切り拓くべく奮闘中。
    7月21日 16:50~17:30 主催 《放送後8分で視聴データの速報値提供》、《100項目を超える詳細な個人属性で分析可能》スイッチ・メディア・ラボは、こうした特長をもつまったく新しいテレビ視聴データの分析サービスを2014年10月より提供開始、多くの反響をいただいています。デジタル時代に個人視聴データを紐解くことで、テレビやCMのプランニング・効果測定といったマーケティングがどのように変革できる可能性があるのか、データをご紹介しながらお話しします。
    詳 細

※講演内容、講師、講演時間などは予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

10:00 ~ 10:45
詳 細
米インスタグラム  マーケット開発部門責任者 マット・ジェーコブソン氏
[K21]Keynote

インスタグラムの広告事業の展望

米インスタグラム
マーケット開発部門責任者
マット・ジェーコブソン
マット・ジェーコブソンは、フェイスブックとインスタグラムでマーケット開発部門を率いており、利用者と大手グローバル企業とを繋げる、戦略的なパートナーシップの構築を担当しています。マットは、特に、フェイスブックやインスタグラムのプラットフォームを活用した、商品のクラウドソーシングやプライシング、慈善活動など、企業の先進的でクリエイティブなマーケティングプログラムの実施を支援しています。
マットは、まずニューズ・コーポレーション(News Corp.)社で自身のキャリアをスタートさせ、ニュース・アメリカ・デジタル・パブリッシング(News America Digital Publishing)の副社長として、活躍しました。その後、ブロードコム・コーポレーション (Broadcom Corporation) 社にて、ブロードコム・インタラクティブ・グループ(Broadband Interactive Group)の最高経営責任者(CEO)として、2年間その職務を果たしました。フェイスブック入社前には、米国・カリフォルニア州を拠点としたサーフ&ライフスタイル企業のクイックシルバー(Quicksilver)社のクイックシルバー・エンターテイメント(Quicksilver Entertainment)で、副社長・共同設立者・マーケティングサービス部門のグローバル責任者として従事していました。
マットは、1984年に、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて、政治学の学士号を優等で取得しています。
7月22日 10:05~10:45 未定
11:00 ~ 11:40
詳 細
SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 Customer Intelligenceグループ 部長 小笠原 英彦氏
無料[K22]Keynote

オムニチャネル時代における、次世代型データドリブン・マーケティングの実践~60社の導入事例から見えてくるステップと新潮流

講演資料PDF
SAS Institute Japan
ソリューションコンサルティング第一本部 Customer Intelligenceグループ
部長
小笠原 英彦
慶應義塾大学卒業後、日立製作所へ入社し、製品開発やDWHソリューション導入のSEとしてキャリアスタート。その後、フューチャーシステムコンサルティングに転職し、顧客戦略などのCRM系プロジェクトや情報系システム構築に従事。2004年にSAS Institute Japanに入社し、銀行や流通小売業向けのイベントベースド・マーケティングやOne to Oneマーケティングソリューションの導入コンサルティングを多数経験。現在、アナリティクスを中核とした次世代マーケティング・プラットフォームの実現に向け、日々活動中。
7月22日 11:00~11:40 協賛 プラチナ 企業から消費者へのパワーシフトとともに顧客接点が多様化している現在、マーケティングにおけるデータの活用度合いや顧客インタラクションの巧拙が企業の競争優位性を左右すると言っても過言でない時代となりました。オムニチャネル時代のマーケティングの在り方として、チャネル分断・組織分断を排し、顧客中心主義の視点から全顧客接点で“顧客との距離を縮める”ことが求められています。本セッションでは、これまで弊社がエンタープライズ・マーケティングプラットフォームとして導入を進めてきたSAS Customer Intelligenceの60社の導入事例から見えてくるデータドリブン・マーケティングの実践アプローチや組織、アナリティクスの活用、それらを支えるオムニチャネル・マーケティングの実現プラットフォームについて、先進事例を交えながらご紹介します。 無料
11:40 ~ 12:20
詳 細
電通イーマーケティングワン  取締役 小林 大介氏
無料[K23]Keynote

マーケティングオートメーションの実践知 ~導入・活用の現場から~

講演資料PDF
電通イーマーケティングワン
取締役
小林 大介
東京大学文学部卒業後、電通グループのデジタルマーケティング領域の専門会社数社を経て、2004年の電通イーマーケティングワン設立に参加。ウェブサイトを中心とするオウンドメディア領域に軸足を置きながら、ブランディング、リードマネジメント、CRMなど幅広いテーマで戦略策定・実施管理・PDCAスキームづくりに取り組む。
7月22日 11:40~12:20 協賛 プラチナ 「MA(マーケティングオートメーション)とは何か」の基礎知識は既にお持ちの方々を対象として、さまざまなクライアント企業様への導入・活用支援を通じて弊社自身が学ばせて頂いた「MAで何が変わるのか?」「成果を挙げるために必要なことは何か?」についてお話しします。MAツールの機能進化やアドテク連携などの「最先端」の話は脇において、「当たり前だけど、忘れられがちなこと」に光を当てるセッションにしたいと考えています。 無料
休 憩
  • トラックA
  • トラックB
  • トラックC
  • トラックD
  • トラックE
13:40 ~ 14:20
  • 無料[B21]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    東京商工リサーチ マーケティング部 部長 弓削 正範氏

    B2Bマーケティング・オートメーションのスコアリングモデルにおけるプロファイル情報の重要性とは

    東京商工リサーチ
    マーケティング部
    部長
    弓削 正範
    外資系国際ブランドのクレジットカード会社でプロダクトマーケティング、マーコム業務をマネージャとして約10年経験後、2009年に米国ダンアンドブラッドストリート(D&B)と東京商工リサーチ(TSR)の合弁会社であるD&BTSRへ入社。その後、TSRへ転籍し、マーケティング部の立ちあげを事業部長として指揮し、現在に至る。
    7月22日 13:40~14:20 協賛 シルバー BtoBにおけるマーケティング・オートメーションのスコアリングの設定に関して、お客様のエンゲージメント(アクティビティ)にのみ注目されていませんか? また、もう一つの軸となるプロファイル情報(属性情報)については、なんとなく感覚的な重み付けだけで設定されていませんか? 全世界2億4千万件超の企業情報を提供しております東京商工リサーチが、リスクマネジメントも考慮したプロファイル情報によるスコアリングモデルの活用方法と顧客エンゲージメント向上への取り組みについて具体例を交えながらご紹介します。 無料
    詳 細
  • [C21]デジタルブランディング

    ポルシェジャパン マーケティング部 シニアアソシエイト 志水 弘樹氏

    ポルシェのプラグインハイブリッド。デジタル主導プロモーションの全貌

    ポルシェジャパン
    マーケティング部
    シニアアソシエイト
    志水 弘樹
    外資系広告代理店にて輸入車や嗜好品ブランドのアカウント担当を経て、ポルシェ ジャパンに入社。デジタルマーケティングの担当として、オウンドメディアの運用をはじめ、オフライン活動との融合やソーシャルメディアの活用などに取り組んでいる。
    7月22日 13:40~14:20 主催 プロジェクト予算の約6割をデジタルマーケティングに割き、過去最大の174組となる試乗イベントの参加者を獲得。先進性・革新性といったブランドイメージの醸成にも成功した「Porsche e-mobility」プロモーション。全体構造の設計から動画広告の活用法など個々のメニューにいたるまで活動の全貌をご紹介します。
    詳 細
  • 無料[D21]アドテクノロジー

    ゼロスタート  代表取締役社長 山崎 徳之氏

    広告とEコマースの融合する時代におけるサイト内検索とオーディエンスデータの活用

    講演資料PDF
    ゼロスタート
    代表取締役社長
    山崎 徳之
    青山学院大学卒業後、アスキー、So-netなどでネットワーク・サーバエンジニアを経験。ライブドア(現 LINE)のデータホテルを構築・運営の後、海外にてVoIPベンチャーを創業。2006年6月にゼロスタートコミュニケーションズ(現 ゼロスタート)を設立、代表取締役就任(現任)。
    7月22日 13:40~14:20 協賛 ゴールド Eコマースの普及およびアドテクの進化によって、Eコマースと広告の垣根がなくなろうとしています。広告は集客、ECサイトはコンバージョンという分断は今後は大きな機会損失となっていきます。いかに消費者のニーズを把握して広告とECサイトをシームレスに連携させるか、そのためにはオーディエンスデータの中でも特にサイト内検索クエリの活用が重要です。具体的な施策とともに今後のECサイトのポイントについて解説します。 無料
    詳 細
  • [E21]マーケティングROI&KPI

    カゴメ コンシューマー事業本部マーケティング部 デジタルマーケ・DMPグループ 重友 大輝氏

    広告費削減でも売上を伸ばす、カゴメのデジタルマーケティング効果可視化・検証ノウハウ

    認証が必要です講演資料PDF
    カゴメ
    コンシューマー事業本部マーケティング部
    デジタルマーケ・DMPグループ
    重友 大輝
    2005年 カゴメ入社。2010年 通販事業部にて自社EC戦略担当。2013年 マーケティング部デジタルマーケティング担当。2014年 デジタルマーケ・DMPG創設に伴い現職。
    7月22日 13:40~14:20 主催 カゴメでは、デジタルマーケティングによって全社のマーケティング効率を高めることを目指し、マーケティング施策がどのくらい売上をもたらしたのか、施策効果の可視化・検証、そして改善に積極的に取り組んでいます。「植物性乳酸菌ラブレ」では、Webアクセスデータと購買行動データを紐づけることで、Web広告接触やブランドサイト来訪の購入に与える影響が明らかに。また「野菜生活100」では、Web広告とSNSを活用したマストバイキャンペーンを展開し、通常よりも少ない広告投資で売上を伸ばしました。
    詳 細
14:40 ~ 15:20
  • 無料[A22]スマートフォン&モバイル

