プログラム

各講演の資料のダウンロードサービスは9月27日(金)をもって終了しました。

7/23(火)講演プログラム

10:00

10:40

K11Keynote

SNS時代の経営は3要素+1

良品計画 代表取締役社長
金井 政明

10:50

11:40

協賛同時通訳

K12Keynote

Enterprise Digital Innovation
~ デジタルを企業変革に結びつける包括的な取り組み ~

Deloitte Consulting Australia Deloitte Digital リードパートナー
Frank Farrall

デロイト トーマツ コンサルティング テクノロジー アドバイザリー グループ パートナー
井島 裕昭

11:50

12:40

協賛

K13Keynote

ビッグデータの中にいる、未来のお客さまに会いに行きましょう。
~SmartBusinessGateway~

日立システムズ
常務執行役員
抜井 一成

専門セッションテーマ

O2O 経営とマーケティング ソーシャル ソーシャルテレビ マーケティングプラットフォーム メーカーEC

午後 トラックA トラックB トラックC トラックD
13:30

14:20

A11

 

GRAND KIRINの商品開発とマーケティング・コミュニケーション

キリンビール
マーケティング部商品開発研究所
新商品開発グループ
山口 洋平 氏

B11 

 

チキンラーメン55周年のソーシャルメディア戦略

日清食品
マーケティング部第3グループ
マネージャー
三宅 隆介 氏

C11

“直販サイト”こそ最強の顧客接点
リンナイがソーシャルメディアを使わないワケ

リンナイ
eビジネス推進室 室長
福本 啓史 氏

D11

協賛

経営におけるデジタルマーケティングのインパクトと実行課題

シグマクシス
戦略コンサルティング マネージャー
安藤 望 氏

協賛:日立システムズ

14:30

15:20

A12

協賛

O2Oに未来はあるか。目的達成のためのO2Oを超えた新しい施策とは

日本写真印刷
情報コミュニケーション事業部
新規ソリューショングループ
チーフディレクター
岡部 謙介 氏

B12

 

TVxTwitter
-TVとTwitterの関係-

Twitter Japan
パートナーシップディレクター
牧野 友衛 氏

C12

 

次世代型広告プラットフォームの活用

ネクスト
HOME'S事業本部マーケティング部
デジタルマーケティングユニット長
渡邉 雄三 氏

D12

協賛

位置情報と商品情報のデジタル化が解決の手助けをするオムニチャネルマーケティング

オプト
執行役員
メディア開発・アドテクノロジー・データベース担当
八田 浩 氏

協賛:日立システムズ

15:30

16:20

A13

協賛

次世代O2Oマーケティング
活用方法と最新事例

アイリッジ
代表取締役社長
小田 健太郎 氏

B13

 

<パネルディスカッション>

ソーシャルテレビ最前線──真のユーザーファーストとは


エイベックス・エンタテインメント
S.M.クリウィティヴ室 宣伝販促部長
池田 達也 氏

日本テレビ 編成局メディアデザインセンター メディアマネジメント部
安藤 聖泰 氏

バスキュール
代表取締役
朴 正義 氏

モデレータ:
ヤフー
マーケティングイノベーション室
室長
友澤 大輔 氏

(17:00 終了予定)

C13

 

<クチコミサイトパネル>

@cosme、クックパッド、食べログが語る消費者に支持されるサイト運営の極意

アイスタイル
代表取締役社長 兼 CEO
吉松 徹郎 氏

クックパッド
執行役 CTO
橋本 健太 氏

カカクコム
取締役 食べログ・新規事業担当
村上 敦浩 氏

モデレータ:
法政大学 経営学部 教授
西川 英彦 氏

(17:00 終了予定)

D13

協賛

セブン&アイグループのオムニチャネル構想、その課題は

セブンネットショッピング
執行役員メディアビジネス本部 本部長
原田 良治 氏

日立システムズ
産業・流通事業グループ スマートビジネス推進本部 本部長
齋藤 尚樹 氏

協賛:日立システムズ

16:30

17:20

A14

 

ユナイテッドアローズのネット通販・店舗連動の取り組みと課題

ユナイテッドアローズ
事業支援本部 デジタルマーケティング部 部長
相川 慎太郎 氏

D14

 

デジタルが可能にするブランディングコミュニケーション - シングルソースパネルを絡めた広告プランニング -

グーグル
マーケットインサイト リサーチマネージャー
巳野 聡央 氏

日本航空
Web販売部 Web/コールセンター企画グループ
マネジャー
関口 和生 氏

ビーコンコミュニケーションズ
インタラクティブ クリエイティブディレクター
柿並 俊介 氏

17:30

19:30

ソーシャルテレビ・アワード + ネットワーキングパーティ

※3日券、7/23(火)の受講券をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
詳細はイベントページをご参照ください。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※受講券についてはこちらをご参照ください。
「無料」マークがついているセッションは協賛セッション受講券でご受講いただけます。

Keynote10:00 ~ 10:40

K11

SNS時代の経営は3要素+1

金井 政明 氏

良品計画
代表取締役社長
金井 政明

講師略歴
1957年生まれ。西友ストア(現合同会社西友)を経て1993年良品計画入社。生活雑貨部長として長い間、売上の柱となる生活雑貨を牽引し良品計画の成長を支える。2008年2月代表取締役社長に就任、現在に至る。2009年9月には株式会社イデー代表取締役社長に就任。良品計画グループ全体の企業価値向上に取り組む。

1980年にスタートした「無印良品」は現在約7500アイテムを展開しています。“感じ良いくらしをリーズナブルに”を掲げ、顧客とのコミュニケーションを重要視している良品計画の企業理念、ビジョンとともに、ネットストアと実店舗をつなげるSNSを活用したブランド戦略等をご紹介します。

Keynote10:50 ~ 11:40

K12

協賛同時通訳

Enterprise Digital Innovation ~ デジタルを企業変革に結びつける包括的な取り組み

Frank Farrall 氏

Deloitte Consulting Australia
Deloitte Digital リードパートナー
Frank Farrall

講師略歴
米国リプスコム大学卒業。クレムゾン大学にてMBA取得。
KPMG、Sprint等においてeコマースやブロードバンド関連のプロジェクトを牽引した後、1990年代後半からDeloitteに参画。情報技術の専門家として、オーストラリア、アジア、USにおいて、テレコム業界、金融業界、政府系組織のクライアントを中心に、モバイルアプリケーション、ソーシャルメディア、デジタルコンテンツマネジメント領域に関する革新的なビジネスソリューションを提供している。

井島 裕昭 氏

デロイト トーマツ コンサルティング
テクノロジー アドバイザリー グループ パートナー
井島 裕昭

講師略歴
日本IBMにてシステムエンジニア、QADジャパンにてマーケティングを担当し、2002年にデロイト トーマツ コンサルティングに入社。CIOに対するアドバイザリーサービスに従事し、IT戦略立案・ITガバナンス構築・システム統合計画策定や、グローバルITプロジェクトのPMOなどを手掛ける。
日本におけるDeloitte Digital事業責任者として、モバイルアプリ開発やウェブマーケティングの専門家チームを率い、クライアントのデジタル利活用を推進している。

