開催概要

働きかたNext シンポジウム&特別セミナー

今、日本人の働きかたが問われています。従業員が長い時間働くことを許容する企業文化が根強く残り、なかなか減らない長時間労働。女性が働きやすい柔軟な勤務形態の普及の遅れ――。高度成長を支えたワークスタイルのままでは、企業のグローバル競争や国内の少子高齢化といった経済、社会の変化に対応できなくなっているためです。シンポジウムでは、慣習にとらわれず改革により人材力を高め、成果を上げている2社のトップらを講師に迎え、時代に合った働き方へ、何をどう見直せばよいのかを考えます。さらに、17日の特別セミナーで、現場の目線から2社の改革のポイントを掘り下げます。

働きかたNext プログラム

  • ■7月14日(火) 13:00~17:00

    働きかたNextシンポジウム
    ~その「常識」はもう通じない~

    【はじめに】13:00~13:10

    慶應義塾大学大学院特任教授 高橋 俊介氏

    【講演Ⅰ】13:10~13:55
    「古き労働慣行が日本をダメにする」

    カルビー株式会社 カルビー会長兼CEO 松本 晃氏

    【講演Ⅱ】13:55~14:40
    「心に訴える経営~SCSKの働き方改革~」

    SCSK株式会社 代表取締役会長 中井戸 信英氏

    【まとめ】14:40~14:50

    慶應義塾大学大学院特任教授 高橋 俊介氏

    【講演Ⅲ】14:50~15:30
    「安心から信頼へ~社会的知性を高める」(仮)

    一橋大学大学院ICS特任教授 山岸 俊男氏

    【パネルセッション】15:45~16:55
    「日本人の働きかたを変え、どう人材力を高めるか」

    慶應義塾大学大学院特任教授 高橋 俊介氏

    リクルートワークス研究所 Works編集長 石原 直子氏

    SCSK株式会社 執行役員 人事グループ 副グループ長兼
    人事グループ 人材開発部長 河辺 恵理氏

    【全体のまとめ】16:55~17:00

    慶應義塾大学大学院特任教授 高橋 俊介氏

    慶應義塾大学大学院特任教授 高橋 俊介氏

    1978年東京大学工学部卒業。日本国有鉄道を経て、84年プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー、ワトソンワイアットに勤務後、独立し、ピープルファクター・コンサルティングを設立。人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広く活躍。2000年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。11年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授。主な著書に『人が育つ会社をつくる[新版]―キャリア創造のマネジメント―』(日本経済新聞出版社)『人材マネジメント論(新版)』『キャリアショック』『21世紀のキャリア論』(以上、東洋経済新報社)『自分らしいキャリアのつくり方』『ホワイト企業』(以上、PHP研究所)等がある。

    カルビー株式会社 カルビー会長兼CEO 松本 晃氏

    1947年京都府生まれ。72年京都大学大学院農学研究科修士課程修了後、伊藤忠商事入社。86年に子会社であるセンチュリーメディカルに出向、取締役営業本部長を経て、93年にジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル(現ジョンソン・エンド・ジョンソン)に入社。代表取締役社長、最高顧問を歴任。2009年6月よりカルビー代表取締役会長兼CEO。国立大学法人東北大学病院臨床試験推進センター客員教授、米国医療機器・IVD工業会(AMDD)顧問、京都府東京経済人会会長、地方独立行政法人長崎市立病院機構副理事長なども務める。

    SCSK株式会社 代表取締役会長 中井戸 信英氏

    1971年大阪大学大学院工学研究科修士課程修了。71年4月住友商事入社。73年10月ドイツ住友商事会社。96年6月米国住友商事会社機械・プラント部門長。97年4月同社機電第一部門長、サンフランシスコ支店長。98年6月 住友商事取締役、情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長。02年4月同社代表取締役、常務取締役、情報産業事業部門長補佐、ネットワーク事業本部長。05年 4月同社代表取締役、副社長執行役員、コーポレート・コーディネーションオフィサー。09年6月住商情報システム(現SCSK) 代表取締役会長兼社長。11年10月SCSK 代表取締役社長。13年6月SCSK 代表取締役会長(現職)。15年3月SCSK 健康経営推進最高責任者(現職)。

    一橋大学大学院ICS特任教授 山岸 俊男氏

    1948年名古屋市生まれ。一橋大学社会学部卒業、同大学社会学研究科修士課程・博士課程修了。81年ワシントン大学社会学博士、北海道大学文学部助教授。85~88年ワシントン大学社会学部助教授。88~2011年北海道大学文学部助教授・教授を経て、大学院文学研究科教授。12年玉川大学脳科学研究所教授。13年東京大学進化認知科学研究センター特任教授。14年一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授。2000年フルブライト研究員(スタンフォード大学)。主な著書に編書『社会的ジレンマのしくみ』(サイエンス社)『信頼の構造』(東京大学出版会)『安心社会から信頼社会へ』(中央公論新社)『社会的ジレンマ』(PHP出版)『文化心理学(上・下)』(倍風館)など。