    Square  営業統括 山本 真人氏

    Square流データ活用のススメ 決済データを、誰でも、かんたん、リアルタイムにマーケティングに活かす

    Square
    営業統括
    山本 真人
    1979年生まれ。国際基督教大学卒、東京大学大学院学際情報学府修了。通信会社を経て、2007年、グーグル入社。Googleエンタープライズ部門(現Google for Work部門)の立ち上げに従事。2014年にSquareに営業統括として入社。現在に至る。
    7月22日 14:40~15:20 協賛 シルバー 「クレジットカード決済のdisruptive(破壊的)なサービス」。そんなイメージの強いSquare。個人事業主でもかんたん、手頃に使えることから、2009年に米国でサービス開始後、爆発的に広がり、昨年は年間取扱高300億米ドルを突破しました。最近では、膨大な決済データを如何に加盟店のマーケティングに役立ててもらうか?をテーマに、カード決済以外の新しいサービスの開発提供に注力しています。本セッションでは、事例を交えながら、データアナリスト不要の誰でもかんたんに実践できる決済データのマーケティングへの活用についてご紹介します。 無料
    詳 細
  • [B22]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    コンカー マーケティング部 部長 柿野 拓氏

    出張・経費管理クラウド国内売上No1 コンカーのマーケティング戦略を支援するMAの実際

    コンカー
    マーケティング部
    部長
    柿野 拓
    大学卒業後、SAPジャパンにおいて15年に渡り、マーケティングを中心に幅広い業務に従事。スタートアップメンバーとして、2013年6月コンカーに入社、現在、日本市場におけるT&E(出張・経費管理)市場作りに従事。ペルソナ、スコアリング、カスタマージャニーといったマーケティング手法を最新技術と組み合わせ展開、同社の急速な成長を支える。
    7月22日 14:40~15:20 主催 企業向けIT市場はクラウド化が進むにつれ、既存のマーケティング手法では対応できない時代となりました。コンカーは必要な時に、必要なものを、必要な分だけ購入できるようになったIT市場において、営業とマーケティングのプロセス統合をCRMとMAの積極活用で実現、創業3年で国内シェアトップを獲得しています。 “営業の買ってください”から”お客様の売ってください”へ。低価格化が進む市場変化に対応するマーケティング戦略の実際をご紹介します。
    詳 細
  • 無料[C22]デジタルブランディング

    グライダーアソシエイツ  COO 荒川 徹氏

    顧客育成を実現するAntennaのスマートフォン×ブランディング

    グライダーアソシエイツ
    COO
    荒川 徹
    早稲田大学大学院商学研究科修了。マクロミルにて事業会社リサーチ営業、北米事業担当、セルフアンケートツール 「Questant 」事業開発責任者を経て、2014年、グライダーアソシエイツに入社。COOとしてキュレーションマガジンAntenna[アンテナ]の広告事業および各種ビジネスアライアンスの統括を担う。
    7月22日 14:40~15:20 協賛 シルバー いま、スマートフォンを活用したデジタル戦略・施策に様々な可能性が誕生しています。そのような中、デジタル分野では前例のないマーケターの挑戦と冒険が始まっています。消費者、とりわけ都市部の若年層の心を捉えることがより困難になっていると叫ばれる今日。同世代が使用するディスプレイはこれまでも、そしてこれからも[スマートフォン]が重要であることは間違いありません。Antennaは、スマートフォンを中心に潜在顧客にリーチ+顧客として育成するブランディング施策媒体として、すでに800社以上のナショナルクライアント様にご利用いただいております(2015年6月現在)。今回の講演では、スマートフォン×キュレーションサービスの最新動向、スマートフォン広告の最新動向・概況をメインに解説し、ケーススタディーもご紹介いたします。 無料
    詳 細
  • [D22]アドテクノロジー

    神戸市 産業振興局観光コンベンション部観光コンベンション課 インバウンド・観光プロモーション担当係長 藤田 修司氏

    ビッグデータで読み解く神戸観光

    認証が必要です講演資料PDF
    神戸市
    産業振興局観光コンベンション部観光コンベンション課
    インバウンド・観光プロモーション担当係長
    藤田 修司
    平成元年、神戸市役所入庁、アーバンリゾートフェア神戸‘93での大規模都市博覧会運営をはじめ、阪神・淡路大震災の慰霊と復興のモニュメント設置やオルセー美術館展の誘致などに従事、外郭団体の経営に携わった後、現在の観光セクションに。インバウンドと観光プロモーションを担当し、神戸の観光課題を解決すべく戦略的マーケティングを平成26年度より主導している。
    7月22日 14:40~15:20 主催 人口減少社会、都市間競争の激化、情報の氾濫。都市を取り巻く環境は年々厳しくなる中、直面する観光課題を解決するために、神戸はどういったアクションをとったのか。ビッグデータも含めた戦略的マーケティングで、これまで見えなかった潜在マーケットを深く読み解き、神戸の「観光価値」と「ターゲット」を改めて浮き彫りにする手法を実例を挙げて説明する。
    詳 細
  • 無料[E22]マーケティングROI&KPI

    ソフトバンク・テクノロジー  データサイエンス部 シニアコンサルタント 高橋 威知郎氏

    事例から考えるクロスメディア×クロスチャネル時代の「広告効果測定」の“落とし穴”

    ソフトバンク・テクノロジー
    データサイエンス部 シニアコンサルタント
    高橋 威知郎
    内閣府(旧総理府)およびコンサルティングファームなどを経て現職。官公庁時代から一貫してデータ分析業務に携わる。退官後は官公庁時代に身に着けたデータ分析スキルをもとに、主に大手消費財メーカー・小売りに対し、プロダクト戦略、マーケティングROI、ライフタイムバリューなどに関するコンサルティングを提供。現在は、一歩進めたフィジタル(ネット×リアル)マーケティングのコンサルティング業務に従事。
    7月22日 14:40~15:20 協賛 シルバー 広告におけるインターネットの存在感は高まる一方です。さらに、広告メディアとしてだけでなく販売チャネルとしての役割も大きくなってきています。このことにより、広告効果測定の分析が複雑化してきました。近年のスマートフォンの登場が、そのような動きに拍車をかけています。本講演では、最新の広告効果測定プロジェクト事例をもとに、最近の広告効果測定の“落とし穴”について解説します。 無料
    詳 細
15:50 ~ 16:30
  • [A23]スマートフォン&モバイル

    吉野家 企画本部 宣伝企画担当部長 田中 安人氏

    「うまい、やすい、はやい」をデジタルで構築する

    吉野家
    企画本部
    宣伝企画担当部長
    田中 安人
    2010年9月、グリッド設立と同時に、はなまる経営企画室マーケティング担当部長に就任。日本テレビ「スッキリ」共同商品開発で既存店対比130%達成、香川県とジェットスターとの3社コラボ企画などプロデュースも多数。14年11月より現職。11年より公益財団法人日本体育協会スポーツ広報・専門委員会委員も務め、20年の東京オリンピック・パラリンピックのフェアプレーキャンペーン企画などに携わる。
    7月22日 15:50~16:30 「気がついたら、吉野家にいる」――。そんな環境をつくるチャレンジの1つとして、デジタル活用に取り組んでいます。伝統は革新の連続であり、継承すべきモノを継承し、変えるモノは見極めて変えていく。これが、吉野家の基本姿勢です。創業の頃、築地1号店では生鮮市場の舌の肥えた職人さんを相手に、店長はすべてのお客様のお好みを覚えて迅速に対応しました。このような伝統を最新テクノロジーでさらに進化させていきます。
    詳 細
  • 無料[B23]オムニチャネル&コマース

    TIS 産業事業本部 デジタルインテグレーション事業部デジタル企画営業部 シニアエキスパート 秋野 隆氏

    次世代統合マーケティングの実践を支える、組織を超えたIT活用の勘所とは?

