スマートシティ 関連コラム

2012年7月23日

電力料金が毎日変わるダイナミック・プライシング、生活にどう影響

筆者:志度 昌宏=日経BPクリーンテック研究所
出典:日本経済新聞電子版「クリーンテック最前線」 6月13日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 「明日の午後1時から4時にかけて、特に電気代が高くなるんだって! 家にいるとエアコンやテレビでお金がかかるよなあ。よし、皆で涼しいところに出かけちゃおうか」――。こんな暮らし方が定着するかどうかを確かめる実験が、北九州市でこのほど始まった(写真1)。「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として進められている「ダイナミック・プライシング」の実証実験である。

 ダイナミック・プライシングでは、需給状況の変化に応じて電力料金を日々、変動させる。限られた供給量に対して需要が過大になるであろう時間帯の電力料金を上げることで、電気を使う人の節電行動を促す。供給側から需要調整をうながすデマンドレスポンス(DR)と呼ばれる手法の一つである。

 電力料金の上下に応じて、多くの一般消費者がどのように行動するのかは実は意外に分かっていない。そこで、供給側の狙い通りに家事や外出の予定を変えてくれるのか、あるいは変えてもらうには料金をどのくらい変化させればよいのかを確かめる必要があるのだ。

 このダイナミック・プライシングに先行して導入されるのが、時間帯別の料金制度である。電力各社が2012年夏の節電対策として導入することを決めている。例えば東京電力の「ピークシフトプラン(ピーク抑制型季節別時間帯別電灯)」や関西電力の「季時別電灯PS」などがある。いずれも7月~9月までの平日午後1時から午後4時までをピーク時間とし、東電の場合は、昼間の26.53円に対しピーク時は44.6円、関電の場合は昼間20.62円からピーク時は52.82円にまで高める。

 これらの制度では、電力需要が高まる日中の料金単価を高くすることで、ピーク時より昼間、昼間よりは夜間に電力使用がシフトすることを期待する。適用期間中の電力料金は一定だ。これに対し、ダイナミック・プライシングでは考えを一歩進めて、発電量と使用量を予測し、需給バランスに応じて電力料金を変動させる。発電量が同じであっても、需要が高ければ電力料金は高くなるし、需要が低そうならば電力料金は安くなる。

地域節電所の始動スイッチ投入の様子  2012年5月26日の式典において実証実験が始まった。スイッチを押すのは左から、橋本孝之 日本IBM会長、北橋健治 北九州市長、牧野聖修 経済産業省副大臣、明賀孝仁 新日本製鐵常務取締役、奥野嘉夫 富士電機取締役執行役員副社長。右側は北九州市の環境マスコットキャラクターの「ていたん」

「地域節電所」で地域全体の電力需要を管理

地域全体のエネルギーの需給最適化を図る「地域節電所」

 北九州市は、このダイナミック・プライシングの実証に向けて「地域節電所」と呼ぶ施設を2012年5月26日に始動させた(写真2)。地域のエネルギー流通を一元管理し、需給予測をしたり、料金変更の必要性を判断したりする“司令塔”になる施設だ。

 地域節電所では、気象予測のデータなどを取り込みつつ、天然ガスを使ったコージェネレーションや太陽光などによる発電量を予測する。並行して、実証実験に参加する北九州市八幡東区東田地区の230世帯、50事業所の電力需要量も予測する。さらに東田地区に設置した大型蓄電池の充放電の能力も加味し、同地区内における最適なエネルギー流通の状況をコンピューターで計算する。その結果、もし供給量不足に陥る場合は、需要抑制の必要度に応じた時間帯別の料金テーブルを作成し、実験に参加する世帯や事業所に伝達する。

一覧へ戻る

メディアパートナー

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ

Platinumスポンサー

Goldスポンサー

Silverスポンサー

Bronzeスポンサー