Projected by D3 WEEK

デジタルマーケティングとビッグデータのキーパーソンが集結!

会期:2017年4月18日(火)10:00~16:30
主催:日経デジタルマーケティング/日経ビッグデータ
会場:目黒雅叙園(4月より「ホテル雅叙園東京」)

Digital Marketing Conference / BigData Conference とは

企業経営の最大のテーマとなっているデジタル変革(デジタルトランスフォーメーション)の実現に欠かせないデジタルマーケティングの実践とビッグデータの活用。
日経BP社は、この2領域の今を理解・体感できる大型カンファレンス「Digital Marketing Conference 2017 Spring」と「BigData Conference 2017 Spring」を4月18日に合同開催します。

「Digital Marketing Conference 2017 Spring」では、研究開発段階から実用段階へと急速に進化している「AI(人工知能)」を初めて全体テーマに設定。
経営トップやマーケティング部門のリーダーらが登壇しAIの登場でデジタルマーケティングはどう変わるのか、その可能性と見えている課題などについて講演します。

一方、「BigData Conference 2017 Spring」では、AIやIoTを活用した新しいデータビジネスの創造/活用の最前線をお届けします。

2つの分野のキーパーソンが集い、デジタルマーケティングとビッグデータの“未来”を体感できるこのカンファレンスに、ぜひご参加ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

受講申し込み

  • エキスパートコース 予測型戦略を知るための機械学習講座~ビジネスアプローチの方法を学ぶ~
  • エキスパートコース 「改正法対応のパーソナルデータ活用」講座

プログラム

印が付いているセッションは事前登録すれば無料で受講できます
(注意事項)
日経デジタルマーケティング、日経ビッグデータ読者は、「読者限定無料受講券」をお申し込みいただければ、すべてのセッションを優先して受講いただけます。
印のセッションについて、より確実に受講されたい場合は、個別に無料受講券をお申し込みください。

休憩

[A1]基調講演 ライフネット生命保険 代表取締役社長 岩瀬大輔 氏
[A1]基調講演

企業経営に変革を起こすAI(人工知能)の可能性

人とAI(人工知能)が協働する時代が、すぐそこへと迫っています。ライフネット生命保険では、1月からチャットbotによるLINE保険診断を始めました。検討の初期段階ではチャットbotで応対をして、よりニーズが具体化したタイミングで、オペレーターが対応する。このように人と機械が役割分担をして協働することで、業務の効率化が図れます。AIは企業経営や金融業界に、今後どのような影響を及ぼすのか。その可能性や期待についてお話します。

ライフネット生命保険
代表取締役社長
岩瀬大輔 氏


1976年埼玉県生まれ、幼少期を英国で過ごす。1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年より現職。

[A2]講師調整中
[A2]

デジタルでここまでできる!お客様のモーメントを捉えたマーケティング・アプローチ

消費者のモーメントを捉えたマーケティング施策の重要性が高まっています。
しかし、多様化するタッチポイントに対応しながら、パブリックDMPやプライベートDMPを活用し、社内の横断的なデータを連携させた統合的なアプローチは簡単ではありません。本セッションでは、創業のビジョンを受け継ぎ、ファンを増やし続けているらでぃっしゅぼーや様のデジタルマーケティングの取り組みを、データに基づく顧客分析とキャンペーン企画が得意な株式会社アイレップと共に、パネルディスカッション形式にてご紹介します。

日本IBM
Watsonカスタマー・エンゲージメント事業部 事業部長
樋口正也 氏


新潟県出身。京都大学工学部卒。日本IBM1993年入社 大和研究所、本社等にてソフトウェア関連事業、クラウド・コンピューティング事業の立ち上げを行い、2009~2010年に米国本社に赴任。2011年の 震災直後より東北の復興支援、スマートシティ事業などに関わり、2012年より東北支社長、2013年北海道・東北支社長、パートナー・アライアンス事業 部ソリューション事業部長、Watson事業部 EcoSystem担当 事業部長、コグニティブ・ソリューション事業 常務補佐を経て、現職