    TIS
    産業事業本部 デジタルインテグレーション事業部デジタル企画営業部
    シニアエキスパート
    秋野 隆
    TISのデジタルマーケティングソリューション「TECHMONOS/テクモノス」チームリーダー。「大規模ECサイト/マーケティングサイト構築」「ビッグデータ分析」「モバイル活用」など、数々のマーケティングシステム構築に携わり、マーケティングシステムコンサルタントとして活動中。
    7月22日 15:50~16:30 協賛 ゴールド 急速に消費者の購買行動が変容しています。 市場を勝ち抜くため、社内の様々なチャネルを統合・活用するための全社横断型のオムニチャネルに対応したマーケティング基盤の構築を避けて通ることは出来ません。 本セッションでは、マーケティング部門やシステム部門の皆様に向けて、SIERの立場から次世代マーケティング基盤を実現するための勘所について、"今"何に取り組まなければならないかを、事例を交えてご紹介します。 無料
    詳 細
  • [C23]コンテンツマーケティング

    弁護士ドットコム 弁護士ドットコムニュース 編集長 亀松 太郎氏

    月140本の法律ニュースを配信する編集体制とビジネス上の効果について~弁護士ドットコムのコンテンツマーケティング~

    認証が必要です講演資料PDF
    弁護士ドットコム
    弁護士ドットコムニュース
    編集長
    亀松 太郎
    静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、朝日新聞記者、法律事務所リサーチャーやJ-CASTニュース記者などを経て、ニコニコニュース編集長としてニュースサイトの運営や報道・言論番組の制作を統括。2013年から弁護士ドットコムニュースの編集長として、時事的な話題を法律的な切り口で紹介する新しいタイプのニュースコンテンツを制作し、Yahoo!ニュースなどに配信している。同時に、早稲田大学大学院ジャーナリズムコースの非常勤講師として、ニューズライティングとインターネット放送の講座を担当。
    7月22日 15:50~16:30 主催 弁護士ドットコムニュースは、「専門家をもっと身近に」を理念に、身近なニュースの法的側面を弁護士の解説を交えていち早く記事化し、信頼される法律ニュースメディアを目指しています。Yahoo!ニュースなどニュースメディアへの記事提供でトラフィックを獲得し、サイト全体で月間訪問者は800万人超(2015年4月)。3年間で6倍、この1年でも2倍超増加しました。講演では、編集部の配信体制や記事テーマの選び方、注視している指標、ビジネス上の効果などについてお話しします。
    詳 細
  • 無料[D23]IoT&ビッグデータ

    SAPジャパン プラットフォーム事業部  シニアソリューションプリンシパル 岩渕 聖氏

    技術革新がもたらすデータ解析の可能性
    ~機械学習エンジンの活用ケースとその実例~

    SAPジャパン
    プラットフォーム事業部
    シニアソリューションプリンシパル
    岩渕 聖
    SAPジャパンのAnalytics(Business Intelligence/予測・機械学習エンジン)を中心にPlatform領域におけるビジネス開発、パートナー開発、導入支援、販売を担当。 機械学習エンジンについては、KXEN社買収当初から顧客データを使った検証、活用シナリオの策定など複数のプロジェクトに参画。
    7月22日 15:50~16:30 協賛 シルバー 最新のテクノロジーを活用することで、ビッグデータの活用方法は多様化し、新たな領域で広がりを見せています。
    機械学習エンジンがもたらす新たな価値を、事例を通してご紹介します。
    無料
    詳 細
  • [E23]マーケティングROI&KPI
    パネルディスカッション

    「CMOを目指す人のデジタルマーケティング塾」連動パネルディスカッション
    マーケティングROIと経営センス ~なぜ必要か、どう最適化するか~

    ~17:10 終了予定
    パネリスト
    キリン CSV本部デジタルマーケティング部 デジタルマーケティング担当主査 上代 晃久氏
    キリン
    CSV本部デジタルマーケティング部
    デジタルマーケティング担当主査
    上代 晃久
    総務庁統計センター、広告代理店、携帯キャリアのオンラインマーケティング担当を経て、2006年より日本マイクロソフトにてオンラインサービスの広告宣伝、ソーシャル リードを担当。2014年10月よりキリン デジタルマーケティング部の主査として、デジタルを活用したブランドコミュニケーション、メディア企画運用のリーダーとして勤務。新しいテクノロジーを活用したブランド横断のサービスやメディアの開発等、キリンの多種多様なデジタルマーケティングに関わっている。
    パネリスト
    日本IBM マーケティング&コミュニケーション コミュニケーション&ブランドエクスペリエンス部長 山口 有希子氏
    日本IBM
    マーケティング&コミュニケーション
    コミュニケーション&ブランドエクスペリエンス部長
    山口 有希子
    大学卒業後リクルートコスモスに入社。その後、商社にて各種海外プロジェクトや海外IT関連製品の輸入販売・マーケティング活動を実施。 企業のマーケティングコミュニケーションに20年従事。Lucent Technologies, Cisco Systems, Overture、Yahoo!JAPANのマーケティングコミュニケーション部長を経て、現在日本IBMにてコミュニケーション&ブランドエクスペリエ ンス部長として、広告宣伝、広報、デジタルマーケティング、社会貢献部門を管轄。 日本アドバタイザーズ協会 理事、国際委員会 委員長。
    パネリスト
    ヤフー マーケティング&コミュニケーション本部 本部長 友澤 大輔氏
    ヤフー
    マーケティング&コミュニケーション本部
    本部長
    友澤 大輔
    2012年7月ヤフーに入社。デジタル技術とYahoo! JAPANのアセットを最大限に活用した新しいマーケティング手法を、「広告主Yahoo! JAPAN」として積極推進する組織を担当。近年は「ユーザーファースト テレビとスマホの視線争奪戦を生き抜くマーケティング思想」を出版。各種啓蒙活動などに取り組む。日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 ビックデータ委員会 委員長
    モデレータ
    タウ マーケティング コンサルタンツ  代表取締役/コンサルタント 田中 義啓氏
    タウ マーケティング コンサルタンツ
    代表取締役/コンサルタント
    田中 義啓
    2000年7月から2002年3月、米国Razorfish社の日本法人代表取締役。2002年4月から2006年6月までフロンテッジ ソリューション本部執行役員。2007年10月から2010年1月までサイエント代表取締役社長兼グループCOO。2010年2月から現在まで、現職。企業活動のデジタル化移行にともなうマーケティング戦略開発のコンサルティングに従事。専門はマーケティング戦略開発、Webビジネス開発、ブランディング。著書に『ポスト3.11のマーケティング』(共著)など。
    7月22日 15:50~17:10 終了予定 主催 日経デジタルマーケティングが開催し、今年5~6月に第6期を迎えた人気講座「CMOを目指す人のデジタルマーケティング塾」(略称CMO塾)。デジタルを活用し、企業の成長に貢献する知識とノウハウ、人脈を持つ次世代マーケティングリーダーを育てるための特別講座です。そのCMO塾で学ぶ知識の中でも重要な「マーケティングROI」をテーマに、CMO塾の講師らが、マーケティングリーダーと企業経営について議論します。
    詳 細
16:50 ~ 17:30
  • [A24]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    タワーレコード オンライン事業本部 本部長 前田 徹哉氏

    顧客の維持、育成、獲得 タワーレコード オンラインのデータ活用施策

    認証が必要です講演資料PDF
    タワーレコード
    オンライン事業本部
    本部長
    前田 徹哉
    慶應義塾大学文学部(社会学専攻)を卒業後、西武百貨店にて営業政策業務を担当。その後プライスウォーターハウスコンサルタント(現日本IBM)にて小売業や製造業のマーケティング戦略立案や顧客情報活用支援などのコンサルティングに従事した後、スクウェア・エニックスのオンライン事業部長としてECの統括に従事。2011年10月から現在に至るまでタワーレコード オンライン事業本部長として統括の任に従事。
    7月22日 16:50~17:30 主催 タワーレコード オンラインショップは、購買履歴を基に一人ひとりの顧客にキャンペーンを展開する新システムを2012年秋に導入しました。行動に基づくデータを分析し、絶妙なタイミングと提案内容で顧客をつなぎとめることを目指しています。既存顧客をつなぎ止めつつ、いかにして新規顧客を開拓するのか。また、結果として直近4年で売上を約4倍にしたその考え方・手法とは??具体的な成功ロジックを事例なども交えてご紹介します。
    詳 細
  • [B24]オムニチャネル&コマース

    日本ケンタッキー・フライド・チキン マーケティング部DIGITAL・CRM推進担当 マネージャー 塩谷 旬氏

    デジタルメディア戦略における公式アプリの可能性と課題

    日本ケンタッキー・フライド・チキン
    マーケティング部DIGITAL・CRM推進担当
    マネージャー
    塩谷 旬
    2001年SI企業入社。転職後、エンタメ系・人材系などのWebサイト企画・制作・運営、大手食品メーカーの通販部門・ソーシャル運用担当を経て、2013年に日本ケンタッキー・フライド・チキン入社。DIGITAL・CRM推進担当として、メルマガ・アプリ・ソーシャルなどのCRM基盤の構築やデジタルメディア戦略に従事。
    7月22日 16:50~17:30 主催 KFCでは、様々なデジタルメディアを通じてお客様と繋がっています。スマートフォンからのアクセスがかなりの割合を占めている現状において、公式アプリの強化が喫緊の課題でした。そこで、2015年3月に販促ツールとしてより一層活用できるメディアとしてリニューアルを行いました。その過程で見えた可能性と課題についてお伝えします。
    詳 細
  • 無料[C24]コンテンツマーケティング