社会におけるデジタルリテラシーはこれまでになく高まっています。企業はこの環境へ戦略的に適合しデジタル技術を有効に活用することで、企業活動のあらゆる場面でイノベーションを起こすことが可能です。その実現には組織の枠を超えるとともに、また技術論のみならず制度・プロセス・ガバナンスや意識改革といった観点での包括的な取り組みが必要です。 本講演ではグローバル企業の先進事例を紹介し、こうした包括的な取り組みを推進するための勘所を示唆します。

Keynote11:50 ~ 12:40

K13

協賛

ビッグデータの中にいる、未来のお客さまに会いに行きましょう。
~SmartBusinessGateway~

抜井 一成 氏

日立システムズ
常務執行役員
抜井 一成

講師略歴
1977年日本ビジネスコンサルタント入社(現 日立システムズ)。流通業をはじめとする企業向けシステムの営業を担当。 その後、グループ会社の九州日立情報システムズ(現 九州日立システムズ)代表取締役社長、 日立システムズの営業統括本部長を経て、2011年に執行役員、2012年に常務執行役員就任。 現在は産業・流通業向け事業を束ねるグループ長として、国内からアジアまで幅広い地域・事業を管掌する。

異業種の企業が持つ独自データやソーシャルメディア上のデータを組み合わせて分析することで、市場の潜在ニーズや、営業戦略・商品開発のヒントを見いだす──。こうして新たな製品・サービスの創出、事業拡大を進める手法「オープンイノベーション」が注目されています。その成功のカギはどこにあるのか。幅広い業種の連携を支援してきた日立システムズのオープンイノベーションサービス「SmartBusinessGateway」のご紹介を通じて、成功のためのヒントをご提案します。

13:30 ~ 14:20

 

A11O2O

GRAND KIRINの商品開発と
マーケティング・コミュニケーション

山口 洋平 氏

キリンビール
マーケティング部商品開発研究所
新商品開発グループ
山口 洋平

2012年6月にセブン-イレブンで先行発売し、好評を得ているスペシャリティ・プレミアムビール「GRAND KIRIN」はどのように商品開発したのか、 WEBを中心に実施した戦略PR、SNSと店頭を連携した新しいプロモーション施策についてご紹介します。

 

B11ソーシャル

チキンラーメン55周年のソーシャルメディア戦略

三宅 隆介

日清食品
マーケティング部第3グループ
マネージャー
三宅 隆介

今年で発売55周年を迎えるチキンラーメンが取り組む、ソーシャルメディアを活用した生活者と共に周年施策を盛り上げる為のプランニングについてご紹介します。

 

C11メーカーEC

“直販サイト”こそ最強の顧客接点
リンナイがソーシャルメディアを使わないワケ

福本 啓史 氏

リンナイ
eビジネス推進室
室長
福本 啓史

多くのメーカーが悩む”直販サイト”の展開。リンナイでは”直販サイト”を活用し、顧客と直接つながることで、従来は難しかった顧客の声をリアルタイムに得る場を構築しています。その中では、消費者調査だけでは分からないリアルな顧客像を得ることや、体験を通して顧客に対し気づきや感動を提供することで新たな市場の発掘につなげています。”直販サイト”という顧客と直接対話できる場を活用したマーケティングとブランディングから、最新の取り組み事例をご紹介します。

協賛

D11経営とマーケティング

経営におけるデジタルマーケティングのインパクトと実行課題

安藤 望 氏

シグマクシス
戦略コンサルティング マネージャー
安藤 望

協賛:日立システムズ

消費者の変化とICTの進化を背景としてマーケティングのデジタル化が本格化する一方で、変化スピードの速さを一因としてマネジメント現場の認識ギャップは拡大する傾向にあります。また、経営に対する本質的なインパクトや対応すべき課題に関する議論が尽くされぬまま、販促・プロモーションの高度化という従来の狭義のマーケティングにおけるコンテクストでの取り組みに終始しているケースも散見されます。
本セッションでは、経営の視点からデジタルマーケティングを再考した上で、本質的な価値を創出するための実行課題(戦略との整合性、組織・業務プロセスの再設計、ITインフラ、データ活用方針、アグリゲーション)と検討の方向性、成功要因についてコンサルティングの現場で直面する企業の実情も交えて概説します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

14:30 ~ 15:20

協賛

A12 O2O

O2Oに未来はあるか。目的達成のためのO2Oを超えた新しい施策とは

岡部 謙介 氏

日本写真印刷
情報コミュニケーション事業部
新規ソリューショングループ
チーフディレクター
岡部 謙介

スマートフォンやソーシャルメディアの急速な発達を受けて、オンラインとオフラインをつなぐ施策(O2O)が注目を集めています。しかしながら、「O2O」という言葉が「万能な魔法」のように独り歩きしているようです。
今回の講演では、先進事例の多いアメリカにおけるO2Oの事例や現状についてご紹介します。それぞれのO2Oサービスが持つ課題を明らかにしながら、今後予想される次世代の潮流についてお話しします。

 

B12ソーシャルテレビ

TVxTwitter -TVとTwitterの関係-

牧野 友衛 氏

Twitter Japan
パートナーシップディレクター
牧野 友衛

テレビ番組の内容に関してリアルタイムで盛んに会話が行われているTwitter。Twitterのデータはテレビ番組の反響を新たな角度で測定する指標として現在世界中で注目を集めています。2月にTwitterが買収したソーシャルテレビ分析を手がけるBluefin Labsとの今後の取り組みや、今年秋からリーチ指標提供を開始するNielsen Twitter TV Ratingsにより、TVとTwitterの関係がどのように明らかになるのかをご紹介します。

 

C12マーケティングプラットフォーム

次世代型広告プラットフォームの活用

渡邉 雄三 氏

ネクスト
HOME'S事業本部マーケティング部
デジタルマーケティングユニット長
渡邉 雄三

ユーザの興味・関心のある情報を解析し、狙ったユーザ層に対してピンポイントに広告を配信できる新しいタイプの広告商品であるHOME’Sの次世代型広告プラットフォームの紹介と採用に至った経緯や活用事例・今後の展望についての講演。ポータル・メディア事業を運営するにあたり、そのアイデアを実際のプロジェクトを例にご紹介。

協賛

D12O2O

位置情報と商品情報のデジタル化が解決の手助けをするオムニチャネルマーケティング

八田 浩 氏

オプト
執行役員
メディア開発・アドテクノロジー・データベース担当
八田 浩

協賛:日立システムズ

生活者はもはやオンラインとオフラインを区別していません。自由に店舗とウェブサイトやアプリを行き来して、商品の比較や想像をして欲しいものを手に入れています。生活者との接点は複雑化し、オムニチャネルマーケティングの概念が生まれました。これからはオンラインもオフラインも商品情報をデジタルに管理し、1to1コミュニケーションを行わなければなりません。位置情報と商品データベースのデジタル化により解決する方法をご紹介します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

