コンファレンス

G-1 日時:10/29(月)13:00~17:00 会場:パシフィコ横浜 会議センター1F メインホール 主催:神奈川県 無料

満席につき、お申し込み受付を終了いたしました

自治体セミナー(Municipality seminar)

かながわ発!エネルギー革命

2011年、東日本大震災に引き続く福島第一原子力発電所の事故は、わが国に深刻な電力需給逼迫をもたらしました。こうした中、神奈川県は「原子力発電に過度に依存しない」「環境に配慮する」「地産地消を推進する」といった三原則のもと、「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」の三つの取り組みにより、地域が中心となった分散型エネルギーの構築を目指す「かながわスマートエネルギー構想」を公表し、全国初の仕組みとなる「かながわソーラーバンクシステム」を発足するなど、「神奈川発のエネルギー革命」は着実に実を結びつつあります。

そこで、「かながわスマートエネルギー構想」の発表から一年を経た時期を捉え、これまでの取り組みの成果を明らかにするとともに、構想実現に向けた様々な課題や提案を県民や企業関係者等と共有するためのセミナーを、「スマートシティ」やその基盤技術のグローバルビジネス展開を志向する民間大規模イベントと連携して開催いたします。

  • <第1部>13:00~15:10

    主催者挨拶、知事講演「かながわ発!エネルギー革命」

    国のエネルギー政策の見直しに先行して、神奈川県が進めてきた「かながわスマートエネルギー構想」の概要や、県有施設の屋根貸し、県有地活用のメガソーラー整備計画等、これまでの取り組み実績をわかりやすくご紹介するとともに、構想実現に向けた今後の展望、かながわの目指す姿について、知事が熱く語ります。

    神奈川県知事

    黒岩 祐治 氏

    1954年神戸市出身。1980年にフジテレビジョン入社。報道記者、番組ディレクターを経て「FNNスーパータイム」「(新)報道2001」でキャスターを務める。自ら手がけた救急医療キャンペーンが救急救命士誕生に結びつき、第16回放送文化基金賞、平成2年度民間放送連盟賞を受賞。2009年10月国際医療福祉大学大学院教授に転身。2011年4月神奈川県知事に就任、現在に至る。

    【特別講演(1)】

    3.11を契機としたエネルギー政策の転換

    東日本大震災を契機とし、日本のエネルギー政策の見直しが動き始めている。本講演では、再生可能エネルギー、省エネルギー、スマートコミュニティ政策の現状と、先日決定された「革新的エネルギー・環境戦略」を実現していくための具体的手段と今後の展望について語る。

    資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長

    新原 浩朗 氏

    1984年東大経済学部卒、通商産業省(現経済産業省)入省。2002年商務情報政策局情報経済課長、07年経済産業政策局産業組織課長、10年首相秘書官などを経て、11年1月大臣官房審議官(経済産業政策局担当)、11年9月から現職。ハーバード大学経済学部の客員研究員も務めていた。

    【特別講演(2)】

    Fujisawa SST(藤沢サスティナブル・スマートタウン)構想について

    世界で数百と言われるスマートシティプロジェクトも今まさにコミュニティのあり方が注目されています。パナソニックでは、そのコミュニティのあり方と創・蓄・省エネルギーの3つのエネルギーの最大活用による分散型エネルギーの構築を目指し、神奈川県藤沢市の当社工場跡地にて環境共生型街づくりプロジェクト「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」の実現に向けて、藤沢市、パートナー企業各社とともに推進しています。このスマートタウン構想についてご紹介します。

    パナソニック 代表取締役副社長・エコソリューションズ社 社長

    長榮 周作 氏

    1972年松下電工入社、照明事業部門で主に商品企画、商品開発を担当する。2000年インドネシア松下電工ゴーベル社長、2007年松下電工 常務取締役、照明事業本部 住宅照明事業部長、2008年専務取締役電材マーケティング本部長、2010年パナソニック電工(旧松下電工)代表取締役社長に就任。2012年1月パナソニックグループの新体制移行により、パナソニックの社内分社として発足したエコソリューションズ社社長に就任。2012年6月パナソニック代表取締役副社長に就任、現在に至る。

    【特別講演(3)】

    目指せ!自産自消のエネルギー!