    Faber Company 営業部 部長 月岡 克博氏

    検索ワードから顧客ニーズを分析するコンテンツ戦略

    講演資料PDF
    Faber Company
    営業部
    部長
    月岡 克博
    経営学部卒業後、SFAベンダーにてSFA導入コンサルタントとしてキャリアをスタートし、数十社の様々な業種業態の導入プロジェクトやプリセールスに従事。その後、営業としての経験を積むため、CRMベンダーに転身。BtoB、BtoC問わず、多くのCRM施策やWEBキャンペーン施策提案に携わる。より集客分野のスキルを身につけるため現在のFaber Companyへ2014年4月入社、現在に至る。
    7月22日 16:50~17:30 協賛 シルバー Googleを主とする検索エンジンで、検索される「言葉」から発想するコンテンツ作りを得意とする当社が、常陽銀行様の取組事例をもとにコンテンツ施策における成功事例を実際の数値を交えてご紹介します。そこから見えてきた、検索ワードから顧客ニーズを深堀りしたコンテンツ制作の戦略設計と実践、評価手法について解説します。同時にそれらを支えるテクノロジーの一端をお伝えし、これからのコンテンツ制作にお役立て頂ける内容となります。 無料
    詳 細
  • 前枠から続く>

    パネルディスカッション

    「CMOを目指す人のデジタルマーケティング塾」連動パネルディスカッション
    マーケティングROIと経営センス ~なぜ必要か、どう最適化するか~

    ~17:10 終了予定

※講演内容、講師、講演時間などは予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

10:00 ~ 10:45
詳 細
キリン  取締役常務執行役員 CMO ・CSV本部長 橋本 誠一氏
[K31]Keynote

キリン / デジタルによるマーケティングの変革

キリン
取締役常務執行役員 CMO ・CSV本部長
橋本 誠一
1978年4月キリンビール入社。2006年 西日本流通本部長。2008年 キリンヤクルトネクストステージ代表取締役社長。2009年 キリンビール執行役員企画部長、2010年 取締役。2012年 キリンホールディングス常務取締役。2013年1月 キリン常務取締役CSV本部長。2015年よりキリンホールディングス常務執行役員を兼務、現在に至る。1954年生まれ、大阪府出身。
7月23日 10:05~10:45 主催 ブランドの約束を実現する価値創造のキーワード「Quality with Surprise」。これを実現するキーとなる「デジタル マーケティング」の役割をご紹介します。
11:00 ~ 11:40
詳 細
アドビ システムズ アドビグローバルサービス統括本部 DMSコンサルティング部 部長 祖谷 考克氏
無料[K32]Keynote

デジタル時代の生活者の消費行動に応えるマーケティングプラットフォームとは?

アドビ システムズ
アドビグローバルサービス統括本部
DMSコンサルティング部 部長
祖谷 考克
1999年 東京大学経済学部卒業後、博報堂にてマーケティング領域全般のプロデュース業務に従事。さらに2006年からはデジタルコミュニケーション戦略の立案サポートや、SiteCatalystによるアクセス解析をベースにサイト最適化を実現するなど、主にデジタル領域でのプラニング/プロデュース業務を担う。2013年より現職。テクノロジーを活用し、デジタルマーケティングをいかにビジネスの成功に結びつけるかという視点からコンサルティングサービスを提供中。
7月23日 11:00~11:40 協賛 プラチナ 本講演では、アドビが日経BPコンサルティング社と実施した消費者行動調査を踏まえ、消費者をとりまく複雑な環境を詳しく解説するとともに、デジタル化した時代に企業が生き残るために、とるべきである組織的なアクションについてAdobe Marketing Cloudの事例と併せて紹介します。 無料
11:40 ~ 12:20
詳 細
無料[K33]Keynoteパネルディスカッション

2500件のオウンドメディア開発実績とAI研究から語る、協創マーケティングの近未来

講演資料PDF
クロス・マーケティング クロス・マーケティング ラボ エグゼクティブマネージャー 岸田 典子氏
パネリスト
クロス・マーケティング
クロス・マーケティング ラボ
エグゼクティブマネージャー
岸田 典子
クロス・マーケティングの商品サービス開発および研究部門であるクロス・マーケティング ラボ エグゼクティブマネージャー。MROC、ソーシャル・リスニング、スマートフォン活用、データベース活用、グローバル調査などの新しいリサーチサービスの開発と研究に従事。オンラインコミュニティ活用プロジェクト担当。
大日本印刷 ABセンター 第2本部生活者情報ビジネス開発ユニット コミュニティパネルビジネス推進グループ リーダー  高橋 宏之氏
パネリスト
大日本印刷
ABセンター 第2本部生活者情報ビジネス開発ユニット コミュニティパネルビジネス推進グループ リーダー
高橋 宏之
大学卒業後、CATVにて地域オンラインコミュニティやISP事業の起上げスタッフを経験した後、DNP入社。飲食事業者や出版社等クライアント企業に対して、オウンドメディアを活用した生活者とのコミュニケーション支援を主業務として行う。2015年春より現職に着任。オンラインコミュニティビジネスの推進を行う。
日経BP社 日経ビジネス 企画プロデューサー 渡辺 博則
モデレータ
日経BP社
日経ビジネス
企画プロデューサー
渡辺 博則
1961年生まれ。85年早稲田大学理工学部卒業後、リクルート入社。90年日経BP社に入社。以降、日経コミュニケーション、日経マルチメディアなどの記者・副編集長を経て、2004年日経ニューメディア編集長、06年日経コミュニケーション編集長、07年日経ネットマーケティング(現・日経デジタルマーケティング)創刊編集長。10年より日経ビジネス企画プロデューサー、15年より日経BPビジョナリー経営研究所専任役を兼務。
7月23日 11:40~12:20 協賛 プラチナ パネルディスカッション インターネット黎明期から20年、日々進化するデジタルマーケティングの課題に取り組み、お客様のビジネスの最適化や成長のお手伝いをしてきたDNPが、新しい協創のプラットフォームとして、ASP型のオンラインコミュニティ構築サービスを開発しました。貴社のオウンドメディア会員資産を活用し、価値創出するためのASPサービスと、その機能を活用したリサーチサービスに加え、AI研究から生まれる新たな可能性についてお話します。 無料
休 憩
  • トラックA
  • トラックB
  • トラックC
  • トラックD
  • トラックE
13:40 ~ 14:20
  • [A31]スマートフォン&モバイル

    あきんどスシロー マーケティング本部 執行役員 CMO 森井 理博氏

    「スシロー・スマホアプリ」が切り拓く、外食におけるお客様との新たな関係性

    あきんどスシロー
    マーケティング本部
    執行役員 CMO
    森井 理博
    あきんどスシロー 執行役員 マーケティング本部長(CMO)1989年、大阪大学経済学部経営学科卒業(BBA)後、電通入社。マーケティング局で戦略プランニング、営業統括局でCS放送局の立ち上げ並びに中国プロジェクト(在任中に「アジアビジネススクール」修了)を担当後、世界最大の外資FMCGクライアントの担当営業局次長。2014年11月から現職。2015年2月より新業態の「ツマミグイ」の事業部長も兼務。
    7月23日 13:40~14:20 主催 あえてASPを活用せずアプリを独自開発したのには訳がある。回転寿司は実はビッグデータマネジメントがビジネスの基幹をなす。喫食データと店舗外での顧客の行動を結びつけることでマーケティングに新たな可能性が生まれる。CRMの観点やコンテンツマーケティングの要素も盛り込んで、お客様との新たな関係性を探る。
    詳 細
  • 無料[B31]マーケティングROI&KPI

    大日本印刷 ABセンター 生活者情報ビジネス開発ユニット セールス&マーケティング開発室 リーダー 斉藤 公紀氏

    デジタルが変えるアナログ施策
    ~生活者インサイトのデータ分析がもたらすマーケティングROI最大化~

    講演資料PDF
    大日本印刷
    ABセンター 生活者情報ビジネス開発ユニット
    セールス&マーケティング開発室 リーダー
    斉藤 公紀
    1992年大日本印刷入社。主に消費財メーカー向けセールスプロモーション領域の営業職を担当。2014年より現職。
    7月23日 14:40~15:20 協賛 シルバー マーケティングにおけるビッグデータ活用は、属性や購買情報の分析を中心に顧客ターゲティングの面では大きな進化を遂げる一方、施策の実施時における訴求ポイントやクリエイティブの企画制作は担当者の勘と経験が頼りのアナログ領域として取り残されてきました。本講演では、顧客の「価値観」に着目した独自のマーケティングモデルによりアナログ領域を定量的に最適化し、効果を最大化する取組みを、流通企業様での実施事例を交えてご説明します。 無料
    詳 細
  • 無料[C31]コンテンツマーケティング

    イノーバ  代表取締役社長CEO 宗像 淳氏

    コンテンツ戦略×インサイドセールスで実現するマーケティングプロセスの全体最適

    講演資料PDF
    イノーバ
    代表取締役社長CEO
    宗像 淳
    福島県立安積高校、東京大学文学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートン校MBA。1998年に富士通に入社。MBA留学後、インターネットビジネスを手がけたいという思いから転職。楽天で物流事業立ち上げ、ネクスパス(現トーチライト)で、ソーシャルメデイアマーケティング立ち上げを担当。2011年6月にイノーバを設立、代表取締役に就任。著作:『商品を売るなーコンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる』 日経BP社刊, 2014年
    7月23日 13:40~14:20 協賛 シルバー 生活者の趣味嗜好や行動履歴をもとに、より効果的な顧客コミュニケーションを実現する「マーケティングオートメーション(MA)」がにわかに注目を集めています。しかし闇雲にMAツールだけを導入したところでマーケティングはなにも「自動化」されません。重要なのはツールによる部分最適ではなく、マーケティングからセールスへとつながるマーケティングプロセス全体の最適化です。今回のセミナーではコンテンツマーケティングの効果を最大化するコンテンツ戦略とインサイドセールスについてお伝えします。 無料
    詳 細
  • [D31]共創マーケティング