15:30 ~ 16:20

 

協賛

A13O2O

次世代O2Oマーケティング 活用方法と最新事例

小田 健太郎 氏

アイリッジ
代表取締役社長
小田 健太郎

スマートフォン全盛期の今、メディアとデバイスの各特徴を最大限に活かしたO2Oマーケティング施策が必要とされています。お客様との最適なコミュニケーションにより、効果の出るO2Oを実現するためのO2Oマーケティングの活用方法および最新事例について、O2Oソリューション先駆者のアイリッジがご紹介いたします。

 

B13 前半ソーシャルテレビ

(17:00 終了予定)

ソーシャルテレビ最前線──真のユーザーファーストとは

池田 達也 氏

エイベックス・エンタテインメント
S.M.クリウィティヴ室 宣伝販促部長
池田 達也

安藤 聖泰 氏

日本テレビ
編成局メディアデザインセンター
メディアマネジメント部
安藤 聖泰

河尻 亨一

バスキュール
代表取締役
朴 正義

友澤 大輔 氏

モデレーター
ヤフー
マーケティングイノベーション室
室長
友澤 大輔

テレビとスマートフォンの間で繰り広げられる“視線争奪戦”。その時代にメディア企業はどう生き抜こうとしているのか、広告主は新たなメディア環境をどう活用すればいいのか…。そのキーワードとなるのが「ユーザーファースト」です。ソーシャルメディアを活用したテレビ番組の企画や番組参加システムの構築、マーケティング活用などに取り組むキーパーソンが、新たなメディアの在り方と活用の可能性を議論します。

 

C13 前半ソーシャル

(17:00 終了予定)

@cosme、クックパッド、食べログが語る消費者に支持される
サイト運営の極意

吉松 徹郎 氏

アイスタイル
代表取締役社長 兼 CEO
吉松 徹郎

橋本 健太 氏

クックパッド
執行役 CTO
橋本 健太

村上 敦浩 氏

カカクコム
取締役 食べログ・新規事業担当
村上 敦浩

西川 英彦 氏

モデレータ
法政大学 経営学部 教授
西川 英彦

Facebook、LINEといったソーシャルメディア全盛時代となっても、ユーザーの強い支持を集め、消費行動に強い影響を与えているのが各分野に特化したクチコミサイトです。その強さの根底にはどんな理念があるのか、何をKPIに設定して盛り上がりを維持・向上させているのか、大量のクチコミデータをどう活用しているのか、中立性が求められるサイトで広告主企業と消費者をどう結びつけるのか…、企業のマーケティングやオウンドメディア運営の責任者、担当者が学ぶべき点は多数あるでしょう。各企業のサイト運営責任者による議論を通じて、消費者が主導する最先端メディアの運営理念や手法を学びます。

協賛

D13O2O

セブン&アイグループのオムニチャネル構想、その課題は

セブンネットショッピング
執行役員メディアビジネス本部 本部長
原田 良治

齋藤 尚樹 氏

日立システムズ
産業・流通事業グループ スマートビジネス推進本部 本部長
齋藤 尚樹

協賛:日立システムズ

消費市場を急速に浸食するネット通販事業者に、既存流通がいかに対抗するか…。リアル店舗や通販サイト、ソーシャルメディアといった顧客接点を統合し、どのチャネルでも同様な顧客体験を提供して相乗効果を高めようという「オムニチャネル」が、その対抗策として注目を集めています。これを顧客視点で見ると「どんなシーンでも快適に買い物ができること」と言えるでしょう。しかし実現は簡単ではありません。本セッションでは、セブン&アイ・ホールディングスグループのネット活用推進役を担うセブンネットショッピングがオムニチャネル構想を披露し、実現に向けた課題に対してITがどう貢献できるのかを議論していきます。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

16:30 ~ 17:20

 

A14O2O

ユナイテッドアローズネット通販
店舗連動の取り組みと課題

相川 慎太郎 氏

ユナイテッドアローズ
事業支援本部 デジタルマーケティング部
部長
相川 慎太郎

直営サイト「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」での取り組みを中心に、EC事業における店舗連動の具体的な事例紹介と、今後のEC事業における取り組みの目標、課題をご紹介します。

 

B13 後半ソーシャルテレビ

(17:00 終了予定)

ソーシャルテレビ最前線──真のユーザーファーストとは

池田 達也 氏

エイベックス・エンタテインメント
S.M.クリウィティヴ室 宣伝販促部長
池田 達也

安藤 聖泰 氏

日本テレビ
編成局メディアデザインセンター
メディアマネジメント部
安藤 聖泰

河尻 亨一

バスキュール
代表取締役
朴 正義

友澤 大輔 氏

モデレーター
ヤフー
マーケティングイノベーション室
室長
友澤 大輔

テレビとスマートフォンの間で繰り広げられる“視線争奪戦”。その時代にメディア企業はどう生き抜こうとしているのか、広告主は新たなメディア環境をどう活用すればいいのか…。そのキーワードとなるのが「ユーザーファースト」です。ソーシャルメディアを活用したテレビ番組の企画や番組参加システムの構築、マーケティング活用などに取り組むキーパーソンが、新たなメディアの在り方と活用の可能性を議論します。

 

C13 後半ソーシャル

(17:00 終了予定)

@cosme、クックパッド、食べログが語る消費者に支持される
サイト運営の極意

吉松 徹郎 氏

アイスタイル
代表取締役社長 兼 CEO
吉松 徹郎

橋本 健太 氏

クックパッド
執行役 CTO
橋本 健太

村上 敦浩 氏

カカクコム
取締役 食べログ・新規事業担当
村上 敦浩

西川 英彦 氏

モデレータ
法政大学 経営学部 教授
西川 英彦

Facebook、LINEといったソーシャルメディア全盛時代となっても、ユーザーの強い支持を集め、消費行動に強い影響を与えているのが各分野に特化したクチコミサイトです。その強さの根底にはどんな理念があるのか、何をKPIに設定して盛り上がりを維持・向上させているのか、大量のクチコミデータをどう活用しているのか、中立性が求められるサイトで広告主企業と消費者をどう結びつけるのか…、企業のマーケティングやオウンドメディア運営の責任者、担当者が学ぶべき点は多数あるでしょう。各企業のサイト運営責任者による議論を通じて、消費者が主導する最先端メディアの運営理念や手法を学びます。

 

D14リッチメディア

デジタルが可能にするブランディングコミュニケーション
- シングルソースパネルを絡めた広告プランニング -

巳野 聡央 氏

グーグル
マーケットインサイト リサーチマネージャー
巳野 聡央

関口 和生 氏

日本航空
Web販売部 Web/コールセンター企画グループ マネジャー
関口 和生

柿並 俊介 氏

ビーコンコミュニケーションズ
インタラクティブ クリエイティブディレクター
柿並 俊介

オンライン広告でブランディングはできるか?という疑問は、業種に関わらず、企業のマーケティング担当者にとって、非常に関心の高いテーマです。本セッションでは、Google のオンライン広告をブランディングにどう活用できるか、日本航空株式会社のキャンペーンを事例としてご紹介します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

7/24(水)講演プログラム

10:00

10:40

同時通訳

K21-1Keynote

既に手元にあるデータからビジネス・チャンスをつかむ

オグルヴィ・ワン・ニューヨーク
マネージング・ディレクター
ディミトリ・マークス

『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ』著者

10:40

11:20

同時通訳

K21-2Keynote

変化する世界でビジネスを進めるには?