[A3]リコー ジャパン 販売プロセス革新本部 デジタルマーケティングセンター センター長 石川拓也 氏
[A3]

リコージャパンのデジタルマーケティング実践事例~MA運用の最前線から見えてきた課題と機会~

リコージャパンはいち早くMAを導入し、リコー製品を販売するべくリード獲得、育成の運用を実践してきました。また昨年秋からはリコージャパンの新しい提供価値である「マーケティング支援サービス」においてMAを活用したリードナーチャリングを行っています。本セミナーでは、MA運用の最前線から見えてきた課題と機会を、事例を交えてご紹介し、今後のデジタルマーケティングの方向性や成功のポイントを提示していきます。

リコー ジャパン
販売プロセス革新本部 デジタルマーケティングセンター センター長
石川拓也 氏


[A4]IDOM デジタルマーケティングセクション セクションリーダー 中澤伸也 氏
[A4]

調整中



IDOM
デジタルマーケティングセクション セクションリーダー
中澤伸也 氏


[A5]講師調整中
[A5]

講師調整中





[A6]講師調整中
[A6]

調整中



住信SBIネット銀行
ビッグデータ部 部長
菅野開 氏


[A7]ヤフー Yahoo! JAPAN研究所 所長 田島玲 氏
[A7]

Yahoo! JAPAN独自のビッグデータと先端技術がマーケティングにもたらすもの

Web業界では、サービスの提供とともに日々大量のデータが産みだされており、それを最先端の技術と組み合わせてサービスに活かすことが価値向上の原動力となっています。このセッションでは、検索や位置情報といったYahoo! JAPANが保有するデータがどう価値につながるのかについて技術解説やマーケティングに則した事例を交えて紹介します。

ヤフー
Yahoo! JAPAN研究所 所長
田島玲 氏


2000年3月 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻博士課程修了、博士(理学)。1992~2002年日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所 研究員、2002~2005年 A.T.カーニー(戦略系コンサルティングファーム) コンサルタント、2005~2010年 日本IBM東京基礎研究所 数理科学チームのリード。2011年にヤフー入社、2012年7月より現職。ヤフーのさまざまなサービスでのデータや先端技術の活用を部門横断で推進中。

[B1]基調講演 ウェザーニューズ 執行役員 石橋知博 氏
[B1]基調講演

急激な天気変化をAIで予測、気象ビッグデータ活用を進めるウェザーニューズ

気象情報会社のウェザーニューズは人工知能(AI)を活用し、従来では難しかったゲリラ豪雨の発生時間や場所の予測精度を向上させています。気象の大量データの分析に加えて、雲の形や色をAIに判別させることで実現しました。B to Cのサービスとしてアプリの会員に雲の写真データを投稿してもらうことで精度向上も実現しました。多種多様な気象ビッグデータを分析するためにAIをどのように活用しているのかを説明いたします。

ウェザーニューズ
執行役員
石橋知博 氏


1975年生まれ。株式会社ウェザーニューズ執行役員。中央大学理工学部情報工学科卒。日本ヒューレット・パッカード(当時)を経て2000年にウェザーニューズへ入社。モバイル・インターネット関連の法人営業を経験した後、2003年に個人向け(BtoS)モバイルコンテンツサービス事業を立ち上げる。2005年11月からはユーザー自ら現在地の天気を報告し、天気予報に活用するウェザーリポーターの仕組みを導入。2012年1月からは米国ニューヨークに拠点を移し、現在はモバイル・インターネットを軸とした世界のBtoSコンテンツの事業全般を統括している。通称「バシ」。

[B2]講師調整中
[B2]

講師調整中





[B3]講師調整中
[B3]

調整中



富士通
デジタルフロント事業本部 シニアディレクター
倉知陽一 氏


富士通のソフトウエア展開の企画、推進に長年にわたり従事。最近は、ビッグデータを活用したソリューション事業の立ち上げ、お客様のイノベーション創出に向けた共創事業にも取り組む。

[B4]アユダンテ シニアコンサルタント 山浦直宏 氏
[B4]

