English

インバウンド・ジャパン 2017 会期:2017年7月19日(水)~21日(金)10:00~17:00 会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール 主催:日経BP社INBOUND JAPAN 2017

会期:7月19日(水)~21日(金) 会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール 主催:日経BP社

変化するインバウンドの流れを捉えて、市場の更なる活性化を促す

 2016年に入っても訪日外国人は順調に増えており、年間で2,000万人を超えるのは確実とみられています。それに伴い、インバウンド消費額も上期で前年同期比18.1%伸びています。

 こうしたインバウンド市場の順調な伸びのなかで、新しい傾向も出てきています。観光庁の4-6月期の発表によると、旅行者の費目別消費で、宿泊、飲食、交通、娯楽の各費用が前年に比べ増えた一方で、買物に充てる費用がマイナスに転じています。巷で言われている「爆買いが失速」が実際に数字で表れてきました。「モノ」だけでなく「どのような体験ができるか」が今まで以上に重要になってきました。

 2016年7月に弊社が開催した「インバウンド・ジャパン2016」で登壇した菅義偉内閣官房長官は、今後の施策として国立公園を体験・活用型の空間として変えていくことを表明しました。まさに体験価値を促す流れです。こうした動きは、都市部だけでなく、地方への経済波及も促進させます。また、インバウンドにおいては、来日時に消費するだけでなく、帰国後もにECを利用して日本の製品を購入する「旅アト」消費を拡大させることも重要です。

 こうした「ジャパン・エクスペリエンス」の価値を高め、インバウンドによる日本経済の活性化を支援するため、日経BP社では2016年に続き、2017年7月19日から21日までの3日間、「インバウンド・ジャパン2017」を開催します。ぜひ本イベントへの協賛/出展を検討いただきますようお願い申し上げます。

新着情報

2017.1.4
「“和”の空間演出」パビリオンの企画ご案内を掲載しました。
2016.11.1
インバウンド・ジャパン2016 開催の模様はこちらからご覧いただけます。
2016.10.14
10/26(水)にインバウンド・ジャパン2017の開催発表会を実施します。
詳細情報・事前登録はこちらから
気になる今後のインバウンドマーケットについてJTB総合研究所の黒須宏志氏による解説、日経コンピュータ副編集長によるインバウンド産業に活用されるデジタル技術の動向などの講演も予定しています。

開催概要

名 称 インバウンド・ジャパン 2017(INBOUND JAPAN 2017)
会 期 2017年7月19日(水)~21日(金)10:00~17:00
会 場 東京ビッグサイト 西3・4ホール
主 催 日経BP社
協 力 日本経済新聞社(予定)、テレビ東京(予定)
入場料 3,000円(税込) ※事前登録の場合は無料
来場者数 18,000人(予定)

ご出展にあたってのスケジュール

出展申込締切 2017年4月21日(金)
出展社説明会 2017年5月下旬予定

出展対象製品・サービス

マーケティング
● デジタル・マーケティング
● グローバル・マーケティング
● 映像制作サービス
● インバウンド施策支援サービス
● 地域ブランド・コンサルティング
● 医療、食等のテーマ・ツーリズム企画支援
● SNS活用支援サービス
● 外国人向け観光案内メディアなど
ICT
● 無線LAN(Wi-Fi)関連機器/構築サービス
● デジタルサイネージ
● 地図情報ソフト/システム
● 監視カメラ等防犯機器/システム
● SIMカードレンタル
● システム・インテグレーター
● ITコンサルティングなど
サービス
● 電子決済サービス
● 免税サービス・システム
● 金融・保険
● レンタサイクル・サービス
● ハラル関連サービス
● 航空、鉄道、船舶、バス、タクシーなど旅客運輸業
● 各種シェアサービス
● 食材、飲料、土産物
● 旅行会社など
ランゲージ
● 翻訳システム/ソフト
● 多言語対応コールセンター
● 多言語対応webサイト制作
● サービスロボット
● グローバル人材紹介・派遣サービス
● 語学教育など
インフラ/建物
●商業施設、宿泊施設、公共・観光施設、
  交通施設などのインフラや
  街づくりに関するすべての
  建材、設備、工法、各種サービス
●設計事務所、建設会社、
 不動産、建設コンサルタントなど
越境EC
● ECコンサルティング
● webサイト制作
● O2Oソリューション
● 受注・在庫管理システム
● CRMシステム
● ネットワークインフラ
● ECモール
● 課金・決済サービス
● 各種EC関連サービス
● 物流システム・サービス
● 各種EC対応サービス

来場対象者

訪日外国人を迎えて、事業展開する立場
《業種》
商業施設(小売、飲食、レジャー施設)、宿泊施設(ホテル、旅館)、交通事業者(航空、鉄道、バス)、 観光地、観光施設
《職種》
経営者、企画・運営、マーケティング、情報システム部門
場を企画し、つくる立場
《業種》
ディベロッパー、設計事務所、建設会社
《職種》
経営者、設計/施工、店舗デザイナー、プランナー、マーケティング など
観光客誘致を推進する立場
《業種》
自治体、官公庁、業界団体、商工会
《職種》
観光課、インバウンド誘致担当
外国人向けに販売増を図ろうとする立場
《業種》
製造業( 食品、医薬品、化粧品、生活用品、家電ほか)、商社・卸売業、通信販売
《職種》
経営者、販売企画、商品企画、海外マーケティング、物流 など

図:出展対象製品・サービス 来場対象者

お問い合わせ

出展に関するお問い合わせ

日経BP社 インバウンド・ジャパン事務局

inbound@nikkeibp.co.jp

展示会の来場登録、入場に関するお問い合わせ

展示会の来場事前登録(無料)は、2017年6月上旬開始予定です。

展示会来場登録、入場に関するお問い合わせはこちら

PageTop