Facebook
アジアパシフィック担当 副社長
ダン・ニアリー

11:30

12:20

協賛同時通訳

K22Keynote

The Future of Marketing

IBM Corporation
Vice President, IBM Enterprise Marketing Management
Elana Anderson

専門セッションテーマ

O2O ソーシャル ソーシャルコマース ●ソーシャルテレビ ビッグデータ ヒット予測 マーケティングプラットフォーム 

午後 トラックA トラックB トラックC トラックD
13:30

14:20

A21

協賛

グローバリゼーションと顧客経験価値の向上に向けて
~ソーシャルデータ活用とグローバルウェブ展開~

SDLジャパン
セールスディレクター
小林 和久 氏

B21

 

好感度高め、集客・収益に貢献する「さくらパンダ」の挑戦

大丸松坂屋百貨店
営業本部 販売促進部
デジタル販促担当
洞本 宗和 氏

C21

データサイエンスチームの立ち上げ、180日プロジェクトから見えたもの

NTTぷらら
技術本部 技術開発部
担当部長
堀内 周 氏

D21

 

<パネルディスカッション>

スマホ、タブレットの次に来るのはGoogle Glass?
~眼鏡型、腕時計型…ウェアラブルデバイスは本当にヒットするか~

スクウェア・エニックス・ホールディングス
社長付
ジェイコブ・ナボク 氏

ピグマル
代表
伊藤 元 氏

ブリリアントサービス
カスタマー開発部 品川開発課
シニアマネージャー
梶井 祐介 氏

カシオ計算機
羽村技術センター 時計事業部
モジュール開発部 モジュール企画室
副主管
道蔦 聡実 氏

モデレーター:
日経BP社
日経トレンディ記者
荒井 優

(15:00 終了予定)

14:30

15:20

A22

 

“一風堂”のデジタルマーケティング戦略

力の源カンパニー
取締役COO
清宮 俊之 氏

 

C22

 

共通ポイントサービス「Tポイント」の会員データ分析によるマーケティング

カルチュア・コンビニエンス・クラブ
DBマーケティング事業本部
営業本部
マーケティング・ソリューション部 メディア営業ユニット ユニット長
横江 正治 氏

15:30

16:20

A23

 

“顧客限定ネット広告”を活用した取引活性化のヒント

ソニー銀行
営業統括部マーケティング担当
シニアマネージャー
中路 宏志 氏

B23

協賛

なぜあの会社はソーシャルメディアで話題になるのか?

PR TIMES
サービスマネジメント本部
マネージャー
三島 映拓 氏

C23

 

<リレーセッション>

マーケティングにデータサイエンティストを最大限活かす方法

リクルートテクノロジーズ
ITソリューション部 ビッグデータグループ
シニアプロフェッショナル
西郷 彰 氏

ブレインパッド
代表取締役社長
草野 隆史 氏

D23

 

スマートフォン決済は日本で広まるか?

Square
山本 リチャード 氏

16:30

17:20
 

B24

 

映画『テッド』大ヒットまでの戦略
~ブームの起点はFacebook~

東宝東和
営業本部宣伝部プロデューサー室
佐藤 大典 氏

C24

協賛

テレビとSNSの新しい関係

マクロミル
執行役員
芦沢 広直 氏

D24

 

藤巻百貨店とFacebookについて

ザッパラス
取締役兼コマースG ゼネラルマネージャー
中村 亮 氏

17:30

18:45

ネットワーキングパーティー

※3日券、7/24(水)の受講券をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
詳細はイベントページをご参照ください。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※受講券についてはこちらをご参照ください。
「無料」マークがついているセッションは協賛セッション受講券でご受講いただけます。

Keynote10:00 ~ 10:40

K21-1

同時通訳

既に手元にあるデータからビジネス・チャンスをつかむ

ディミトリ・マークス 氏

オグルヴィ・ワン・ニューヨーク
マネージング・ディレクター
ディミトリ・マークス
『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ』著者

講師略歴
オグルヴィ・ワン・ニューヨークのマネージング・ディレクター、オグルヴィ・ワン・ワールドワイドのボードメンバーを務める。1998年にブリュッセルのオグルヴィに入社し、アナリティクス領域をリード。2001年にロンドン・オフィスに移り、インターナショナル・コンサルティングの主導者として、インターナショナル・クライアントへのコンサルタント・サービス開発を指揮する。同時に、グローバル・データ&分析のヘッドとしても活躍。データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」(日経BP社)著者

計量経済学とオグルヴィ・アンド・メイザーの戦略フレームワーク、そして私自身の現場での経験をもとに、独自のデータ分析手法を開発し、シスコシステムズ、BTグループ、UPS、モトローラなど、さまざまなグローバル企業に適用し、各社で実績をあげてきました。データ・サイエンティストとしての役割や、分析のポイント、実利に結びつく組織の動かし方等、著書を参照しながらお話しいたします。

Keynote10:40 ~ 11:20

K21-2

同時通訳

変化する世界でビジネスを進めるには?

ダン・ニアリー

Facebook
アジアパシフィック担当 副社長
ダン・ニアリー

講師略歴
Facebookのアジアパシフィック担当 副社長として、シンガポールを拠点にグローバルマーケティングソリューションチームを率いて、代理店ならびに顧客との関係を構築しています。二アリーはアメリカとアジアの両地域で20年以上の管理職の経験があります。Facebook入社以前は、Skypeのグローバルマーケットデベロップメント ヴァイスプレジデントとして、アジア、ヨーロッパならびに 北南米でマーケティングチャンネルとパートナーシップを統括していました。余暇には起業家を支援する活動に積極的に取り組んでおり、新興企業の育成を促進するため、資金調達や事業開発に関するアドバイスをおこなっています。またシンガポールのIT系ベンチャーを支援するメディア開発庁,マイクロクレジット委員会のメンバーです。 デポール大学卒業。

Keynote11:30 ~ 12:20

K22

協賛同時通訳

The Future of Marketing

Elana Anderson

IBM Corporation
Vice President, IBM Enterprise Marketing Management
Elana Anderson

講師略歴
Unica社 製品担当Vice President, Forrester社Marketing Practice担当Vice President等を歴任し、Marketing & Technology分野で20年以上の経験を経て現職。

新たな顧客との対話チャネルとデバイスの急速な拡大により、企業と顧客の関わり方に根本的な変革が起きています。この変革がマーケティングに与えるインパクトと企業がどのように新たな方法で顧客と関係を構築していくべきかをグローバルの先進事例の紹介を交え提言します。