統合と連携で実現するデータドリブンマーケティング ~Google アナリティクス360スイートが提供する「計測・分析・活用」の基盤と活用法

マーケティングのデジタル化においてウェブのユーザーデータを中心にリアル行動データやCRMデータを統合し活用する流れは加速しています。しかし、システム面も巻き込んだ大規模なDMP構築には多くのコスト/時間を要します。Google アナリティクス360スイートの登場によってマーケティング施策改善に取り組む現場のニーズに応える活用基盤の構築が可能になりました。エンタープライズ企業を中心に広がるこのようなニーズに応えるGoogle のプラットフォームとアユダンテ独自のプラットフォームよって実現するGoogle アナリティクスの“DMP的活用法”についてお話します。

アユダンテ
シニアコンサルタント
山浦直宏 氏


Googleアナリティクスの活用を中心としたデジタルマーケティングコンサルタント。ネット広告の黎明期より一貫して、ネット広告、デジタルマーケティング畑を歩む。アクセス解析には2003年より取組み、解析・コンサルティングの実績多数。「GoogleアナリティクスIQ講座」では合格者者700名余を育成する一方、立教大学(元非常勤講師)のほか、多摩大学、東京都市大学、青山学院大学でも教鞭を執り人材育成にも取り組む。このほか、一般向け講座・講演、業界誌やネットメディアなどでの執筆・寄稿多数。

[B5]ブライトコーブ シニア・セールス・ディレクター 北庄司英雄 氏
[B5]

動画マーケティングは広告だけではない!国内外の事例から紐解く、新しい動画マーケティングのご紹介

一般的に動画マーケティングと言えば、動画広告や動画制作にフォーカスが当たりがちですが、最新の動画マーケティングでは動画活用の幅が急速に広がっています。
例えば、動画からとれるデーターをうまく活用してリードナーテャリングを加速させたり、HTML5の技術がもたらす新しい動画の見せ方により、新しいブランディングの方法を実践したり、既に国内外で新たな動画マーケティングの導入が始まっています。
それらの最新事例を紹介しながら、グローバルで動画配信プラットフォームを提供するブライトコーブが、新しい動画マーケティングの提案をします。

ブライトコーブ
シニア・セールス・ディレクター
北庄司英雄 氏


2001年ヤフー株式会社入社、ディスプレイ広告の営業を7年間担当した後、国内の動画配信事業社にて企業向けの動画活用の啓蒙や導入などに注力。2012年にセールスディレクターとしてブライトコーブに入社。以来、自社サービスである「Video Cloud」を活用したオウンドメディアの動画マーケティングを推進。また放送局などのメディア企業向けに動画広告によるマネタイズのコンサルティング提案にも注力している。

[B6]TIS エンタープライズデジタルインテグレーション事業部 デジタルインテグレーション企画営業部 主任 小林圭一 氏
[B6]

お客様の「今」を逃さない顧客データ統合とリアルタイムコミュニケーション

顧客満足度を上げていくためには、お客様の行動や嗜好の多様化に追従していく必要がありますが、昨今、"お客様にとって最適な瞬間"を的確に狙った「リアルタイムコミュニケーション」の考え方を 取り入れようとする企業が増えつつあります。
一方で、その実現のためには、チャネル間のデータ分断や運用面の複雑さなどの課題を乗り越える必要があり、多くの企業ではこの課題がためにつまずいている現状があります。 本講演では、この課題を解決し、リアルタイムコミュニケーションを実現するための具体策を提示すると共に、弊社TISの取り組みを解説します。

TIS
エンタープライズデジタルインテグレーション事業部 デジタルインテグレーション企画営業部 主任
小林圭一 氏


[B7]講師調整中
[B7]

講師調整中





[C4]本田技研工業 企業プロジェクト 加藤拓巳 氏
[C4]

