展示会一覧
English

ICTとともに進化する製造業の未来を探る FACTORY 2016 会期:10月19日(水)~10月21日(金) 会場:東京ビッグサイト(東4-6ホール) 主催:日経BP社ICTとともに進化する製造業の未来を探る FACTORY 2016 Fall

会期:10月19日(水)~10月21日(金) 会場:東京ビッグサイト(東4-6ホール) 主催:日経BP社

ICTとFAが融合する次世代のスマート工場
世界最先端の技術・製品・ソリューションが揃う

FACTORY 2016 プロデューサー
日経エレクトロニクス編集長

大石 基之

 Internet of Things (IoT)やビッグデータによる飛躍的な進化が期待できるものの1つが「工場」です。最新のITが従来のFA(Factory Automation)技術と融合することで、次世代の「賢い工場」(スマートファクトリー)が実現しようとしています。

 海外を見渡せば、ドイツでは産学官一体の「Industry 4.0」、米国ではGeneral Electric社を中心とする「Industrial Internet」、中国の「中国製造 2025」、インドの「Make in India」という同様のコンセプトに基づいたプロジェクトが進んでいます。日本でも、従来は個別企業の取り組みが中心でしたが、産業界や国家全体で製造業の新たな可能性を探る機運が高まってきました。

 こうした動きを支援すべく、日経BP社は2014年からフォーラム形式のイベント「FACTORY」を複数回にわたって実施し、2015年にはフォーラムと展示会を一体化した総合イベントを開催いたしました。2016年もさらにパワーアップした「FACTORY 2016」を企画しております。

 スマートファクトリーを実現するためのキーとなる技術は、情報、通信、組み込みシステム、デバイス/センサーなど広範囲にわたります。「FACTORY 2016」は、それらを一望できる機会を来場者に提供します。製造業を巡る新しいトレンドの最先端をテーマに繰り広げるフォーラムとあわせて、これからの製造業の手綱を握るキーパーソンの皆さんにとって、極めて有意義な情報収集の場になるでしょう。

開催概要

名 称 FACTORY 2016 Fall
会 期 2016年10月19日(水)~10月21日(金)
会 場 東京ビッグサイト 東4-6ホール
主 催 日経BP社
入場料 3,000円(消費税込、招待者・事前登録者は無料)
目標来場者数 6万人(予定) ※同時開催展含む
出展規模 350社/800小間(予定)

出展にあたってのスケジュール

申し込み締切日 2016年6月24日(金)
※空き枠がある限りお申し込みを受け付けます。事務局までお問い合わせください。
出展社説明会 2016年7月中旬予定

出展対象製品

製造業向け情報システム
製造業向けデータ関連ソリューション
製造業向けセキュリティ
FA/PA/生産システム
設計/開発/計測・評価
デバイス/モジュール
サプライ・チェーン
コンサルティング/アウトソーシング

来場対象者

製造業における以下のキーパーソン
・CEOおよび企業経営層、経営企画部門
・CTOおよび工場長、生産技術部門長、生産技術部門
・CIOおよび情報システム部門長、情報システム部門

お問い合わせ

出展に関するお問い合わせ

日経BP社 ITイベント事務局

itevents@nikkeibp.co.jp

展示会の登録、入場に関するお問い合わせ

展示会の事前登録(無料)、その他お問い合わせは、
ご来場者向け公式サイトからお願いします。
ご来場者向け公式サイトは こちら

PageTop