13:30 ~ 14:20

協賛

A21マーケティングプラットフォーム

グローバリゼーションと顧客経験価値の向上に向けて
~ソーシャルデータ活用とグローバルウェブ展開~

小林 和久 氏

SDLジャパン
セールスディレクター
小林 和久

国内市場が成熟し縮小するなか、いま多くの日本企業は、グローバルマーケットでのビジネス拡大にフォーカスしています。そのためには、多種多様な文化、言語、チャネルやデバイスを、最適にサポートしていかなければなりません。このセッションでは、グローバルマーケットの中でどのようにブランド価値を高め、グローバルな顧客経験価値を向上させたら良いかについてのキーポイントを、ケーススタディーを交えてご紹介します。

 

B21O2O

好感度高め、集客・収益に貢献する「さくらパンダ」の挑戦

洞本 宗和 氏

大丸松坂屋百貨店
営業本部 販売促進部
デジタル販促担当
洞本 宗和

店舗ごとに取り扱い商品が異なり、また、多くのテナントから構成される百貨店では、O2Oで一般的な割引クーポンは成立させづらいものです。大丸松坂屋百貨店では、自社キャラクター「さくらパンダ」を使ったO2Oに取り組んでいます。エンゲージメント深耕を目的とした体験型プロモーションから、来店・売上促進のために各メディアを使った施策まで、これまでの事例を通して得たノウハウと課題を共有します。

 

C21ビッグデータ

データサイエンスチームの立ち上げ、180日プロジェクトから見えたもの

堀内 周 氏

NTTぷらら
技術本部 技術開発部
担当部長
堀内 周

ビッグデータ活用という命題に対してどのようにアプローチしてゆけばよいのか暗中模索した半年間で、当社が 導き出したデータサイエンスチームのあるべき姿、データサイエンティストの必要性、また立ち上げに至るまで の数々の問題について、実例に基づき解説します。また、データ分析を行ったことによる効果、より大きな効果を出し ていくための今後の課題についても言及します。

 

D21 前半ヒット予測

(15:00 終了予定)

スマホ、タブレットの次に来るのはGoogle Glass?
~眼鏡型、腕時計型…ウェアラブルデバイスは本当にヒットするか~

ジェイコブ・ナボク 氏

スクウェア・エニックス・ホールディングス
社長付
ジェイコブ・ナボク

加藤 隆生 氏

ピグマル
代表
伊藤 元

梶井 祐介 氏

ブリリアントサービス
カスタマー開発部 品川開発課 シニアマネージャー
梶井 祐介

道蔦 聡実 氏

カシオ計算機
羽村技術センター 時計事業部
モジュール開発部 モジュール企画室
副主管
道蔦 聡実

モデレータ
日経BP社
日経トレンディ記者
荒井 優

スマートフォン、タブレットの次に普及するデジタル機器は何になるのでしょうか。有力視されているのは、眼鏡や腕時計を進化させた「ウェアラブルデバイス」です。グーグルは今年、眼鏡型デバイス「Google Glass」の試作品を開発者に配布。アップルも腕時計型デバイス「iWatch」を秘密裏に開発していると噂されるなど、実用化の時期はすぐそこまで近づいています。眼鏡型デバイス、腕時計型デバイスはどのように消費者の生活を変えるのか、本当にヒットするのか、普及の道筋とは……。いま最も注目される分野に精通する専門家が議論します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

14:30 ~ 15:20

 

A22マーケティングプラットフォーム

“一風堂”のデジタルマーケティング戦略

XX氏

力の源カンパニー
取締役COO
清宮 俊之 氏

これまでの、自社データ、ヒトの経験値に基づいたマーケティング手法から、更なる顧客価値の向上、事業の成長加速のために、客観的な顧客データに基づくデジタルマーケティング戦略との融合を目指している過程での幾つかの事例のご紹介をします。

 

C22ビッグデータ

共通ポイントサービス「Tポイント」の会員データ分析によるマーケティング

横江 正治 氏

カルチュア・コンビニエンス・クラブ
DBマーケティング事業本部 営業本部
マーケティング・ソリューション部 メディア営業ユニット
ユニット長
横江 正治

2013年7月1日にYahoo!ポイントがTポイントに統合をされ、ネットとリアルを横断する日本最大の共通ポイントサービスが誕生しました。今年で10年目を迎えるTポイントは、アクティブ・ユニーク会員数4,500万人を有し、提携企業も100社約58,000店舗へと拡大しています。当社がTポイントの会員データをどのように分析し、また提携企業様のマーケティングや販促へ活用しているのかについてお話しします。

 

D21 後半ヒット予測

(15:00 終了予定)

スマホ、タブレットの次に来るのはGoogle Glass?
~眼鏡型、腕時計型…ウェアラブルデバイスは本当にヒットするか~

ジェイコブ・ナボク 氏

スクウェア・エニックス・ホールディングス
社長付
ジェイコブ・ナボク

加藤 隆生 氏

ピグマル
代表
伊藤 元

梶井 祐介 氏

ブリリアントサービス
カスタマー開発部 品川開発課 シニアマネージャー
梶井 祐介

道蔦 聡実 氏

カシオ計算機
羽村技術センター 時計事業部
モジュール開発部 モジュール企画室
副主管
道蔦 聡実

モデレータ
日経BP社
日経トレンディ記者
荒井 優

スマートフォン、タブレットの次に普及するデジタル機器は何になるのでしょうか。有力視されているのは、眼鏡や腕時計を進化させた「ウェアラブルデバイス」です。グーグルは今年、眼鏡型デバイス「Google Glass」の試作品を開発者に配布。アップルも腕時計型デバイス「iWatch」を秘密裏に開発していると噂されるなど、実用化の時期はすぐそこまで近づいています。眼鏡型デバイス、腕時計型デバイスはどのように消費者の生活を変えるのか、本当にヒットするのか、普及の道筋とは……。いま最も注目される分野に精通する専門家が議論します。

 

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

15:30 ~ 16:20

 

A23マーケティングプラットフォーム

“顧客限定ネット広告”を活用した取引活性化のヒント

中路 宏志 氏

ソニー銀行
営業統括部マーケティング担当
シニアマネージャー
中路 宏志

銀行においては顧客の取引の活性化が収益に結びつきます。その取引をどう活性化させるか。トライ&エラーを繰り返す中で、「マーケティングプランを考える上で顧客を緻密にセグメント化しても、実際にアプローチできなければ意味がない」ことを実感。たどり着いた1つの解が、顧客の行動・取引状況に応じてセグメント化し、DSPを活用したターゲティング広告でキャンペーンやサービスを伝える手法です。成功には、顧客視点に立ったマーケティングシナリオ作りが求められます。本講演では当社が実践から学んだノウハウ、課題、将来展望などをお伝えします。

協賛

B23マーケティングプラットフォーム

なぜあの会社はソーシャルメディアで話題になるのか?

