| TOP関連セミナーISEP 2010

電子ペーパー国際シンポジウム (ISEP 2010)

主催:日本画像学会
日時:11月10日(水)13:00~17:30
11月11日(木)10:00~12:00/15:00~18:00
会場:幕張メッセ 国際会議場

電子ペーパー国際シンポジウム(International Symposium on Electronic Paper/ISEP2010)では電子書籍・電子新聞など有望な新市場を開拓するキー技術として期待を集める「電子ペーパー」にフォーカスし、最新技術と今後の応用・発展について議論を深めます。ISEP2010への参加を、新たな開発テーマやビジネスの開拓、コラボレーションのきっかけとしてもご活用ください。

プログラム内容

表示方式(前面板):
電気泳動方式等、主に反射型の各種表示方式について

  1. 1.エレクトロウェッティングディスプレイ(Liquavista/オランダ゙)
  2. 2.MEMS ディスプレイ(Qualcomm MEMS Technologies/米国)
  3. 3.デジタルマイクロシャッターディスプレイ(Pixtronix/米国)
  4. 4.カラーコレステリック液晶(富士通研究所)
  5. 5.電気泳動ディスプレイ(E ink/米国)
  6. 6.電子粉流体ディスプレイ(ブリヂストン)
  7. 7.電気泳動表示材料(Merck Chemicals/英国)
  8. 8.サーマルリライタブル記録(リコー)

駆動回路(背面板):
話題の有機TFT、フレキシブル指向のプリンタブル回路など駆動回路技術について

  1. 1.有機 TFTフレキシブルディスプレイ(ソニー)
  2. 2.有機 TFT電子粉流体ディスプレイ(大日本印刷)
  3. 3.全印刷フレキシブル有機 TFT(リコー)
  4. 4.低温アモルファスシリコンTFT(サムスン電子/韓国)
  5. 5.プリンタブルTFT (凸版印刷)
  6. 6.E ink Holdingsにおける電子ペーパー(E Ink Holdings/台湾)

応用:
電子書籍を中心とする応用やシステム化技術について

  1. 1.電子ペーパー・電子書籍の現在、将来(PFE)
  2. 2.スマートフォーン・タブレット・電子ペーパー(イーブックジャパン)
  3. 3.成長する電子ペーパービジネス(デルタ電子/台湾)
[実行委員長]北村孝司(千葉大学)
[副実行委員長]面谷信(東海大学)、堀田吉彦(リコー)、酒井真理(セイコーエプソン)
[プログラム委員]鈴木明(リコー)

※ISEP2010 は英語での講演のみとなります。