このイベントについて 開催概要 お問い合わせ
これからの経営が求めるクラウド・ビッグデータ時代の文書情報マネジメント 〜紙から電子の社会をめざして〜
日本画像情報マネジメント協会 理事長 高橋通彦 日本経済も復活基調に入ってきており、民需・官需を問わず活発な経済活動が始まっています。

また、最新の動向として、平成27年度税制改正大綱において、税務関係書類のスキャナ保存について大幅な規制緩和が実現することとなり、業界にとっては新しいニーズの創出が期待できます。併せて企業活動の効率化やコストダウンはもとより、事業継続、コンプライアンス、情報共有など多くの課題に対応する文書情報マネジメントへの期待が高まっています。クラウド、ソーシャル、モバイル、ビッグデータのニュービジネスの普及も著しく、文書情報マネジメントとのかかわりが関心を呼んでいます。
今年、第53回目の開催となるeドキュメントJAPAN2015は、情報の入力から、保管、保存、配布、廃却までの一連の文書情報マネジメント機材やシステムまでの幅広い展示と、その活用事例やナレッジを併設したフォーラムでご説明し、より具体的にご理解いただけるよう企画しています。

文書情報が爆発的に増大し、その管理と記録を残す重層性がますます高まっている今日、最新のソリューションを体験頂く場として、より多くの企業や団体の皆様のご参加をお待ちしております。
開催概要

名称

eドキュメントJAPAN 2015

会期

2015年9月30日(水)〜10月2日(金)

会場

東京ビッグサイト 東展示ホール

主催

公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会

共催

日経BP社

入場料

3,000円 (消費税込、招待者・事前登録者は無料)

目標来場者数

1万7千人(予定)

出展にあたってのスケジュール

申込締切日

2015年6月19日(金)

出展社説明会

2015年7月中旬

 
出展対象製品
●ECM(統合文書情報マネジメント)
●ドキュメントファイリングシステム
●クラウドシステム
●ビッグデータソリューション
●マルチメディア·ネットワークシステム
●カラーイメージング
●デジタル-マイクロ·アーカイブシステム
●e-文書法関連システム·サービス
 
 
●電子帳票関連システム
●記録メディア·大規模ストレージ
●OCR·イメージエントリーシステム
●イメージングハードウェア
●イメージングソフトウェア
●アウトソーシングサービス
●CAD関連システム
●情報セキュリティシステム
 
 
●オンデマンドプリンティング関連
●デジタル複合機
●情報保管·検索·配送サービス
●デジタル書籍関連
●その他製品/サービス
出展に関するお問い合わせ
公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)
e-document@jiima.or.jp
TEL: 03-5821-7351 FAX: 03-5821-7354

日経BP社 eドキュメントJAPAN事務局
itevents@nikkeibp.co.jp
TEL: 03-6811-8083 FAX: 03-5421-9170
 
展示会の登録、入場に関するお問い合わせ先
展示会の事前登録(無料)は、2015年8月上旬開始予定です。
展示会の登録、入場に関するお問い合わせはこちら
PageTop
日経BP社