XX氏

PR TIMES
サービスマネジメント本部
マネージャー
三島 映拓

同業界で同じ位の売上げ規模の会社であっても、企業発表情報がソーシャルメディアで話題になる会社とそうでない会社があります。WebPR会社のプランニング担当者が、メディア掲載を起点とする話題化や生活者に情報共有されるプレスリリースの事例などを交えながら、話題になるコンテキストや情報発信のコツをPR視点で解説します。

 

C23ビッグデータ

マーケティングにデータサイエンティストを最大限活かす方法

西郷 彰 氏

リクルートテクノロジーズ
ITソリューション部 ビッグデータグループ
シニアプロフェッショナル
西郷 彰

草野 隆史 氏

ブレインパッド
代表取締役社長
草野 隆史

ビッグデータ活用の主戦場である、顧客や市場に対するマーケティング施策。膨大なデータの山から有効な解を見いだし収益に確実に結びつけるには、分析の先端人材であるデータサイエンティストの存在が欠かせない。本講演では、リクルートグループのサイエンティストである西郷氏がビジネス現場とともにサービスの周知を図り成長させる日々の活動を、サイエンティスト集団を束ねるブレインパッドの草野氏が、デジタルメディアプラットフォーム(DMP)と呼ぶ次世代マーケティングのテクノロジーを生かす分析スキルや求められる人材像について、それぞれ語る。

 

D23ヒット予測

スマートフォン決済は日本で広まるか?

Square
山本 リチャード

スマートフォンやタブレットでレジやクレジットカード決済ができるようになると、個人事業主や中小企業にとっては具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。米国では、Squareを導入して売上が伸びた事例があります。本講演では、米国での事例を交えて、具体的にスマホ決済があなたのビジネスにとってどれだけのメリットがあるのかを説明します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

16:30 ~ 17:20

 

B24ソーシャル

映画『テッド』大ヒットまでの戦略
~ブームの起点はFacebook~

佐藤 大典

東宝東和
営業本部宣伝部プロデューサー室
佐藤 大典

目標興収の8倍でもある42億円を超える大ヒットとなり、若い女性の間でブームを巻き起こした映画『テッド』。 特に大きな盛り上がりを見せたFacebookのプロモーション戦略についてお話するとともに、Facebookを起点としたTV、雑誌などを含めた全体的な宣伝戦略についてもお話しします。

協賛

C24ソーシャルテレビ

テレビとSNSの新しい関係

芦沢 広直 氏

マクロミル
執行役員
芦沢 広直

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、テレビとTwitterの併用の広がりが進んでいます。また、Twitterの話題がテレビの番組選択にも影響を与える時代へ突入しました。このようなテレビの新しい視聴形態について、マクロミルが直近で行った独自の自主調査結果を踏まえて解説します。

 

D24ソーシャルコマース

藤巻百貨店とFacebookについて

中村 亮 氏

ザッパラス
取締役兼コマースG ゼネラルマネージャー
中村 亮

占いコンテンツで有名な株式会社ザッパラスが手がける新スタイルのEコマースが「藤巻百貨店」というECサイトです。元伊勢丹のカリスマバイヤー藤巻幸大のプロデュースのもと、日本のいいものを取り扱い『モノを越えたモノに出会える』お店として、商品それぞれが持つストーリーを大切に、生活が豊かになる逸品を紹介しています。このコンテンツ仕立てで紹介するスタイルは、Facebookファンをとりこにし、1年で14万人のファン数にまでなりました。その新スタイルのECとFacebookでの成長の秘訣をご紹介します。

 

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

7/25(木)講演プログラム

10:00

10:50

 

K31Keynote

成熟市場におけるネスレ日本の成長戦略

ネスレ日本 チーフ・マーケティング・オフィサー 常務執行役員
マーケティング&コミュニケーションズ本部 本部長
石橋 昌文

11:00

11:50

協賛

K32Keynote

コラボレーションが実現する一歩先のデジタルマーケティング
~デジタルチャネルの戦略的活用で競合優位に立つ企業とは~

アドビ システムズ
シニアプロダクトマネージャー兼エバンジェリスト,
Japan & APAC Markets
上原 正太郎

専門セッションテーマ

O2O コ・クリエーション ソーシャル ソーシャルブランディング ネット選挙 マーケティングプラットフォーム リッチメディア

午後 トラックA トラックB トラックC トラックD
13:00

13:50

A31

 

PfizerのDigital Channelの取り組み
サイト改善で医師評価No.1~「PfizerPRO」が目指す医師一人ひとりの関心領域に沿った情報提供

ファイザー
グローバル・コマーシャル・オペレーション
マルチチャネル・マーケティンググループ 担当課長
柿本 啓太郎 氏

B31

 

クチコミをきっかけにグローバル戦略を転換か?!

マンダム
グローバルEビジネス室 室長
八田 学 氏

 

D31

 

「O2O x ブランドエンゲージメント」 先進的なO2Oを目指す!

日本コカ・コーラ
マーケティング&ニュービジネス IMC iマーケティングシニアマネジャー
足立 浩俊 氏

14:00

14:50

A32

協賛

ファン獲得から効果検証まで、Facebookページの効率的な運営方法を教えます

コムニコ
アカウントマネージャー
長谷川 直紀 氏

B32

 

コトづくりのためのサッポロビールのソーシャルメディア戦略

サッポロビール
営業本部企画推進部 部長
大谷 光弘 氏

C32

 

ソーシャルランキング上位企業が実践する人軸で考える分析手法

ユーザーローカル
コーポレートセールスディレクター
渡邊 和行 氏

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役CMO
高柳 慶太郎 氏

D32

 

「便利」で「楽しい」サービスをつくるコンテンツとテクノロジー ~PC&スマホで体験価値を高める~

ドミノ・ピザ ジャパン
執行役員マーケティング部長
池田 健二 氏

15:10

16:00

A33

 

<アドテクパネル>

精度追求で愛されるのか、嫌われるのか、ターゲティング広告の明日

リクルートライフスタイル
ウェブマーケティング2グループ
グループマネージャ
新中 健介 氏

スケールアウト
取締役CMO
菅原 健一 氏

DDAI(Data Driven Advertising Initiative)
サイバー・コミュニケーションズ
プラットフォーム戦略本部 本部長
宮一 良彦 氏

モデレータ:
ExchangeWire
日本語版編集長
大山 忍 氏

(16:40終了予定)

B33

 

共創型マーケティング~みんなで旅をつくるという考え方~

trippieace(トリッピース)
代表取締役
石田 言行 氏

C33

 

グルメ系メディアの情報を
消費者はどう受け止めているか

東京大学大学院
経済学研究科・経済学部 教授
阿部 誠 氏

D33

協賛

マルチチャネル・アクティブサポート戦略
〜新潮流のソーシャルブランディング事例〜

ANALOG TWELVE
取締役
内山 英俊 氏

16:10

17:00

B34

協賛

O2Oに未来はあるか。目的達成のためのO2Oを超えた新しい施策とは

日本写真印刷
情報コミュニケーション事業部
新規ソリューショングループ
チーフディレクター
岡部 謙介 氏

C34

 

日経トレンディネット連載
「売れる理由は必ずある!」スピンアウト企画

民意反映型CMの舞台裏

西友
執行役員SVP マーケティング本部長
富永 朋信 氏

D34

 

