Outline

Dates Conference
24 Mon. - 28 Fri. October, 2011
Exhibition
26 Wed. - 28 Fri. October, 2011
10:00~17:00
Venue PACIFICO Yokohama
Organized by Nikkei Business Publications,Inc.
Special cooperated by City of Yokohama
Supported by Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) / The Organization of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism/Japan Smart Community Alliance(JSCA) ※tentative including
Collaborated by Semiconductor Equipment Association of Japan (SEAJ) /The Chemical Society of Japan / Japan Vacuum Industry Association / The Japan External Trade Organization (JETRO)
Supervised by NikkeiBP Cleantech Institute
Cooperated by Nikkei Business/ Nikkei Ecology/ Nikkei Electronics/ Nikkei Computer/ Nikkei Architecture/ Nikkei Monozukuri/ Nikkei Automotive Technology/ Nikkei Business Publications Eco Management Forum
Media sponsor   
The number of visitors 55,000(tentative)
Admission fee 2,000yen (including consumption tax)
Online pre-registration enables free admission into exhibition.

Representative message

Smart City Week 2011: Declaration of The New Smart City!
Building Up Cities for Safe, Sustainable and Efficient Cities

The image of “Smart City” is safe and sustainable city has been created. Movement of “Smart City” modeling has been actively developed on global scale. Faced with the task of rebuilding cities devastated by the Eastern Japan Earthquake, Japan has launched the introduction of Smart City. In Europe the question of what constitutes a Smart City is now being reexamined, and redefining of a Smart City is under way. In the States, standardization and business deployments are progressing simultaneously based on the results of experimental verification "smart grid." In China, urban planners are no longer concerned just with building cities but are beginning to focus on satisfying the demand for employment and quality of lifestyle. This trend around the world has reached the point where those who should be holding the high stake in the environment – its residents – are now becoming involved.

The scale of smart city markets in the world is expected to reach 3100 trillion yen by year of 2030, and a significant number of corporations and national and local governments are getting involved. A wide variety of questions have been posted, such as – What is a is a smart city? What kind of business models will be designed for? How to enter the market? And what technologies and products are needed? No clear answers have been emerged so far.

To clarify the image of the smart city, promote a growth in related industry, and provide a direction in the field, the knowledge and wisdom of the world and further communications and discussions between different fields and industries are needed to bring together at global scale.

This is the driving statement behind “Smart City Week 2011: Declaration of The New Smart City!” organized by Nikkei Business Publications. Smart City Week 2011 will take place at YOKOHAMA where the host city has developed experimental verifications of “Smart City” on many fronts. Experts of smart city from Japan, as well as leaders from China, India, Korea, Vietnam, Indonesia, UAE, the States, Germany, UK and the Netherlands will join the Week.

We hope that it will serve as a place for people involved in smart cities and those planning on getting involved in the future to disseminate, share and exchange information, make new collaborations, and work together to discover and expand your business opportunities.


Steering committee

Mr. Junichi Urushibara, Manager, Important Conventions and Projects Invitation Division, Culture and Tourism Bureau, City of Yokohama

開港の地「横浜」にふさわしい国際会議

 開港以来、横浜は、わが国の情報受発信の窓口として世界と結ばれた都市であり、様々な外国文化を取り入れ、日本の近代化を進める国際港都として発展してきました。

 今後も、進取の気風と開放性に富んだ市民性を最大限に活かしながら、「MICE(Meeting:企業等の会議、Incentive Travel:企業等の報奨・研修旅行、Convention:国際機関等の学術会議、Event/Exhibition:イベント・展示会)」を積極的に誘致し、国際都市・横浜を世界に発信するとともに、人が集い交流するにぎわいのある都市・横浜の実現を目指しています。

 今回、横浜で開催される「Smart City Week 2011」は、次の時代の羅針盤となるようなビジョンを提示する「場」であり、まさに開港の地「横浜」にふさわしい国際会議だと思います。

 参加者のみなさんの有意義な議論が展開されることを期待するとともに、こうした国際会議が、来年、再来年と、この横浜で継続的に開催され、大きな広がりになっていくことを期待しています。

Mr. Takao Kato, General Manager, Smart Community Div., Professional Engineer, Japan, Toshiba Corporation Principal Office
Mr. Naoshi Nagura, Manager, Project Promotion Division, Climate Change Policy Headquarters, City of Yokohama
Mr. Takuya Hirakuri, Deputy General Manager, Industrial Research Team, Corporate Strategy & Research Dept., Mitsubishi Corporation
Mr. Toshikazu Matsuoka, Chief Executive for Environmental Future City Promotion, Environment Bureau, City of Kitakyushu
Mr. Takashi Muraoka, Hitachi,Ltd., Senior Manager, Strategic Planning Department, Business Planning & Development Division, Information & Control Systems Company
 
Mr. Hisakazu Okamura, Manager, Smarter Cities, IBM Japan, Ltd.