    カルビー マーケティング本部素材スナック部 じゃがりこ課課長 松井 淳氏

    カルビーのファンサイト「じゃがり校」でヒット商品が生まれるワケ

    カルビー
    マーケティング本部素材スナック部
    じゃがりこ課課長
    松井 淳
    1982年、静岡県御殿場市に生まれる。 2005年に法政大学社会学部卒業、カルビーに入社。 近畿支店、本社広域販売部にて営業職を経験。2011年から「じゃがりこ」のマーケティングに携わる。ファンサイトの運営のほか、商品企画やブランドマネジメントを担当。2014年より現職。
    7月23日 13:40~14:20 主催 今年で発売20周年を迎えるカルビーのスナック菓子「じゃがりこ」は、ロイヤルカスタマー育成を目的として2007年に会員制ファンサイト「それいけ!じゃがり校」を開校しました。毎年、“生徒”参加型の商品開発に取り組んでおり、コンセプトからパッケージ案、キャッチフレーズまでアイデアを募って投票で決定しています。普段ご覧いただけない“校内”を紹介しながら、ファンサイト運営の利点や苦労などについてお話しします。
    詳 細
  • [E31]IoT&ビッグデータ

    CCCマーケティング マーケティング本部 マーケティングソリューション部 プランニングユニット ユニットリーダー補佐 伊勢﨑 さゆり氏

    5300万人のT会員基盤を活用した、ビッグデータ最前線

    CCCマーケティング
    マーケティング本部 マーケティングソリューション部 プランニングユニット
    ユニットリーダー補佐
    伊勢﨑 さゆり
    大学卒業後、SPエージェンシーにて、プランニング業務に従事。その後、モバイルコンテンツビジネス、クロスメディアプロモーションなどのプランニング&プロデュース業、戦略PRのVJ設立メンバーとして活動。2010年より、CCCにてTポイントのデータベースを活用した新規ビジネス開発事業に参画、2011年よりプランニングチームを立上げ、クライアントの課題解決と自社の提供価値にこだわった、新しい形のマーケティング手法の開発に取り組む。
    7月23日 13:40~14:20 主催 いまや日本人の4割が利用するまでに成長したTポイントは、小売業などを中心としたTポイント提携先へのマーケティングサポートを長年手がけ、オリジナルマーケティングのメソッドを開発してきました。今回は、それらの中から特にデジタル領域と新しい取り組みを中心にご紹介します。
    詳 細
14:40 ~ 15:20
  • 無料[A32]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)

    バリューアディッド・ジャパン  代表取締役社長CEO 池村 公一氏

    「デジタルコード、デジタルコンテンツコード」を利用した、デジタルプロモーションマネジメントシステムの現在と未来!

    バリューアディッド・ジャパン
    代表取締役社長CEO
    池村 公一
    1972年東京都出身。山梨学院大学卒業後 三井物産情報通信入社 大手家電量販店向けモバイル端末流通業務立ち上げ、大手コンビニエンスストアー向けプリペイド式携帯電話および通話料プリペイドカードの企画、流通業務立ち上げに従事。その後、iTunesカードおよびAmazonカード等、EC決済カードの企画・流通業務に従事。その後、2007年 6月バリューアディッド・ジャパン代表取締役社長に就任。2012年よりデジタルマーケティング事業において、様々なデジタルコードを用いたデジタルプロモーションシステム、クラウド型オートマーケティング手法を確立、本領域にて幅広いサービス、事業展開を行っている。
    7月23日 14:40~15:20 協賛 シルバー 近年デジタルマーケティング領域では、ECサイトの認知、増加また、スマートフォンの普及に伴い、プラスティック型プリペイドカードの増加、各種プロモーションのノベルティーとしてiTunesやGoogle、Amazon等のデジタルコードをメール等で配信する事例が目立っています。我々はこの領域のプロモーションを軸に、独自のPromotionシステム「Value Digital Promotion(VDPro)」を活用した総合プロモーションサービスを提供しております。効果的・効率的なプロモーションを実現するプロモーションマネジメントシステム「VDPro」を活用し、企画の立案から運営中の進行管理、そして効果検証など、皆様の販促プロモーションを総合的に提案・サポートします。今後、益々増加するデジタルプロモーション。その総合的なキャンペーンマネジメントの今そして展望をお話します。(講演中にデジタルコード配信のデモンストレーション実施有り。) 無料
    詳 細
  • [B32]ユーザーエクスペリエンス

    ヤッホーブルーイング  代表取締役社長 井手 直行氏

    「よなよなエール」の熱狂的ファンを生む戦略的くだらない戦略

    ヤッホーブルーイング
    代表取締役社長
    井手 直行
    1967年福岡県出身。97年ヤッホーブルーイング設立時に営業担当で入社。2004年楽天市場担当としてネット業務を推進。看板ビール『よなよなエール』を武器に業績をⅤ字回復させた。全国200社以上あるクラフトビールメーカーの中でシェアトップ。前期まで10期連続増収増益。08年より現職。
    7月23日 14:40~15:20 主催 ヤッホーブルーイングは「ビールに味を!人生に幸せを!」をミッションに掲げ、1996年設立以降、味わい豊かなエールビールをつくり続けてきました。地ビールブーム終焉後、売上低迷期を救ったのは、今までにない通販サイト「よなよなの里」における他社がまねできないような一見くだらない施策と、それに付随したリアルなお客様との交流でした。今では、ロイヤリティの高いお客様=熱狂的ファンを生み出すことで、10年連続増収増益を記録しています。今回はこのような戦略を事例を交えてご紹介します。
    詳 細
  • [C32]コンテンツマーケティング

    ガシー・レンカー・ジャパン デジタルマーケティング部 シニアマネージャー 藤原 尚也氏

    ディスプレイ広告の10倍のCVRを生み出すコンテンツマーケティング戦略

    認証が必要です講演資料PDF
    ガシー・レンカー・ジャパン
    デジタルマーケティング部
    シニアマネージャー
    藤原 尚也
    1996年4月CCCに入社。TSUTAYA店舗運営、ツタヤオンラインにて、Eコマース事業、C&M事業、モバイルコンテンツ事業の統括を行う。その後、TカードとTポイントを活用したDBマーケティング事業の立上げを経て、2012年4月にガシー・レンカー・ジャパンに入社し現職。デジタル戦略およびEコマース事業の統括責任者。
    7月23日 14:40~15:20 主催 コンテンツマーケティングの効果を最終的に売上に繋げる戦略と運営方法を教えます!ニキビケア商品11年連続売上NO.1の「プロアクティブ+」を販売する、ガシー・レンカー・ジャパンが運営するコンテンツマーケティングサイト「ニキペディア」の成功事例から、「戦略、社内調整、運営体制、記事のノウハウ」まで、売れるコンテンツマーケティングの秘訣を話します。
    詳 細
  • 無料[D32]共創マーケティング

    富士通 インテグレーションサービス部門戦略企画統括部長 あしたのコミュニティーラボ代表 柴崎 辰彦氏

    現場や社外のアイデアを事業に結びつける取組み 『あしたのコミュニティーラボの挑戦』

    講演資料PDF
    富士通
    インテグレーションサービス部門戦略企画統括部長
    あしたのコミュニティーラボ代表
    柴崎 辰彦
    1987年富士通入社
    社内で 様々な新規ビジネスの立ち上げに従事後、現在はSEの戦略立案業務に従事。CRMビジネスでの経験を活かし学会等でサービスサイエンスを検証中。インテグレーションサービス部門戦略企画統括部長
    ・サービス学会理事
    ・総務省「ICTコトづくり検討会」構成員(2013年)
    ・「あしたのコミュニティーラボ」代表
    ・著書『勝負は、お客様が買う前に決める!』(ダイヤモンド社)
    7月23日 14:40~15:20 協賛 シルバー オープン・サービス・イノベーションに対する富士通の挑戦として立ち上げた「あしたのコミュニティーラボ」の一連の取り組みをご紹介します。社会課題の解決に向けて取り組んだ「さくらハッカソン」、富士通における新事業創出を目的に取り組んだ「FUJI HACK」のほか、未来を創る学生とのオープン・イノベーションプロジェクトである「あしたラボUNIVERSITY」での取り組みを通して、富士通がどのようにイノベーション創出にチャレンジしているのかをご紹介します。 無料
    詳 細
  • 無料[E32]ユーザーエクスペリエンス