ネット選挙運動解禁後の参院選で検証する、有権者のアクセス・クチコミと投票先の関係性

ルグラン
代表取締役
泉 浩人 氏

ヴァリューズ
取締役
後藤 賢治 氏

パイプドビッツ
オープンデータ推進事業部 事業部長
市ノ澤 充 氏

モデレーター
ニューズ・ツー・ユー
代表取締役社長
神原 弥奈子 氏

17:15

18:30

ネットワーキングパーティー

※3日券、7/25(木)の受講券をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
詳細はイベントページをご参照ください。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※受講券についてはこちらをご参照ください。
「無料」マークがついているセッションは協賛セッション受講券でご受講いただけます。

Keynote10:00 ~ 10:50

K31

成熟市場におけるネスレ日本の成長戦略

石橋 昌文 氏

ネスレ日本
チーフ・マーケティング・オフィサー 常務執行役員
マーケティング&コミュニケーションズ本部 本部長
石橋 昌文

講師略歴
1985年、神戸大学卒。同年、ネスレ日本株式会社入社。営業本部、ネスレUK、ネスレスイス本社を経て、2005年 ネスレコンフェクショナリー株式会社(現コンフェクショナリ―事業本部)マーケティング統括部長、2009年 ネスレ日本株式会社 常務執行役員 コミュニケーションズ゙&マーケティングエクセレンス本部長。2012年チーフ・マーケティング・オフィサーに就任。

ネスレ日本は、少子高齢化、人口減少など厳しい環境下の成熟市場において、利益ある成長を達成するために、(1)ビジネスモデルイノベーション、(2)デジタルコミュニケーション、(3)パフォーマンスカルチャーをキーワードに掲げた成長戦略を実行しています。こうした成長戦略の概要と、成長戦略を全社に浸透させるCMOの役割についてご紹介します。

Keynote11:00 ~ 11:50

K32

協賛

コラボレーションが実現する一歩先のデジタルマーケティング
~デジタルチャネルの戦略的活用で競合優位に立つ企業とは~

榎 隆司 氏

アドビ システムズ
シニアプロダクトマネージャー兼エバンジェリスト, 
Japan & APAC Markets
上原 正太郎

講師略歴
2012年アドビシステムズ(株)入社。マーケティングクラウド製品全般の製品担当として、日本を含む太平洋アジア全域のニーズに耳を傾けながら製品戦略の立案、さらなる品質向上に努める。 またエバンジェリストとして、現在マーケッターが抱える課題や潜在的な問題に焦点を当てた解決の手段への助言を各種イベントにて実施。 前職はデル株式会社にてサーバ製品ブランドマネージャーやソフトウェア事業のアライアンスマーケティングを経て現職。

多様化するモバイルデバイスの普及を始め、次々と生まれるSNSサービス、顧客が企業と接するタッチポイントは爆発的な増加の一途を辿っています。
この”オムニチャネル”状況の中、企業側がどのようなデジタルマーケティング戦略を掲げ、それを支えるテクノロジーを要しているかが、市場でいかに他社をリードするかの鍵となります。
その課題に対し、マーケティングのキモであるコンテンツをデータと結び付け、グループ間の連携とマーケティングを科学する事により、どのようにアドビが企業の競争力強化に貢献できるか事例を交えてご紹介します。

13:00 ~ 13:50

 

A31マーケティングプラットフォーム

PfizerのDigital Channelの取り組み
サイト改善で医師評価No.1~「PfizerPRO」が目指す医師一人ひとりの関心領域に沿った情報提供

柿本 啓太郎 氏

ファイザー
グローバル・コマーシャル・オペレーション
マルチチャネル・マーケティンググループ 担当課長
柿本 啓太郎

医薬品を患者様の状態に合わせて安全に処方していただくために、医薬品メーカーは医療関係者に対して、「いかに適正な情報を正しく伝えることができるか」、という点を最重要視しています。医療関係者の個別の情報ニーズにきめ細かく対応していくことが、医療への貢献につながり、最終的に自社の利益に貢献するものと考え、ファイザーでは、従来のMRによる情報提供活動に加え、Digital Channelを強化してきました。その取り組みについて説明します。

 

B31ソーシャルブランディング

クチコミをきっかけにグローバル戦略を転換か?!

八田 学 氏

マンダム
グローバルEビジネス室
室長
八田 学

ネット上で自社の製品がいかに話題になっているか?をキッカケに国境を越えたデジタルマーケティングを開始。
その取り組みを通じてビジネスの可能性は探れるものなのか?

 

D31O2O

「O2O x ブランドエンゲージメント」 先進的なO2Oを目指す!

XX氏

日本コカ・コーラ
マーケティング&ニュービジネスIMC iマーケティング
シニアマネジャー
足立 浩俊

O2Oサービスの主流であるスマートフォンアプリを用いたクーポン施策ではなく、ブランド体験を重視したさまざまなO2Oを実践しているコカ・コーラが事例を交えて紹介します。参加者が130万人を超える「Share a Coke and a Song」キャンペーンなど単純なクーポン施策でない事例を作ってきたプロジェクトマネジャーとしての経験をシェアします。

 

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

14:00 ~ 14:50

協賛

A32マーケティングプラットフォーム

ファン獲得から効果検証まで、Facebookページの効率的な運営方法を教えます

XX氏

コムニコ
アカウントマネージャー
長谷川 直紀

Facebookページを運営している企業のご担当者様、これから取り組まれるご担当者様に向けて、Facebookページの現状分析、ファン獲得のためのステップ、ファンやユーザーからの反応数を高める原稿作成のポイント、炎上対策など、100アカウント以上の企業のソーシャルメディアアカウントの開設・運営・コンサルティングの実績から得た、Facebookページの運営TIPSについてお話しします。

 

B32コ・クリエーション

コトづくりのためのサッポロビールのソーシャルメディア戦略

大谷 光弘 氏

サッポロビール
営業本部企画推進部
部長
大谷 光弘

サッポロビールでは、今春「ソーシャル機能」と「WEB広告機能」を統合し「デジタルマーケティング室」を設立しました。
デジタルマーケティング室が取り組む“コトづくり”のためのソーシャルメディア戦略の実例を3例紹介します。
① ソーシャルメディアを活用した商品開発サイト”百人ビール・ラボ”
② 地域活性化のためのソーシャルメディアの活用事例”北海道likers”
③ WEB上のオーダーメイドビール「わくわくブルワリー」の取り組み 他
直近の取組事例を具体的に紹介します。

 

C32ソーシャル

ソーシャルランキング上位企業が実践する人軸で考える分析手法

渡邊 和行 氏

ユーザーローカル
コーポレートセールスディレクター
渡邊 和行

高柳 慶太郎 氏

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役CMO
高柳 慶太郎

企業やブランドにおけるソーシャルメディアへの取り組みが進む中、告知媒体としての価値に期待し、プラットフォームごとの「登録者数」や「リーチ」を重視した規模の拡大を目指す傾向が強くなっています。しかし、数多くの人気企業のソーシャルメディアのビッグデータを 分析するユーザーローカルではエンゲージメントが高い企業では ソーシャルメディアを「人軸」で考えて顧客との関係を資産として 蓄積するのが有効であるというデータもあります。このセッションでは その考え方と分析方法についてお話します。