日本の団体力と強さを全世界にアピールしよう

 私たちIBMは、全世界で150以上のスマートシティ・プロジェクトをお手伝いしています。私自身は、2008年からグリーンとスマートシティを推進してきました。

 世界各地では、例えば米ボルダー市は「通勤者の55%を歩行者と自転車にする」という明確な目標と「自治体、企業、政府が連携したコンソーシアムで推進する」という方針の下に、様々なプロジェクトを起こしスマートシティを作っています(関連サイト:スマートな都市)。

 スマートシティ・プロジェクトの多くは、"市民目線で明確なゴールを設定し"、それを"様々なコンソーシアム(団体戦)"が推し進める形で進んでいるのです。

 一方、(1)団体戦やチーム戦と、(2)事業の長期維持を可能にする信頼関係の構築は、私たち日本人が最も得意とする所であり、強い戦略です。

 「Smart City Week 2011」。この素晴らしい機会を有効にお使いいただき、市民と、自治体、政府、企業が連携することで、世界中のスマートシティや、それに関連する産業プロジェクトに向けて、みなさんと一緒に日本の団体力と強さをアピールしていきたいと心から願っています(関連サイト:環境都市の輸出)。

Mr. Ikuo Sugiyama, Visiting Professor of Nagoya University, Fellow of JSCE, Executive Professional Civil Engineer, Executive General Manager, Chief Engineer, Nikken Sekkei Civil Engineering Ltd, Japan

第4の革命に一人でも多くの参加を

 2011年10月、横浜から世界に向けて「新スマートシティ宣言」が発信されます。これは、過去3つの革命に続く、第4の革命とも位置付けられます。過去の革命とは、農業革命、産業革命、そして情報革命です。

 私たちは、産業革命を経て、無尽蔵と思われた資源・エネルギーおよび自然の浄化能力を前提に規模の経済を追求してきました。その結果、都市は巨大化し、豊かさは消費する資源とエネルギーの量に比例したのです。数世紀を経て、地球は私たちに成長の限界を示しました。先進国では成長なき豊かさの可否が問われ、新興国では先進国と同じ道を歩むのかどうかが課題になっています。

 人類が、この環境に適合できずに滅亡に向かうのか、あるいは自らの賢さにより生き延びられるのかは、個人を尊重するスマートな価値観と、革新的な技術に支えられた都市や産業システムを選択するか否かに依存します。

 「Smart City Week 2011」において発信させる新スマートシティ宣言は、単なる環境や情報技術のインテグレーションを意味するものではありません。それは、上述した歴史的認識に基づく、私たちのビジョンの提示であり実現戦略であるのです。

 一人でも多くの方々に、この革命に参加していただきたい。

Mr. Toru Hashimoto, Manager, International Technical Cooperation Division, City of Yokohama

ヨコハマの「スマート」なまちづくりをモデルに日本の英知を世界に発信

 横浜は150年前に日本初めての国際港湾都市として誕生しました。開港以来、国際文化・技術の受け入れ、大震災・戦災とそこからの復興、戦後の急激なベッドタウンとしての都市化、それに伴う過密と公害問題など、いくつものチャレンジを、その時々の創意工夫で乗り越えてきました。

 いま、新興国では急激な経済発展・都市化に伴い、様々な都市課題が顕在化していす。これらは、かつて横浜が経験した課題です。その克服のためには、新しい技術開発が重要かもしれません。一方で、欧米の諸都市が経験したことのない激しい都市化を乗り越えてきた、まちづくりのためのスマートなかつての知恵が、まさに必要とされているとも感じます。

 私どもの知恵とは、どのようなものなのか。それを今一度自問し、海外に伝える形にしていこう――。これこそが、まさに「Smart City Week 2011」の中心となる命題でしょう。

 横浜は半世紀前から水、ごみ、港湾施設、都市デザインなど、様々な分野で積極的に国際貢献に取り組んできました。今年からは企業の方と連携し、新たな国際技術協力を、より総合的に、またダイナミックに進めるために「Y-PORT」という枠組みを立ち上げました。海外の方とお話するチャンスも増えました。

