English

海外&インバウンド マーケティング2018 会期:2018年7月18日(水)~20日(金) 会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール 主催:日経BP社海外&インバウンド マーケティング2018

会期:2018年7月18日(水)~20日(金) 会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール 主催:日経BP社

 訪日外国人客数は2017年10月時推計(JNTO)で2379万人となり、2016年の2,400万人を確実に上回る勢いとなっています。「コト消費」による体験型サービスが注目されてきており、新サービス開発の動きが活発になってきました。一方、小売産業でも百貨店のインバウンド関連売上が前年を超えたというニュースが多く出てきており、「モノ消費」にも明るさが戻っています。マーケティングを強化したり、利便性を高めることで、売上増や地域への集客に結びつけやすくなっています。

 日経BP社では我が国の国際競争力を高めるための総合イベント「グローバルビジネスWEEK」を2018年7月に開催します。過去2回にわたり開催してきた「インバウンド・ジャパン」については、更に拡大発展させ、「海外&インバウンド マーケティング2018」として開催。インバウンドだけでなく、海外向けマーケティングと越境ECを含めてフォーカスを当てます。これにより、日本の製品・文化・技術などをあらゆる場所や手段で、海外市場および外国人に売る上での課題を解決するための事例やヒント、ソリューションを得られる場をつくります。

 ぜひ本イベントへの協賛/出展を御検討いただきますようお願い申し上げます。

同時開催展

  • グローバルビジネスサポート2018
  • グローバル人材2018

図

ポテンシャルが高い越境EC市場にもフォーカスします

 経済産業省が2017年4月に発表した調査(図)で、世界のEC市場は2016年の4,000億USドルから毎年二桁成長を続け2020年には9,940億USドルに達すると予測しています。米・中主要2国を販売対象とした日本の越境EC市場も2016年から2020年の4年間で1.72倍、1.84倍の高い成長を遂げると推計しています。

 訪日外国人客数の「旅アト」消費としても越境ECが拡大していくと予想され、本イベントではポテンシャルが高い越境ECの活用についてもフォーカスを当てていきます。

図:主要2国における日本の越境EC市場ポテンシャル 世界の越境EC市場規模

図:出展対象製品・サービス

図:来場対象

新着情報

2018.1.31
「基礎装飾付き出展プランご案内」「展示バナー・公式ガイド広告」のご案内を掲載しました。

開催概要

名 称 海外&インバウンド マーケティング2018
会 期 2018年7月18日(水)~20日(金)10:00~17:00
会 場 東京ビッグサイト 西3・4ホール
主 催 日経BP社
構 成 展示会およびセミナーにて構成
入場料 3,000円(税込) ※事前登録の場合は無料
想定来場者数 20,000人(グローバルビジネスWEEK)
同時開催 グローバル人材2018(グローバルビジネスWEEK)
グローバルビジネスサポート2018(グローバルビジネスWEEK)

ご出展にあたってのスケジュール

出展申込締切 2018年4月18日(水)※お問い合せください
出展社説明会 2018年5月下旬予定

お問い合わせ

出展に関するお問い合わせ

日経BP社 グローバルビジネスWEEK事務局

gbw@nikkeibp.co.jp

展示会の来場登録、入場に関するお問い合わせ

展示会来場についてはこちら(調整中)

PageTop