    トビー・テクノロジー  代表取締役社長 蜂巣 健一氏

    アイトラッキング(視線計測)世界的大手。目は口ほどに物を言う ~課題解決につながるアイトラッキング活用方法~

    講演資料PDF
    トビー・テクノロジー
    代表取締役社長
    蜂巣 健一
    早大法卒。伊藤忠商事に約10年在籍し、経営企画部、英国駐在、アジア生産などを経験。マッキャンエリクソンでは、グローバルIT企業を担当。その後、約10年にわたり、国内外の技術ベンチャー企業の経営に携わる。検索エンジン、デジタルメディア、アイトラッキングなど、最先端技術を軸にした事業推進に強み。
    7月23日 14:40~15:20 協賛 シルバー アイトラッキング(視線計測)は、どこを見ているかわかる技術です。視線を可視化し、消費者の無意識を読み解くことができ、様々なマーケティング調査で活用されています。
    ■ユーザビリティ調査:WEBサイト、スマートフォン、銀行ATM、チケット券売機、道路標識、各種サイン、取扱説明書、OA機器
    ■商品パッケージ調査:リニューアル 競合比較 定番商品 キャラクター商品
    ■店頭調査:売場のレイアウト、棚割、販促物、POP、自販機
    ■広告調査:TVコマーシャル、新聞・雑誌広告、オンライン広告、交通広告、デジタルサイネージ、インフォマーシャル、スポンサーシップ
    ■ノウハウ継承:モノづくり、保守保全、外観検査、海外オペレーション
    講演では、アイトラッキングの活用事例を紹介します。
    無料
    詳 細
15:50 ~ 16:30
  • [A33]キャンペーンマネジメントシステム&マーケティングオートメーション(マーケティングクラウド)
    パネルディスカッション

    「BtoBデジタルマーケター養成講座」連動パネルディスカッション BtoB企業におけるマーケティング課題とは

    ~17:20 終了予定
    パネリスト
    GEヘルスケア・ジャパン  執行役員 ライフサイエンス統括本部長 飯室 淳史氏
    GEヘルスケア・ジャパン
    執行役員 ライフサイエンス統括本部長
    飯室 淳史
    1960年生まれ。静岡県静岡市出身。1985年名城大学薬学部、同大学院薬学修士課程修了、同年ファルマシア・ジャパンに入社。1997年の英国アマシャムによる買収後は営業リーダー、2004年のGE Healthcareによる買収後は営業統括責任者を経て、2007年にスウェーデンのウプサラ本社へプロテインサイエンス・アジア担当マーケティングマネージャーとして赴任、2008年に帰国後はライフサイエンス統括本部マーケティング本部長に着任、2012年3月よりアジア・パシフィックマーケティングディレクター、2014年3月より現職。これまで転職経験はなく入社以来一貫してバイオテクノロジー業界での経験を積む。営業とマーケティングを行き来しつつ、代理店チャネルの開発、代理店教育体制の確立、顧客向けサイバー大学(ライフサイエンスアカデミー)の立ち上げやリードナーチャリングなどのB2Bデジタルマーケティングツールを駆使しつつも、リアル・マーケティングと使い分け、「お客様にGE製品とサービスを友人や同僚に薦めていただける会社になること」を目指し、社内システムやインフラやルールに頼らず、企業文化の変革による徹底した生涯顧客戦略を推進する。横浜在住。
    パネリスト
    ディスコ キャリタス転職事業部インサイドセールス 課長 小林 紀子氏
    ディスコ
    キャリタス転職事業部インサイドセールス
    課長
    小林 紀子
    パネリスト
    ベルシステム24 CRM事業本部マーケティング部 シニアマネージャー 濟木 基成氏
    ベルシステム24
    CRM事業本部マーケティング部
    シニアマネージャー
    濟木 基成
    1996年ベルシステム24入社。営業、サービス開発、アライアンス、新規事業などを経て、現在はマーケティング部に所属。2015年よりWEBサイトのリニューアル企画・運営やメールマーケティング、セミナーの企画・運営等デマンドジェネレーションの責任者として自社のマーケティング活動を推進。
    特別参加
    スケダチ  代表取締役社長 高広 伯彦氏
    スケダチ
    代表取締役社長
    高広 伯彦※都合により高広氏はSkypeで参加予定です。
    モデレータ
    シンフォニーマーケティング  代表取締役 庭山 一郎氏
    シンフォニーマーケティング
    代表取締役
    庭山 一郎
    1962年生まれ。中央大学法学部卒。アスクプランニングセンターにてマーケティングプランナーとして勤務の後、1990年9月にシンフォニーマーケティングを設立。1996年よりBtoBにフォーカスした日本初のマーケティングアウトソーシング事業を開始。各産業の大手企業を中心にサービスを提供している。現在、セミナーの講師や『マーケティングキャンパス』等のコラムで、実践に基づいたマーケティング手法や考え方などを発信中。著書:『ノヤン先生のマーケティング学』(翔泳社)『サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』(翔泳社)
    7月23日 15:50~17:20 終了予定 主催 日経デジタルマーケティングは2015年2-3月に「BtoBデジタルマーケター養成講座」第1期を開催。開講の約1カ月前に定員に達するなど、大きな注目を集めました。講座を通して明らかになったのは、BtoB企業のマーケターが抱える悩みの深さです。戦略の策定、リード活用法、人材育成、営業やIT部門との連携、ツールの導入と運用、ブランディングの難しさ…。そうした課題をどう解決していくべきか、BtoB講座第2期(8月27日開始予定)の講師らが議論します。
    詳 細
  • 無料[B33]ユーザーエクスペリエンス
    パネルディスカッション

    ファンの心を掴む、顧客インサイトの見つけ方

    講演資料PDF
    パネリスト
    BAKE  代表取締役社長 長沼 真太郎氏
    BAKE
    代表取締役社長
    長沼 真太郎
    1986 年北海道札幌市生まれ。札幌の洋菓子店「きのとや」の長男として生まれ、幼い頃から経営者である父の姿を見て育つ。大学卒業後は商社に入社し食品事業部に従事。その後、単身上海で起業を目指すも失敗し、父親の会社であるきのとやへ入社。BAKE CHEESETART の原点となる店舗を企画し大成功を得て、2013 年にBAKEを起業。2014年2月のBAKE CHEESETARTのローンチを機に、クロッカンシューザクザクやPICTCAKEといったブランドを展開し急成長している。
    パネリスト
    ヤッホーブルーイング  代表取締役社長 井手 直行氏
    ヤッホーブルーイング
    代表取締役社長
    井手 直行
    1967年福岡県出身。97年ヤッホーブルーイング設立時に営業担当で入社。2004年楽天市場担当としてネット業務を推進。看板ビール『よなよなエール』を武器に業績をⅤ字回復させた。全国200社以上あるクラフトビールメーカーの中でシェアトップ。前期まで10期連続増収増益。08年より現職。
    モデレータ
    日経デザイン  編集長 丸尾 弘志
    日経デザイン
    編集長
    丸尾 弘志
    7月23日 15:50~16:30 協賛 シルバー 無料
    詳 細
  • 無料[C33]スマートフォン&モバイル

    FULLER  コミュニティーマネージャー 森嶋 大樹氏

    アプリマーケティングにおいて大手企業が見落としがちな3つのポイント

    講演資料PDF
    FULLER
    コミュニティーマネージャー
    森嶋 大樹
    ユナイテッドにてアプリマネタイズの面でディベロッパーを支援。
    社内での活動にとどまらず、自ら日本Androidの会にて「アド(Ad)部」という勉強会を立ち上げ、全国的に勉強会を展開しディベロッパーを支援。
    個人としても複数のアプリ・サイトの広告コンサルなどを経験後FULLER社に入社。 FULLERでは、最大約10万人のサンプル数をもち、日本最大級のアプリ市場調査サービス「App Ape」を使用して、アプリディベロッパーを始めとしたアプリビジネスに関わる方の支援を行っている。
    7月23日 15:50~16:30 協賛 シルバー アプリビジネスに関わる方へ
    アプリマーケティングにビッグデータを活用していますか?弊社では日本最大級のアプリ市場調査サービス「App Ape 」を使用して、大手企業が見落としがちなポイントをご説明していきます。
    無料
    詳 細
  • [D33]共創マーケティング
    パネルディスカッション

    日本マーケティング学会連携企画
    顧客ロイヤルティ研究 ~「無印良品」を題材に~

    認証が必要です講演資料PDF-1 認証が必要です講演資料PDF-2
    パネリスト
    良品計画  WEB事業部長 奥谷 孝司氏
    良品計画
    WEB事業部長
    奥谷 孝司
    1997年1月良品計画入社。3年間の店舗経験の後、2年間取引先商社へ出向(ドイツ駐在)。家具、雑貨関連の商品開発、輸出入等貿易業務に従事。帰国後は世界のプロダクトデザイナーとのコラボレーションを手掛ける。「WorldMUJI」企画を運営。2003年には社内初となるインハウスデザイナーを有する企画デザイン室の立ち上げメンバーとなる。2005年衣服・雑貨部へ異動し、服飾雑貨のカテゴリーマネージャーとして、今や無印良品の代表商品でもある、かかとの角度が90度の「足なり直角靴下」の開発を担当。2010年2月よりWEB事業部長に就任。2010年3月早稲田大学大学院商学研究科夜間主MBAマーケティング・マネジメント研究修了(守口 剛ゼミ)
    モデレータ
    一橋大学 大学院商学研究科 教授 古川 一郎氏
    一橋大学
    大学院商学研究科
    教授
    古川 一郎
    1956年生まれ。1979年東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程終了後、東北大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授を経て、現在は一橋大学大学院商学研究科教授。専門はマーケティング。著書に、『マーケティング・サイエンス入門』(有斐閣)、『出会いの場の構想力』(有斐閣)、『デジタルライフスタイル革命』(東洋経済)、『反経営学の経営』(東洋経済)、『いま・ここ経営論』(東洋経済)などがある。
    7月23日 15:50~16:30 主催 消費者の口コミ影響力の増大、デジタルを中心に1to1対応が可能なチャネルの浸透などを背景に、「顧客ロイヤルティ」を高める重要性はますます高まっています。本対談では、研究者と実務者がともに集う日本マーケティング学会の連動企画として、顧客ロイヤルティをいかに高めることができるのか、無印良品の取り組みを事例にしながら、その秘訣を学術的にひもといていきます。
    詳 細
  • [E33]IoT&ビッグデータ
    パネルディスカッション

    スタートアップコミュニティ「creww」連携企画
    『データからの価値創造』法を有望スタートアップが徹底議論!

