スマートシティ 関連コラム

2012年9月6日

【クラウドが支えるスマートシティ】力覚/触覚情報を遠隔地でやり取り

大西 公平(慶應義塾大学教授)/下野 誠通(横浜国立大学助教)/名取 賢二(青山学院大学助教)
出典:出典:ITpro Magazine 2010年秋号  pp.12-21
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

人間の知覚に基づく科学技術を

 では、個性や身体的特徴に基づいて人間機能を延伸・増幅し、個人の行為を物理的に支援するためには、具体的にどのような科学技術が必要になるのだろうか。

 その一つが、人間の知覚に基づく科学技術である(図1)。人間は、知覚を通じて周囲環境を認識し、取得した知覚情報に基づいて状況を判断しながら、物理的に道具を用いて、何らかの目的を達成するように行動しているからだ。

図1●力覚情報や触覚情報を扱う「ハプティクス」テクノロジーの実用化が近づいている

 従来の科学技術は、人間の視覚情報と聴覚情報を工学的に伝達し記録し再現することを可能にしてきた。それらがさまざまな製品として世に出ることで我々の生活を豊かにしている。テレビやビデオ、CDやDVDに代表される電気機器が普及し、携帯電話やWebなどネットワークを通じて地球上の情報を享受できるのも、科学技術によるものだ。

 しかし、視覚情報と聴覚情報に基づいた人間支援の方法論の多くは、周囲環境とは非接触な動作に対する支援、あるいは接触を伴った人間の行為に対するナビゲーションなど、間接的な支援の実現でしかない。人間のほとんどの行為は、周囲環境との接触動作であり、接触時に知覚する力覚情報と触覚情報が非常に重要な情報になっている。

 つまり、他者が目で見ても分からないような微妙な力加減や繊細な触り方が、個人のスキルや巧みさ、ひいては個人の行為の癖や“その人らしさ”を理解するためには必要不可欠である。したがって、人間の接触動作を直接的に支援するためには、力覚情報や触覚情報に関する工学技術の発展が必要になる。力覚情報や触覚情報を扱う学問分野は「ハプティクス」と呼ばれる。

 もう一つの重要な科学技術が、離れた場所にある機器・装置などを操作する遠隔操作だ。人間は古くから、物理的な距離もしくは時間をテクノロジーによって短縮するために、さまざまな手法を模索してきた。これは、距離や時間という物理的な制約を、身体性の拡張もしくは延伸によって解決するということにほかならない。

一覧へ戻る

メディアパートナー

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ

Platinumスポンサー

Goldスポンサー

Silverスポンサー

Bronzeスポンサー