 Y-PORTでは、市民とともに40%以上のゴミ削減を達成した「G-30」、水源地の保全から配水、下水の再利用までの健全な水循環への取り組み、排水処理により発生する汚泥の焼却灰100%有効活用、みなとみらい21地区に代表されるコンパクトで環境に配慮したまちづくり、将来の低炭素社会を目指したスマートシティへの取り組みなどを、これまで以上に有機的にリンクさせて紹介しています。「まさに横浜はスマートなまちづくりのショーケースともいえる街ですね」という、うれしいフィードバックをいただくこともあります。

 Smart City Week2011では、公と民が持つ世界に誇るべき英知を、"ホリスティック"に横浜から海外に発信する場を共に創り出してまいりましょう。ホリスティック(holistic)とは、ギリシャ語のホロス(holos=全体)に由来し、「部分を積み重ねても全体にはならない。全体は一つの有機的なつながりで、部分の和とは異なる」という考え方です。有機的なつながりが、スマートさを加速するはずです。

Mr. Eiji Makino, General Manager, ZEV Strategy Group, Global Zero Emission Business Unit, NISSAN MOTOR CO., LTD.

世界の知見と情報から、新しい気付きを得る

 日産自動車では、中期経営計画の柱の一つとして「ゼロエミッション リーダーシップ」を掲げ、2010年12月には、100%電気自動車の日産リーフの販売を開始しました。

 日産リーフでは、一般家庭約2日分の使用電力に相当する24kWhのバッテリーを搭載し、専用ITにより外部システムと常時接続されています。そのため、単なるモビリティとしての活用に留まらず、電気の出し入れが可能な社会インフラとして活用できます。

 「Smart City Week 2011」には、スマートシティに関する世界の知見と情報が集まるだけでなく、世界に対して日本から提言する場になることを期待しています。私自身も、国内外のキーパーソンのお考えを聞かせていただいたり、論議させていただいたりすることにより、スマートシティにおける電気自動車の役割と可能性について、新しい気付きを得る場として活用したいと考えています。

Mr. Shuhei Maruyama, Advisor, Business Promotion & Execution Division, JGC CORPORATION

地産地消型の都市構造を元に、生活と産業に良好な環境を作る

 都市は、一か所に集中することで機能を高めてきました。結果、巨大化、多機能化が進み、その魅力が人も産業も引き寄せ、さらなる巨大化が加速します。しかし、その都市が本当に「身の丈に合った社会環境」になっているかは疑問です。

 現在の都市は、初期投資額が巨大なことに加え、実現と維持、さらには改造・拡大・生活レベル向上においても、巨大な資源や、資金、技術、人材を、どん欲なまでに常に必要としている"底なし沼"と化しています。

 これからの都市化には、地元の資源や人材を、あるがままに利用し、外からの資源や巨大な資本投下に過度に依存することなく、都市成長に合わせて段階的に規模を抑えて整備し、地元の枠の中で再利用・多面的利用によって賄ったり地元で工夫したりする、地産地消型の都市構造が有効と考えます。

 地産地消型の都市に向けては、「数km程度の顔の見えるcompact area」を基本単位とする分散型の都市構造・都市インフラ構造群を元に、住んでいる人々同士の連帯や工夫すらも取り込みながら、「良好な生活環境と産業環境」を情報化の手段を利用して実現したい。こうした環境こそが、スマートシティという"商品"であり、日本こそが発信の先頭となるべきものと思います。

 Smart City Week 2011こそが、世界に向けてこれからの都市の商品価値を高めていくための議論と交流の場とも、新たな創造と出発の場ともなるはずです。

Yosuke Mochizuki, Director Nikkei BP Cleantech Institute

Outline

Dates

Conference
24 Mon. - 28 Fri. October, 2011

Exhibition
26 Wed. - 28 Fri. October, 2011
10:00~17:00

Venue

PACIFICO Yokohama

Organized by

Nikkei Business Publications,Inc.

Special cooperated by

City of Yokohama

Supported by

Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) / The Organization of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism/Japan Smart Community Alliance(JSCA)

Collaborated by

Semiconductor Equipment Association of Japan (SEAJ) /The Chemical Society of Japan / Japan Vacuum Industry Association / The Japan External Trade Organization (JETRO)

Supervised by

NikkeiBP Cleantech Institute

Cooperated by

Nikkei Business/ Nikkei Ecology/ Nikkei Electronics/ Nikkei Computer/ Nikkei Architecture/ Nikkei Monozukuri/ Nikkei Automotive Technology/ Nikkei Business Publications Eco Management Forum

Media sponsor

  

The number of visitors

55,000(tentative)

Admission fee

2,000yen (including consumption tax)
Online pre-registration enables free admission into exhibition.