    ~17:20 終了予定
    パネリスト
    ウィルモア  代表取締役社長 石川 麻由氏
    ウィルモア
    代表取締役社長
    石川 麻由
    【会社概要】食事制限をテーマに周辺領域へ事業を展開。基盤のデータと現行の自社サービス「クミタス」、「アレルギーチェッカー」を通じ、ユーザーに食の選択肢の提供をおこない、食における埋もれた消費行動を集積しビジネスに活用しています。
    パネリスト
    ZUU  代表取締役社長兼CEO 冨田 和成氏
    ZUU
    代表取締役社長兼CEO
    冨田 和成
    【会社概要】リテール金融業界の非効率性を変革することをミッションとするFintech企業。ハイエンド層が集まる金融ポータルメディアZUU onlineを運営する。立ち上げから約2年でサイトの月間ユーザー数は200万人を突破。FIBC2015では資産運用をシンプル化するウェブサービスZUU Signalsが副賞に当たるソニー銀行イノベーション賞を受賞。
    パネリスト
    マネーフォワード  代表取締役社長CEO 辻 庸介氏
    マネーフォワード
    代表取締役社長CEO
    辻 庸介
    【会社概要】個人向け自動家計簿・資産管理『マネーフォワード』や、法人向けに会計・請求書・給与計算のクラウドサービス『MFクラウド』シリーズ等、個人や法人のお金の悩みを解決するサービスを提供。グッドデザイン賞2014をはじめ、米国大使館賞、2014Googleベストアプリ等多数受賞している。
    パネリスト
    プラグラム  代表取締役社長 山本 博士氏
    プラグラム
    代表取締役社長
    山本 博士
    【会社概要】2005年に創業し、今年10周年を迎えました。ウェブサイト制作やソフトウェア開発などの受託事業から始まり、近年ではiPhoneやiPadを用いた低価格かつ高機能なクラウドPOSレジ「スマレジ」の開発と運営を行っています。スマレジは、小売やアパレル、飲食店など多くのニーズに応える機能を有し、シンプル操作、時間や場所を選ばないリアルタイムな売上分析を実現しています。
    パネリスト
    Warrantee  代表取締役 庄野 裕介氏
    Warrantee
    代表取締役
    庄野 裕介
    【会社概要】シリコンバレーで評価を受けた「保証書の電子化」サービスを事業化すべく、2013年にWarranteeを設立。現在はクックパッドから出資を受け、クックパッドグループに参画。現在は保証書の電子化機能に加え、資産管理機能などを企業向けに展開し、同時にそこで得られたデータを外部活用している。
    モデレータ
    野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 主任コンサルタント 鈴木 良介氏
    野村総合研究所
    コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部
    主任コンサルタント
    鈴木 良介
    野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部所属。情報・通信業界に係る市場調査、コンサルティング、政策立案支援に従事。近年では、ビッグデータの活用について検討。著書にに『ビッグデータ・ビジネス』(日経文庫)など。科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CRESTビッグデータ応用領域領域アドバイザー(2013年6月~)、経済産業省「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(データ利活用促進支援事業)」第三者委員会委員。
    7月23日 15:50~17:20 終了予定 主催 注目スタートアップ企業が次々と登壇して、データからいかに価値を創造して新規事業を立ち上げ、顧客との関係を構築しているのかを披露。ビッグデータ活用の専門家である野村総合研究所の鈴木良介氏が、各社のデータ活用のポイントを解説します。1700社のスタートアップ企業が参加するコミュニティを運営するcrewwとの連携企画です。
    詳 細
16:50 ~ 17:30
  • 前枠から続く>

    パネルディスカッション

    「BtoBデジタルマーケター養成講座」連動パネルディスカッション BtoB企業におけるマーケティング課題とは

    ~17:20 終了予定
  • 無料[B34]ユーザーエクスペリエンス

    ソウ・エクスペリエンス  代表取締役 西村 琢氏

    「体験」を通じた世界観の提示

    ソウ・エクスペリエンス
    代表取締役
    西村 琢
    1981年東京生まれ。2004年3月に慶應義塾大学経済学部を卒業。在学中の2003年、松下電器産業(現パナソニック)の事業プランコンテストで優勝、出資を受ける権利を得るが、起業の道を選び、2005年に体験型ギフトを扱うソウ・エクスペリエンスを設立。
    7月23日 16:50~17:30 協賛 シルバー 私たちソウ・エクスペリエンスはこれまで8年で500社以上、ここ1年でも150社の販促キャンペーンをお手伝いさせていただきました。色々なケースがありますが、すべてに共通しているのは「体験をプレゼントするキャンペーンであること」そして「キャンペーンを通じて世界観の提示やブランドイメージの強化を図ること」です。何事もやはり「百聞は一"験"に如かず」ですから。デジタルマーケティングウィークでは具体事例を交えながら今後提案していきたいことなどもお話しできればと思います。 無料
    詳 細
  • [C34]コンテンツマーケティング

    サイボウズ コーポレートブランディング部長 サイボウズLiveプロダクトマネージャー 大槻 幸夫氏

    なぜサイボウズはオウンドメディアや「働くママ」応援ムービーに取り組むのか?~成熟市場におけるB2Bマーケティングの新手法による挑戦とその成果~

    認証が必要です講演資料PDF
    サイボウズ
    コーポレートブランディング部長
    サイボウズLiveプロダクトマネージャー
    大槻 幸夫
    サイボウズ コーポレートブランディング部長 兼 サイボウズLiveプロダクトマネージャー。社会課題を解決する企業としての認知度向上を目指し、従来とは違った手法でのコミュニケーション活動を担当。2005年サイボウズ入社以降、製品広告を担当。2012年よりブランディング施策を担当。オウンドメディア「サイボウズ式」を開設。2014年12月「働くママのワークスタイルムービー」を公開。2015年より現職。
    7月23日 16:50~17:30 主催 2012年5月、サイボウズは「働き方」をテーマにしたオウンドメディア「サイボウズ式」を開設。今では5,000いいね超、10万PV近くのヒット記事を生み出すメディアに成長しました。また、2014年12月には「働くママのワークスタイル」問題をテーマにしたムービーを公開し、多くの反響を呼びました。なぜサイボウズは製品の宣伝が一切無いこのような取り組みに力を入れるのでしょうか。成熟市場となったグループウェア市場における、B2Bマーケティングの新手法について過去3年間の取り組みから見えてきた知見について具体的な内部データを用いながらお話しします。
    詳 細
  • [D34]共創マーケティング

    WOMマーケティング協議会 ガイドライン委員会  氏

    パネルディスカッション

    WOMマーケティングにおいて企業が守るべき倫理

    認証が必要です講演資料PDF
    WOMマーケティング協議会
    ガイドライン委員会
    7月23日 16:50~17:30 主催 パネルディスカッション さまざまなソーシャルメディアプラットフォームが林立し、企業のマーケティング活用も多岐に渡るようになってきました。そのような状況で、どのようなプラットフォームを用い、どのようなマーケティング・プロモーションを行おうと、企業として守るべき倫理について、WOMマーケティング協議会が定めるガイドラインとともにお話しします。
    詳 細
  • 前枠から続く>

    パネルディスカッション

    スタートアップコミュニティ「creww」連携企画
    『データからの価値創造』法を有望スタートアップが徹底議論!

    ~17:20 終了予定

※講演内容、講師、講演時間などは予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

Expert Course

017月23日(木) 12:00 ~ 15:00

顧客体験設計に基づくコミュニケーションプランニング手法
~ マーケティングオートメーションの効果的な活用に向けて ~

電通イーマーケティングワン
第五営業本部 本部長
小浪 宏信

講師略歴

早稲田大学理工学部卒業後、電通国際情報サービスに入社。Webサイト開発業務、およびインタラクションデザインの研究開発に着手。2002年に電通イーマーケティングワンの立上メンバーとして参画。その後携帯キャリアにてBtoBtoC事業の立上げを支援。

位置情報連動型サービスの実証実験およびサービス立ち上げ等を多数経験。顧客体験設計を中心としたWebプロモーション、CRM、EC等のコンサルティング業務のほか、BtoBtoC営業研修の講師等に従事。中小企業診断士。

《講演概要》

DMPやマーケティングオートメーションなどデータを活用したマーケティングプラットフォームの環境が整ってきたことで、データ活用に本格的に取り組み始めた企業が急増しています。


とはいえ、あくまでツールはツール。実際にはマーケティング担当者の顧客目線でのシナリオ作りや施策アイディアがなければ、折角のツールも有効には活用できません。


本講座では、ケーススタディに基づき、カスタマージャーニーの設計から施策アイディアへの落とし込み、さらには見込み度の高い顧客を判定するスコアリングロジックの開発へとつなげる手法を、座学とワークショップを交えながら学んでいただけます。