AI技術の活用によるデザイン・UX・映像における顧客の感性評価

メーカーの競争領域が数字で評価しやすい機能的価値の世界から、 数字での評価が難しい意味的価値の世界に遷移しています。 そこで重要となるのが顧客の感性評価ですが、 まだ定石となる手段はありません。本講演では、ディープラーニング(深層学習)など人工知能(AI)技術の活用によって可能となった、 デザイン・乗り心地・映像におけるマーケティングサイエンスの実例を紹介します。
※タイトル中のUXはユーザーエクスペリエンス、体験の意味。

本田技研工業
ビジネス開発統括部 ビジネスアナリティクス課
加藤拓巳 氏


慶應義塾大学理工学部で統計学を専攻、 筑波大学ビジネス科学研究科で修士(経営学)課程を修了。統計学・機械学習・自然言語処理からディープラーニングといった手法を商品企画やブランディングに活用するマーケティングサイエンスを実務と研究の両面で従事。昨年度はKES、 人工知能学会、 電気学会で研究報告し、 IEEJ Excellent Presentation Awardを受賞

[C5]講師調整中
[C5]

講師調整中





[C6]デザミス 代表取締役兼CEO 清家浩二 氏
[C6]

IoT活用の新事業創造とは~牛のリアルタイム管理サービス立ち上げの経験から

デザミスは牛のリアルタイム管理サービス「U-motion」事業を昨年10月に開始し、各地の牧場へ導入を進めています。牛の動きを検知、通知することで、牧場の収益向上や労働環境改善を支援します。新事業の開発において、IoT技術をどう生かすべきか、当社のこれまでの苦労、試行錯誤も交えてご紹介します。

デザミス
代表取締役兼CEO
清家浩二 氏


某電機メーカーグループにて畜産用換気扇事業、畜産環境事業、アグリソリューション事業などの事業責任者を経て、2016年にデザミス株式会社を設立、代表取締役兼CEOに就任、畜産IoT「U-motion」をリリース、牛の「Lifelog」を収集、分析し畜産経営の効率化を支援する次世代型アプリケーション、世界14億3千万頭の牛をIoC(internet of cattle)でつなぐ

[C7]アシスト 情報基盤事業部 製品統括部 技術2部 部長 花井正樹 氏
[C7]

Paxata:セルフサービス時代の革新的なデータ活用プラットフォーム

ビッグデータ・IoT時代に突入し、ビジネスユーザのデータ分析ニーズが拡大する一方で、データの準備にかかる時間もまた、増大しています。データ分析に要する時間のうち、80%がデータ準備に費やされ、分析にかける時間はわずか20%に満たないともいわれます。「Paxata」(パクサタ)は、ビジネス・インテリジェンス分野に普及した“セルフサービス”の発想をいち早く「データ準備」領域にも導入し、まったく新しいソリューションを提供する市場リーダーとして、データ準備(データ・プレパレーション)の生産性を飛躍的に向上させています。

アシスト
情報基盤事業部 製品統括部 技術2部 部長
花井正樹 氏


アシスト入社後、BI製品のフィールドサポート、品質管理を担当。SFAコンサルタントとして活動した後、同社にてQlikビジネスの立ち上げに参画。2014年から米Qlik が指名するエバンジェリスト“Qlik Luminary”に4年連続で日本で唯一選出されるなど、執筆や講演活動を通じてBIのトレンドや顧客の成功事例を発信している。2016年からは革新的なデータ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata」の日本におけるスタートアップを兼任している。

インフォメーション

会期:2017年4月18日(火)10:00~16:30
主催:日経デジタルマーケティング/日経ビッグデータ
会場:目黒雅叙園(4月より「ホテル雅叙園東京」)(東京都目黒区下目黒1-8-1)

アクセス

お問い合わせ

スポンサー

platinum Sponsor Digital Marketing Conference 2017 Spring

  • ibm
  • ricoh

gold Sponsor Digital Marketing Conference 2017 Spring

  • ayudante
  • brightcove
  • tis

platinum Sponsor BigData Conference 2017 Spring

gold Sponsor BigData Conference 2017 Spring

  • アシスト「お客様の最高」のために
※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により中止する場合があります。中止の場合、未受講の講座の受講料は返金いたします。