 

D32O2O

「便利」で「楽しい」サービスをつくるコンテンツとテクノロジー ~PC&スマホで体験価値を高める~

池田 健二 氏

ドミノ・ピザ ジャパン
執行役員マーケティング部長
池田 健二

日本で最初の宅配ピザチェーンとして1985年に創業して以来、ドミノ・ピザは常に新しいサービスへのチャレンジを続けています。近年はインターネットからの受注拡大に注力しており、生活者のオンラインを中心としたライフスタイルの変化に合わせて、話題性の高いコンテンツやテクノロジーを積極的にマーケティング活動に取り入れてまいりました。それらの取り組みの中から、スマートフォン注文アプリやソーシャルメディアを中心に話題となった「広告を作らずニュースを作る」プロモーション事例についてご紹介します。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

15:10 ~ 16:00

 

A33 前半マーケティングプラットフォーム

(16:40 終了予定)

精度追求で愛されるのか、嫌われるのか、
ターゲティング広告の明日

新中 健介 氏

リクルートライフスタイル
ウェブマーケティング2グループ
グループマネージャ
新中 健介

菅原 健一 氏

スケールアウト
取締役CMO
菅原 健一

加藤 隆生 氏

DDAI(Data Driven Advertising Initiative)
サイバー・コミュニケーションズ
プラットフォーム戦略本部 本部長
宮一 良彦

大山 忍 氏

モデレータ
ExchangeWire
日本語版編集長
大山 忍

インターネット広告の技術進化は著しく、会員属性との連携などでターゲティング広告の精度は日々向上しています。これは個々のユーザーへの最適な情報提供を実現する利点がある一方で、“距離感”を間違えるとプライバシー面で不快感を与える可能性もあります。広告主、技術を開発する企業、広告会社などはどのようにして、ユーザーとのよりよい関係作りをしていけばよいのでしょうか。最前線で取り組む企業の責任者らが議論します。

 

B33コ・クリエーション

共創型マーケティング~みんなで旅をつくるという考え方~

石田 言行 氏

trippieace(トリッピース)
代表取締役
石田 言行

開始約1年で約3000人が行動した共創ビジネスのマーケティング構想。需要がサービスをつくる、それをビジネス化することで得られた経験を伝えます。

 

C33ソーシャル

グルメ系メディアの情報を
消費者はどう受け止めているか

阿部 誠 氏

東京大学大学院
経済学研究科・経済学部 教授
阿部 誠

消費者が外食でお店を選ぶ時、どのような行動をとり、どのような情報を活用するか? ネット調査「グルメディア2013」の結果を紹介します。

 

協賛

D33 ソーシャルブランディング

マルチチャネル・アクティブサポート戦略
〜新潮流のソーシャルブランディング事例〜

XX氏

ANALOG TWELVE
取締役
内山 英俊

ソーシャルメディア上で潜在顧客の声から顧客満足向上に繋げる「アクティブサポート」が一部先進企業で成功し始めています。しかしその手法はソーシャルメディアに留まらず、WEBや電話等のカスタマーサポートにも広く応用が利くものです。弊社のクライアントや自社サービスでの事例を通じ、「電話・WEB・ソーシャルを統合したマルチチャネル」で行うアクティブサポートの戦略をご紹介し、新しいソーシャルブランディングの形についても考察していきます。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

16:10 ~ 17:00

 

A33 後半マーケティングプラットフォーム

(16:40 終了予定)

精度追求で愛されるのか、嫌われるのか、
ターゲティング広告の明日

新中 健介 氏

リクルートライフスタイル
ウェブマーケティング2グループ
グループマネージャ
新中 健介

菅原 健一 氏

スケールアウト
取締役CMO
菅原 健一

加藤 隆生 氏

DDAI(Data Driven Advertising Initiative)
サイバー・コミュニケーションズ
プラットフォーム戦略本部 本部長
宮一 良彦

大山 忍 氏

モデレータ
ExchangeWire
日本語版編集長
大山 忍

インターネット広告の技術進化は著しく、会員属性との連携などでターゲティング広告の精度は日々向上しています。これは個々のユーザーへの最適な情報提供を実現する利点がある一方で、“距離感”を間違えるとプライバシー面で不快感を与える可能性もあります。広告主、技術を開発する企業、広告会社などはどのようにして、ユーザーとのよりよい関係作りをしていけばよいのでしょうか。最前線で取り組む企業の責任者らが議論します。

協賛

B34 O2O

O2Oに未来はあるか。目的達成のためのO2Oを超えた新しい施策とは

岡部 謙介 氏

日本写真印刷
情報コミュニケーション事業部
新規ソリューショングループ
チーフディレクター
岡部 謙介

スマートフォンやソーシャルメディアの急速な発達を受けて、オンラインとオフラインをつなぐ施策(O2O)が注目を集めています。しかしながら、「O2O」という言葉が「万能な魔法」のように独り歩きしているようです。
今回の講演では、先進事例の多いアメリカにおけるO2Oの事例や現状についてご紹介します。それぞれのO2Oサービスが持つ課題を明らかにしながら、今後予想される次世代の潮流についてお話しします。

 

C34ソーシャル

日経トレンディネット連載「売れる理由は必ずある!」スピンアウト企画
民意反映型CMの舞台裏

富永 朋信 氏

西友
執行役員SVP マーケティング本部長
富永 朋信

内容を視聴者任せにしてしまった結果、よく判らない内容になってしまった西友のソーシャルCM。その背景とコミュニケ―ション戦略の考え方を説明します。

 

D34ネット選挙

ネット選挙運動解禁後の参院選で検証する、有権者のアクセス・クチコミと投票先の関係性

泉 浩人 氏

ルグラン
代表取締役
泉 浩人

後藤 賢治 氏

ヴァリューズ
取締役
後藤 賢治

市ノ澤 充 氏

パイプドビッツ
オープンデータ推進事業部 事業部長
市ノ澤 充

神原 弥奈子 氏

モデレータ
ニューズ・ツー・ユー
代表取締役社長
神原 弥奈子

ネット選挙運動解禁後初の国政選挙となる参院選。Webサイトやソーシャルメディアを活用して支持を訴える政党や候補者に対し、有権者はネット上でどのように政治・選挙情報を収集し、どのようなクチコミを発したのか。その動向と選挙結果には一定の関係性が見られたのか。党首・有力候補者の中で、評判の良かった人・悪かった人は? どのように「ネット武装」をすれば勝てるのか--。有権者がネット上に残した参院選関連の膨大なアクセス履歴とソーシャルメディア上の声の分析から、ネット選挙運動解禁がもたらした投票行動の変化を明らかにします。

※講演内容、講師、講演時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Copyright © 2013 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.