CLOSE

イノベーション・ジャパン2010 - 大学見本市

併催セミナー

特別協賛セミナー 主催:野村証券

ベンチャー支援セミナー 会場:ガラス棟G409号室

大学発ベンチャーは、大学の知的財産を元に起業されることが多いと思います。しかし、事業化には技術と異なる観点が必要です。本年のベンチャー支援セミナーでは、事業モデルや資本政策を含めて、(技術以外の)起業時に知っておきたいことについて説明致します。技術系ベンチャーの起業を目指す方、起業後間もないベンチャー企業の方、起業/ベンチャー企業を支援される方のご参加をお待ちしております。

H1 9/29(水) 13:30〜15:10    会場:ガラス棟G409号室 終了しました
特別講座:「中小企業の新規事業開発」

特別講座として、タカノ株式会社の事例を紹介致します。タカノは、東証一部上場企業ですが、かつては下請けでした。大学の知的財産を活用して多数の新規事業を立ち上げ、下請けを脱却、飛躍に成功しました。セミナー前半は講義、後半は質疑応答を予定しています。

講師略歴

image

堀井 朝運(ほりい あさかず)
タカノ株式会社 相談役

1957年 明治大学卒業後、タカノ株式会社入社
1988年 タカノ株式会社社長に就任
1998年 タカノ株式会社会長に就任
2000年 タカノ株式会社相談役に就任
2002年 早稲田大学大学院卒業(MBA取得)

現在、八十二銀行監査役、日本政策投資銀行技術アドバイザー、明治大学理工学部特別招聘教授を務める。

▲ このページのTOPへ

H2 9/30(木) 10:30〜12:40    会場:ガラス棟G409号室 終了しました
「大学発ベンチャーの起業と注意点」 10:30〜11:30

知財管理や市場など、技術以外で起業時に注意すべきことは多数あります。どのような注意が必要かを、総論的に、事例も交えて説明します。

講師略歴

image

菅原 岳人(すがわら たけと)
東京大学産学連携本部事業化推進部 助教

2002年 東京大学経済学部経営学科 卒業
2004年 東京大学大学院経済学研究科 企業・市場専攻修士課程 修了
2004年〜
2009年
アイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス株式会社(現日本IBM) コンサルタント
2009年 東京大学産学連携本部事業化推進部 助教 東京大学アントレプレナープラザ インキュベーション・マネージャー

その他、東京大学「知的資産経営総括寄付講座」 兼担助教(2009年度〜)。 研究分野は、経営組織論、ベンチャー企業論、ビジネスインキュベーション。

「ビジネスモデルの考え方」 11:40〜12:40

起業する際、技術を元にする場合でも、どのような事業モデルにするかは、きわめて重要なポイントです。ビジネスモデルの考え方を説明します。

講師略歴

image

紀 信邦(きの のぶくに)
日本エンジェルズ・フォーラム 理事

1977年 京都大学理学部 卒業
1977年 三菱総合研究所 入所
1981年 UNIX専業ソフトウェア会社アイザックを設立(当時シニック)
1983年 論理型言語K-Prologを商品化
2000年 株式会社アイザックを売却
2000年 日本エンジェルズ・フォーラムの設立に参画
2002年 未踏ソフトウエア創造事業プロジェクトマネージャー(〜2003年)

現在、日本エンジェルズ・フォーラム理事、株式会社ケイエルエス研究所代表取締役、 株式会社ゆめみ取締役、株式会社Weblio(ウェブリオ)取締役、日本ソフトウエア科学会理事、東京農工大学客員教授。

▲ このページのTOPへ

H3 10/1(金) 10:30〜12:40    会場:ガラス棟G409号室 終了しました
「ベンチャー企業向け融資制度」 10:30〜11:30

ベンチャー企業の資金調達方法は、公的助成金の獲得やベンチャーキャピタルの出資だけではありません。ベンチャー企業が利用できる日本政策金融公庫の融資制度をご紹介します。

講師略歴

image

浅沼 靖司(あさぬま せいじ)
日本政策金融公庫 国民生活事業本部 創業支援部
創業貸付推進グループ グループリーダー

1989年 国民金融公庫(現・日本政策金融公庫国民生活事業)仙台支店に入庫 以降、担当者として数多くの創業支援に携わる。
1996年 中小企業診断士 資格取得

現在は国民生活事業本部の創業支援部貸付推進グループに所属し、創業を予定しているお客さまのニーズに応えられるよう、企画等の業務に従事している。

「資本政策の成功と失敗」 11:40〜12:40

株主構成など、資本政策は、あとから直そうとすると多大な労力と時間を必要とすることがあります。起業時から頭に入れておけば、余計な苦労を省けることになります。事例も交えて説明します。