    新しい日本を拓いていくためにも、3.11を経て、私たちは新しい暮らし方や、新しい『あたりまえ』を創っていくべき時にあります。『いのち』が輝く社会を実現させる鍵は、エネルギーにどう向き合うか。ひとえに、そこにかかっていると考えます。自らつくり、自ら費すエネルギーについて考えてみたいと思います。

    NPO法人ガイア・イニシアティブ代表

    野中 ともよ 氏

    1979年よりNHK、テレビ東京などで番組メインキャスター。2001年より日興ファイナンシャル・インテリジェンス理事長、アサヒビール取締役、三洋電機代表取締役会長などを歴任。財政制度審議会、中央教育審議会など政府審議会委員や産業技術総合研究所、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の経営諮問委員も兼務。2007年8月NPO法人ガイア・イニシアティブを設立し、代表を務める。

  • 【休憩】

  • <第2部>15:20~17:00

    【パネルディスカッション】

    かながわ発!エネルギー革命

    「かながわスマートエネルギー構想」の実現に向けた具体的な課題や、国のエネルギー政策の見直しを受けて、県の構想を今後どのように推進していくべきかについて、これまで環境・エネルギー問題に深く携わってこられた方々から 、それぞれの立場からの知見及び意見を伺い、構想実現に向けた方向性について議論いたします。

    【コーディネーター】

    神奈川県知事

    黒岩 祐治 氏

    1954年神戸市出身。1980年にフジテレビジョン入社。報道記者、番組ディレクターを経て「FNNスーパータイム」「(新)報道2001」でキャスターを務める。自ら手がけた救急医療キャンペーンが救急救命士誕生に結びつき、第16回放送文化基金賞、平成2年度民間放送連盟賞を受賞。2009年10月国際医療福祉大学大学院教授に転身。2011年4月神奈川県知事に就任、現在に至る。

    【パネリスト】

    東海大学工学部教授、神奈川県参与

    内田 裕久 氏

    1975~81年 マックス・プランク金属研究所研究員 1981年~現在 学校法人東海大学工学部勤務 東海大学研究推進部長、未来科学技術共同研究センター所長、工学部長、副学長、理事を歴任し、現在、工学部教授。
    この間、(財)神奈川科学技術アカデミー(KAST)内田超磁性材プロジェクトリーダー(1990~94)、パリ大学招聘教授(2002)を兼任。現在、国際水素エネルギー協会副会長、(財)松前国際友好財団理事長、(財)本田財団理事、日本希土類学会理事、日経産業新聞コラムニストなどを務める。

    東京工業大学特命教授、先進エネルギー国際研究センター長

    柏木 孝夫 氏

    米国商務省NBS招聘研究員などを経て、1988年東京農工大学教授に就任。2007年から東京工業大学大学院教授、同大学ソリューション研究機構・先進エネルギー国際研究センター長。2012年から現職。経済産業省総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長、日本エネルギー学会会長などを歴任し、長年、国のエネルギー政策づくりに深く関わる。

    パナソニック代表取締役副社長・エコソリューションズ社社長

    長榮 周作 氏

    1972年松下電工入社、照明事業部門で主に商品企画、商品開発を担当する。2000年インドネシア松下電工ゴーベル社長、2007年松下電工 常務取締役、照明事業本部 住宅照明事業部長、2008年専務取締役電材マーケティング本部長、2010年パナソニック電工(旧松下電工)代表取締役社長に就任。2012年1月パナソニックグループの新体制移行により、パナソニックの社内分社として発足したエコソリューションズ社社長に就任。2012年6月パナソニック代表取締役副社長に就任、現在に至る。

    NPO法人ガイア・イニシアティブ代表

    野中 ともよ 氏

    1979年よりNHK、テレビ東京などで番組メインキャスター。2001年より日興ファイナンシャル・インテリジェンス理事長、アサヒビール取締役、三洋電機代表取締役会長などを歴任。財政制度審議会、中央教育審議会など政府審議会委員や産業技術総合研究所、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の経営諮問委員も兼務。2007年8月NPO法人ガイア・イニシアティブを設立し、代表を務める。

    東京ガス代表取締役副社長

    村木 茂 氏

    1972年東京ガス入社。1989年ニューヨーク事務所副所長、1992年ニューヨーク事務所長。1994年神奈川事業本部産業営業部長。1996年原料部マネージャー、2000年原料部長、2002年執行役員企画本部原料部長。2004年常務執行役員技術開発本部長。2007年取締役常務執行役員エネルギーソリューション本部長。2010年から現職。日本エネルギー学会会長、都市環境エネルギー協会副理事長なども務めている。

  • 閉会挨拶

    神奈川県知事

    黒岩祐治 氏

    1954年神戸市出身。1980年にフジテレビジョン入社。報道記者、番組ディレクターを経て「FNNスーパータイム」「(新)報道2001」でキャスターを務める。自ら手がけた救急医療キャンペーンが救急救命士誕生に結びつき、第16回放送文化基金賞、平成2年度民間放送連盟賞を受賞。2009年10月国際医療福祉大学大学院教授に転身。2011年4月神奈川県知事に就任、現在に至る。

メディアパートナー

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