| TOP基調講演・フォーラムこのセッション

K-02 基調講演 日・英
終了

Green Device サミット

日時:11月11日(木) 9:30~12:00 会場:幕張メッセ コンベンションホール
  • <br />Dirk Vanderhaeghen

    持続可能なエネルギー効率の実現機会:自動車用LEDヘッドランプ

    Philips Lumileds Lighting Company
    LUXEON Automotive, Director Strategic Marketing
    Dirk Vanderhaeghen

    ダーク・ファンデルハーゲン氏は、1992年、ベルギー、ゲントの大学で電子工学の学位を取得。1995年、フィリップス社のCentral Development Lighting laboratoriesに入社し、特殊な照明アプリケーションのための新技術と製品化に関する研究をしました。

    1996年には、フィリップス・ディジタル・プロジェクション・ラインティング・UHPチームに加わり、UHPでの革新技術マネージャーとして4年間に渡り、製品およびプロセス革新を担当しました。

    2003年に、フィリップス・ライティング・ターンアウト工場(ベルギー)にあるUHPランプシステムのマーケティングマネージャーに就任しました。

    2005年末からは、オートモーティブライティング部門で、自動車用LEDヘッドライトアプリケーションのための新しいビジネスの創出をスタートしました。

    2009年に、フィリップス・ルミレッズ(サンノゼ、米国)のルクシオン・オートモーティブの戦略マーケティング部長に就任しました。

    今日、自動車産業はグローバル規模で、エネルギー効率重視のアプローチにシフトしている。最新のLEDテクノロジーの到来により、クルマのヘッドランプの設計においても外観の見直しや、フォワード・ライティングの機能向上が期待される。また、ヘッドランプ用ハイパワーLED技術はCO2排出の削減や、より環境に配慮した高度なライティング・ソリューションの提供にも貢献する。これからの地球環境保全のためにも、自動車業界が環境保全に対して果たす役割は大きい。

  • Gunnar Klick

    高効率LEDの未来を展望する

    OSRAM Taiwan Co. Ltd.
    Opto Semiconductor DivisionCountry Manager Gunnar Klick

    Gunnar Klick is currently working as country manager Taiwan at OSRAM Opto Semiconductors GmbH.

    He studied electrical engineering at the Technical University Dresden, Germany. After finishing the university he has worked in different positions in development, quality and marketing of different semiconductor companies.

    Having more than 10 years experience in the semiconductor industry, his focus is in LEDs and applications for the consumer/communication markets. He is author or co-author of various publications.

    LED technologies have shown great progress in the last couple of years enabling a lot of new applications to visualize information, movies etc. Visualization will be one of the key drivers for further growth in the LED-market and is needed to overcome the challenges (infrastructure, healthcare, energy generation and consumption, entertainment) of the next years which come along with urbanization as well as demographic and climatic changes. LCD-backlighting, LED-video walls and projection are state of the art application using LED-displays and will be discussed more in detail. A number of key factors will be explained in the presentation, as well as how the progress in LED technology helps to make the applications more successful and how the market forecast looks like for the different uses. The discussion will then lead to the topic how further improvements in the LED technology will help that new applications to visualize information by using LEDs will emerge in the future (e.g. 3D-TV).

  • 諸住 哲

    NEDOにおけるスマートコミュニティの活動

    独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    スマートコミュニティ部主任研究員 諸住 哲

    昭和60年3月北海道大学大学院工学研究科博士課程修了
    昭和61年4月(株)三菱総合研究所 入社(電力需給問題、供給信頼度分析、DSM、電力市場、新エネルギー系統連系問題、電力貯蔵技術、マイクログリッドなどの調査、開発の従事)
    平成18年4月よりNEDO技術開発機構出向 新エネルギー技術開発部主任研究員
    平成22年3月スマートコミュニティ室 室長代理
    平成22年4月NEDOに転籍
    平成22年7月現職

    NEDOは国内最大級の研究開発推進組織であり、過去30年にわたり石油代替エネルギー、環境問題、産業技術の育成に係わってきた組織である。2000年代には新エネルギーの系統連系技術の実証を数多く続けてきており、2010年以降はその経験に基づき、スマートコミュニティに分野において、数々のの実証研究やアライアンス活動を展開している。ここではその内容を紹介する。

同時開催: Green Device 2010

基調講演

FPD International フォーラム 2010

Green Device フォーラム 2010