講師略歴

image

蟹江 康夫(かにえ やすお)
野村證券 法人開発部 上場サポート課 次長

1977年 長崎大学経済学部貿易学科卒業
1977年 野村證券株式会社入社
1983年 大阪支店引受部(現、大阪公開引受部)

1983年以来、一貫してIPO関連の部署に在籍し、2002年には経済産業省新規事業創出小委員会委員、同年11月からは東京大学産学連携推進本部の共同研究員も務めた。2009年12月から法人開発部上場サポート課に在籍。

▲ このページのTOPへ

GREEN FLOAT 特別企画 共催:野村證券、清水建設、スーパー連携大学院協議会

G1 9/30(木) 11:00〜16:30 会場:D7ホール 終了しました
シンポジウム

・・・グリーンフロート構想は赤道直下に直径3000m、高さ1000mの人工アイランドを建設し5万人が居住するというものです。この構想の実現に向け、必要となる技術を考察し、実用化に向けた研究を産学連携で進めます。会場でその完成予想模型を展示し、特別企画として、9/30、10/1の両日、グリーンフロート構想の全体像を明らかにするシンポジウムと、必要とされる研究課題についてのベンチャー企業や研究者によるワークショップを開催する予定です。

※キーワード
◎2025年に赤道直下に浮かべる環境アイランド ◎地球環境時代の「新しい豊かさ」 ◎高さ1000メートル、直径3000メートルの植物質な人口島 ◎カーボン・マイナス、食糧自給、廃棄物ゼロ ◎赤道直下の快適環境(都市空間):空中都市、海上都市 ◎太平洋ゴミ大陸の浄化、台風発生モニタリング

image

【第1部】11:00〜12:30

・主催者挨拶
(11:00〜11:10)
清水建設:専務執行役員 東條 洋氏
野村證券:常務執行役員 沓掛 英二氏
・来賓挨拶
(11:10〜11:50)
文部科学省 研究振興局 審議官 戸渡 速志氏
経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進課長 進藤 秀夫氏
・基調講演
(11:50〜12:30)
「世界の水産資源と海洋開発」:東京海洋大学副学長 竹内 俊郎氏

image

東京海洋大学副学長
竹内 俊郎氏

【第2部】13:00〜16:30

・主催者挨拶
(13:00〜13:15)
スーパー連携大学院協議会長 梶谷 誠氏(電気通信大学長)
・グリーンフロートについて
(13:15〜14:00)
清水建設 環境・技術ソリューション本部 主査 竹内 真幸氏
・パネルディスカッション
(14:00〜16:00)
オープニングプレゼンテーション
「宇宙植物工場が示唆するもの」:大阪府立大学 教授 北宅 善昭氏

◇モデレーター
常本 秀幸氏(一般社団法人 コラボ産学官 代表理事)

◇パネリスト
北宅 善昭氏(大阪府立大学)
鈴村 昌弘氏:海洋開発について(産総研 主任研究員)
竹内 真幸氏:グリーンフロート構想(清水建設 主査)
平尾 敏氏:未来社会について(野村證券 法人企画部)

▲ このページのTOPへ

G2 10/1(金)13:30〜16:30 会場:ガラス棟G409号室 終了しました
ワークショップ

【第1部】13:30〜15:00

  • ベンチャー企業による事業発表
  • (1)スパイバー 代表取締役社長 関山 和秀氏/次世代バイオ素材
  • (2)ジャイロダイナミクス 取締役副社長 神吉 博氏/波力発電
  • (3)E&E 執行役員 平田 泰昌氏/風力発電システム
  • (4)HYPER DRIVE 代表取締役 米村 修治氏/波力発電

【第2部】15:00〜16:30

  • 研究機関による研究者発表
  • (1)海洋深層水が作る純粋アオノリの栽培システム/高知大学 准教授 平岡 雅規氏
  • (2)KUMADAI マグネシウム合金で世界が変わる/ 熊本大学 教授 河村 能人氏
  • (3)グリーンフロートにおける有機材料による省エネから創エネについて/ 山形大学 教授 高橋 辰宏氏
  • (4)熱帯アフリカ、ガーナのサバンナ稲作における雑草種の特徴/ 秋田県立大学 教授 森田 弘彦氏

▲ このページのTOPへ