    リクルートワークス研究所 Works編集長 石原 直子氏

    都市銀行、人事コンサルティングファームを経て、2001年よりリクルートワークス研究所。企業における人材マネジメントの研究に従事し、13年「提案 女性リーダーをめぐる日本企業の宿題」発行にあたりプロジェクトリーダーを務め、14年には「ホワイトカラーの時短」研究プロジェクトでリーダーを務め、「時短マニュアル」三部作を作成した。15年4月より人事向け情報誌『Works』の編集長を務める。

    SCSK株式会社 執行役員 人事グループ 副グループ長兼
    人事グループ 人材開発部長 河辺 恵理氏

    1986年、住商コンピューターサービス(現SCSK)入社。流通業界、金融業界を中心とした大企業向けのシステム開発、営業、プロジェクトマネージャー、海外パッケージソフトの日本導入などを担当。ライン職を歴任。2006年4月より社内「女性活躍プロジェクト」へリーダーとして参画。13年4月より人事グループ人材開発部長として全社の人材育成を担当。14年4月、同社初の女性執行役員として人事グループ副グループ長(現職)。同社の目指す「働きやすいやりがいのある会社」づくりを担当する。ダイバーシティ・女性活躍、ワークライフバランス、人材開発・キャリア支援、健康経営、等の様々な施策を推進。

  • ■7月17日(金) 13:00~15:30

    働きかたNext特別セミナー
    ~「カルビー・SCSKに学ぶ全員参加型の改革」

    【講演Ⅰ】13:00~13:10
    「弁証法的働きかた改革のすすめ」

    社会人材学舎 塾長 野田稔氏

    【講演Ⅱ】13:10~13:55
    企業事例 SCSK様 「働きやすい、やりがいのある会社を目指して」

    SCSK 執行役員人事グループ副グループ長 兼人事グループ人材開発部長 河辺恵理氏

    【講演Ⅲ】13:55~14:40
    企業事例 カルビー様 「イノベーションを生み出すワークスタイル改革」

    カルビー 執行役員コーポレートコミュニケーション本部長 後藤綾子氏

    【休憩】14:40~14:50
    【総括パネルセッション】14:50~15:30

    社会人材学舎 塾長 野田稔氏

    SCSK 執行役員 人事グループ副グループ長 兼人事グループ人材開発部長 河辺恵理氏

    カルビー 執行役員 コーポレートコミュニケーション本部長 後藤綾子氏

    社会人材学舎 塾長 野田 稔氏

    1981年一橋大学商学部卒業、野村総合研究所入社。87年一橋大学大学院修士課程修了。野村総合研究所復帰後、経営戦略コンサルティング室長、経営コンサルティング一部部長を経て2001年3月退社。多摩大学経営情報学部教授、リクルート新規事業担当フェローを経て現職。主な著書に『組織論再入門』(ダイヤモンド社)『中堅崩壊』(ダイヤモンド社)『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『野田稔のリーダーになるための教科書』(宝島社)『あたたかい組織感情』(ソフトバンククリエイティブ)など。

    カルビー 執行役員コーポレートコミュニケーション本部 本部長 後藤 綾子氏

    1995年立教大学社会学部卒業、同年カルビー入社。広域販売部にて約7年営業職を務めた後、経営企画室・社長秘書に配属。トップの真の思いを社内に発信するため、社内イントラネットを立ち上げる。2007年、09年、社内プロジェクト「移転によるワークスタイル変革プロジェクト」等に参画。10年「ダイバーシティー委員会」の立ち上げから、2年にわたり委員長を務める。12年広報部部長、14年新設されたコーポレートコミュニケーション本部長。管轄は、広報部、お客様相談室等、食育等。様々なステークホルダーの皆様に向けて直接あるいは様々なメディアを通してコミュニケー本をする窓口の役割を果たす部門。

    SCSK 執行役員人事グループ副グループ長兼人事グループ人材開発部長 河辺 恵理氏

    1986年、住商コンピューターサービス(現SCSK)入社。流通業界、金融業界を中心とした大企業向けのシステム開発、営業、プロジェクト マネージャー、海外パッケージソフトの日本導入などを担当。ライン職を歴任。 2006年4月より社内「女性活躍プロジェクト」へリーダーとして参画。 13年4月より人事グループ 人材開発部長として全社の人材育成を担当。 14年4月、同社初の女性執行役員として人事グループ 副グループ長(現職)。 同社の目指す「働きやすい やりがいのある会社」づくりを担当する。 ダイバーシティ・女性活躍、ワークライフバランス、人材開発・キャリア支援、 健康経営、等の様々な施策を推進。

お申し込み

  • 【働きかたNext シンポジウム】
    会期:7/14(火)13:00~17:00
    会場:日経ホール (東京・大手町)
    主催:日本経済新聞社、日経BP社
  • 【働きかたNext特別セミナー】
    会期:7/17(金) 13:00~15:30
    会場:東京国際フォーラム(東京:有楽町)
    主催:日本経済新聞社、日経BP社
このページのトップへ