展示会一覧

イノベーションを加速するIoTの最新技術が集結 IoT Japan 2015 会期:9月30日(水)~10月2日(金) 会場:東京ビッグサイト(東4-6ホール) 主催:日経BP社イノベーションを加速するIoTの最新技術が集結 IoT Japan 2015 会期:9月30日(水)~10月2日(金) 会場:東京ビッグサイト(東4-6ホール) 主催:日経BP社

IoTの世界は異種格闘技戦~この先に新たなデータ活用がある~

日経BPイノベーションICT研究所 主任研究員

井上 健太郎

 IoT(モノのインターネット)の分野では、どの会社がリーダーなのか、プライマリーなのか、まだ混沌としています。大手ITベンダーでさえ今は1プレーヤーにすぎません。家電、重電、ロボット、輸送機器、センサー、スマートデバイス、通信、データ分析技術など、異なる得意技を持ち寄り、連携していく必要があります。裏返せばそれは、すべての市場参加者にとってチャンスがある舞台だということです。

 また、IoTというカテゴリーは、技術力を競う要素ももちろんありますが、経済合理性のある活用手法や標準化の知恵を競うカテゴリーでもあります。特にこれからのものづくりは、こうした知恵が不可欠になるでしょう。海外に目を向ければドイツ政府は技術政策「インダストリー4.0」を推進し、米GEはクラウドサービスを軸とするプラットフォーム「Predix」をデファクト化しようと図っています。

 日本の足元を見れば、製造業の国際競争力向上だけでなく、電気料金の高騰、医療費の膨張、公共施設の老朽化、農業の効率化、自然災害対策など、数多くの課題を抱えていますが、その対応/解決策もIoTに求められています。物や人の動きを示すデータをどう効率的に入手し、どうデータ活用していくのか。今後のIoTの方向性や関係者のビジョンを共有する場として、日経BP社は、2015年秋に「IoT Japan 2015」を開催します。

開催概要

名 称 IoT Japan 2015
会 期 2015年9月30日(水)~10月2日(金)
会 場 東京ビッグサイト 東4-6ホール
主 催 日経BP社
入場料 3,000円(消費税込、招待者・事前登録者は無料)
目標来場者数 6万人(予定) ※同時開催展含む
出展規模 350社/800小間(予定)

出展にあたってのスケジュール

申し込み締切日 2015年6月19日(金)
※空き枠がある限りお申し込みを受け付けます。事務局までお問い合わせください。
出展社説明会 2015年7月13日(月)

出展対象製品

IoT / M2Mシステム、プラットフォーム、アプリケーション、サービス
無線通信技術、無線モジュール
センサネットワーク技術
IoT 関連クラウドソリューション、サポートサービス
ビッグデータ活用
各種セキュリティシステム・サービス
産業用IoT / M2Mソリューション、AR
産業用ネットワーク関連製品
測定器、測定技術、シミュレータ
制御システム関連製品
コンサルティング
関連ソフトウェア

来場対象者

IoT導入・運用のソリューション&システム開発担当者
IoT関連技術サプライヤ
IoT活用のためのアプリケーション開発担当者
製造業、セットメーカーの組み込みエンジニア、計測・制御エンジニア
工場、交通、物流、流通等のIoTシステムの企業ユーザー
経営者・役員、情報システム部門、システム企画部門、ネットワーク企画部門、研究・開発・設計部門、企画・営業・マーケティング部門

お問い合わせ

出展に関するお問い合わせ

日経BP社 ITイベント事務局

itevents@nikkeibp.co.jp

展示会の登録、入場に関するお問い合わせ

展示会の事前登録(無料)、その他お問い合わせは、
ご来場者向け公式サイトからお願いします。

ご来場者向け公式サイトは こちら

PageTop