マーケティング部門の方、顧客データ分析から施策設計に携われる方、マーケティングオートメーション等の導入に関わられる方など顧客体験設計に基づく実践的なコミュニケーションプランニング手法を日々の取り組みに活かしていただければと思います。

《タイムスケジュール》

12:00 ~ 12:15 座学
顧客体験設計に基づくコミュニケーションプランニング概論
12:15 ~ 12:30 座学
マーケティングターゲットの特定
12:30 ~ 13:00 座学&ワーク
顧客像(ペルソナ)の設計
13:00 ~ 13:45 座学&ワーク
デカスタマージャーニーを活用した顧客体験設計
13:45 ~ 14:00 休憩
14:00 ~ 14:40 座学&ワーク
具体的な施策アイディアの洗い出し
14:40 ~ 15:00 座学
MAへの適用、スコアリングロジックの開発手法
027月23日(木) 15:30 ~ 18:30

3時間で学ぶ! スモールサクセス型『カスタマージャーニー分析』
~ Excelの無料アドイン「Power BI」を活用して顧客行動ビッグデータの「カスタマージャーニー分析」を実体験する

データマーケター
内野 明彦

講師略歴

ISID、電通、ネットイヤーグループ、ネットエイジなどで、数多くのIT/マーケティングプロジェクトに関わる。ウォルト・ディズニー・ジャパンにてEコマースの立ち上げに関わり、2006年よりオーリック・システムズの取締役としてアクセス解析の新規事業構築を担う。2009年にコンフォート・マーケティングを創業。

2015年から個人で活動を開始し、データ活用からマーケティング改善を支援する「データマーケター」として多くの企業に対して戦略・分析・実行支援をおこなう。東京工業大学卒。

《講演概要》

プライベートDMPやマーケティングオートメーション(MA)などの統合型マーケティング手法が啓蒙期から活用期に移っている中、最初から大掛かりな仕組みやプラットフォームの導入ありきで進めてしまい、頓挫しているケースも少なくありません。


成功のポイントは、少しずつの成功体験、いわゆる「スモールサクセス」です。まずは手元のリソースを工夫して使いながら、顧客の時系列な行動(カスタマージャーニー)を分析し、可能な範囲でテストPDCAを回して本番の運用イメージを押さえ、その上で本格的なDMP/MAの検討・選定や体制の構築、運用に進むことが大切です。


本講座ではそのスモールサクセスを得るための最初の入口となる「顧客行動時系列分析(カスタマージャーニー分析)」にフォーカスします。実際の顧客行動データを用いて、Microsoft Excelの無料アドインである「Power BI(PowerPivot)」を駆使してデータ分析を行い、LTV(顧客生涯価値)分析や顧客スコアリング、テストセグメント抽出などの具体的・実践的な分析ストーリーにそって、座学と分析の実演を交えてお話します。

《タイムスケジュール》

15:30 ~ 16:00 講義
《基本編》カスタマージャーニー分析について
16:00 ~ 16:50 実演
《基本分析編》実データとPowerPivotによる分析
16:50 ~ 17:00 休憩
17:00 ~ 17:20 講義
《応用編》参考になる分析事例の紹介
17:20 ~ 18:20 実演
《応用分析編》実データとPowerPivotによる分析
18:20 ~ 18:30 質疑応答
※講演内容、講師、講演時間は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

受講券の種類と料金(税込)/お申し込み

  エキス
パート
コース券
3日券
一般
3日券日経デジタル
マーケティング
読者
1日券
一般
1日券日経デジタル
マーケティング
読者
日経デジタル
マーケティング
読者無料受講券
協賛セッション
受講券
  お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中
当日料金 60,000円 販売なし 販売なし 25,000円 販売なし 販売なし 無料
エキスパート
コース
checked
(該当コースのみ)
none none none none none none
キーノート受講 checked
(該当受講日のみ)
checked checked checked
(該当受講日のみ)
checked
(該当受講日のみ)
checked
(いずれか1日のみ)
none
(協賛キーノートは
中継会場で受講可)
有料セッション受講
(協賛セッション以外)
checked
(該当受講日のみ)
checked checked checked
(該当受講日のみ)
checked
(該当受講日のみ)
none none
協賛セッション
受講
checked checked checked checked checked checked checked
ネットワーキング
パーティー
checked checked checked checked checked none
(当日券購入可)
none
(当日券購入可)
ソーシャルテレビ・
アワード発表授賞式
checked checked checked checked checked checked checked
展示コーナー checked checked checked checked checked checked checked
  エキス
パート
コース券
3日券
一般
3日券日経デジタル
マーケティング
読者
  お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中
当日料金 60,000円 販売なし 販売なし
エキスパート
コース
checked
(該当コースのみ)
none none
キーノート受講 checked
(該当受講日のみ)
checked checked
有料セッション受講
(協賛セッション以外)
checked
(該当受講日のみ)
checked checked
協賛セッション
受講
checked checked checked
ネットワーキング
パーティー
checked checked checked
ソーシャルテレビ・
アワード発表授賞式
checked checked checked
展示コーナー checked checked checked
  1日券
一般
1日券日経デジタル
マーケティング
読者
 
  お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中  
当日料金 25,000円 販売なし  
エキスパート
コース
none none  
キーノート受講 checked
(該当受講日のみ)
checked
(該当受講日のみ)
 
有料セッション受講
(協賛セッション以外)
checked
(該当受講日のみ)
checked
(該当受講日のみ)
 
協賛セッション
受講
checked checked  
ネットワーキング
パーティー
checked checked  
ソーシャルテレビ・
アワード発表授賞式
checked checked  
展示コーナー checked checked  
  日経デジタル
マーケティング
読者無料受講券
協賛セッション
受講券
 
  お申し込み 終 了 当日券あり 準備中 お申し込み 終 了 当日券あり 準備中  
当日料金 販売なし 無料  
エキスパート
コース
none none  
キーノート受講 checked
(いずれか1日のみ)
none
(協賛キーノートは
中継会場で受講可)
 
有料セッション受講
(協賛セッション以外)
none none  
協賛セッション
受講
checked checked  
ネットワーキング
パーティー
none
(当日券購入可)
none
(当日券購入可)
 
ソーシャルテレビ・
アワード発表授賞式
checked checked  
展示コーナー checked checked  
  • ※ 料金は全て税込価格です。
  • ※ 協賛セッション(無料マークのついたセッション)の事前登録は7月23日(木)正午までです。

受講券購入に関するFAQ

「日経デジタルマーケティング」読者番号について

「日経デジタルマーケティング」の読者番号は雑誌送本の宛名下に記載されている10桁の番号になります。
読者番号をお忘れの方は、下記「購読者番号の確認」ページよりお調べください。
(購読のお申し込み時にEメールアドレスをご記入いただいている、もしくは「読者限定サイト」への会員登録をされている場合)
「購読者番号の確認」ページで確認ができない場合は、下記「読者番号問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
なお、本フォームからのご連絡には日数がかかる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

協賛社

PLATINUM SPONSORS

GOLD SPONSORS

SILVER SPONSORS

イベント

ネットワーキングパーティー

毎回ご好評を頂いている、講演者、受講者同士で交流いただけるネットワーキングパーティーを今年も開催します。同じ関心を持つ参加者との情報交換や、ビジネスチャンスに繋がる新たな出会いが得られる大変貴重な機会です。登壇する講演者も参加予定ですので、是非、ご参加ください。

  • 日時

    7月22日(水)
    17:30 ~ 19:00

  • 場所

    六本木アカデミーヒルズ
    「ライブラリーカフェ」
    (六本木ヒルズ49階)

    MAP
  • 参加対象者

    受講者、講演者、招待者および関係者、プレス

  • 形式

    立食(フリーフード、フリードリンク)

  • 参加方法

    エキスパートコース券/3日券/1日券をお持ちの方はどなたでもご参加が可能です。是非、ご参加ください。
    ※エキスパートコース券/3日券/1日券をお持ちでなく参加をご希望の方はアワード/パーティー会場受付にてチケットを1枚3,000円(税込)で販売しております。当日会場にてご購入ください。

ソーシャルテレビ・アワード

ソーシャルメディアに代表される、インターネットやデジタルプラットフォームを積極的に活用し、先進的な取り組みをしたテレビ番組を表彰する「ソーシャルテレビ・アワード 2015」を実施いたします。
今年のアワードでは、従来の番組に対して贈賞する各賞に加え、広告主企業の取り組みを対象とした「広告賞」を新設いたします。広告主企業による、テレビ(番組)とネットを連動させた先進的なマーケティング手法、取り組みを評価し、贈賞します。ぜひ、ご期待ください。

ソーシャルテレビ・アワード2015 大賞は「バーチャル高校野球」(朝日放送)に決定!

  • 主催

    日経デジタルマーケティング/日経エンタテインメント!

  • 日時

    7月21日(火)
    17:30 ~ 19:00

  • 場所

    六本木アカデミーヒルズ
    「ライブラリーカフェ」
    (六本木ヒルズ49階)

    MAP
  • 各賞

    大賞、日経デジタルマーケティング賞、日経エンタテインメント!賞、特別賞、広告賞

  • 参加方法

    どなたでも無料で観覧いただけます。ぜひ御参加ください。

Copyright (C) 2015 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

協賛メニューをご用意しております。
詳細は事務局までお問い合わせください。

social-m@nikkeibp.co.jp 閉じる

閉じる