コンファレンス

日時:11/1(木) 会場:パシフィコ横浜 アネックスホール
  • オンラインでのお申込み受付は終了しました。
    空席がある場合に限り、当日の受付もいたします。直接講演会場までお越しください。

    12:20~13:00

    T-10

    無料

    【次世代パワーデバイス】

    次世代パワーデバイスの高品質・高信頼性確保に向けた取り組み ~ 「安心・安全」を求めて

    HV・EV、スマートグリッド市場などのアプリケーションの中核技術となるパワーデバイスについて、日本のデバイスメーカーは世界最高の技術レベルを有しています。既に使用されているSiパワーデバイスについては評価項目・方法が標準化され、高い品質と信頼性が担保されています。これに加えて、近い将来実用化されるであろう次世代パワーデバイスについても、「安心・安全」に使用するために品質、信頼性確保に関する規格化、標準化の検討を始める必要があります。その一環として本講演では、「パワーデバイス・イネーブリング協会」での取り組みについて紹介します。

    アドバンテスト Power Device Enabling Group, Functional Manager

    尾池 洋志 氏

    1989年アドバンテスト入社。2009年 認証協会準備室、 Function Manager (経営企画室兼務)、12年からPower Device Enabling Group、Function Manager(Cloud Testing Service兼務出向)

  • オンラインでのお申込み受付は終了しました。
    空席がある場合に限り、当日の受付もいたします。直接講演会場までお越しください。

    13:20~14:00

    T-11

    無料

    【スマートグリッド/スマートハウス・ビル】

    「いつも」も「もしも」の時も、安全・安心・快適な暮らしを提供する日本初のスマートタウン

    積水ハウスでは、省エネ、創エネ、蓄エネを組み合せ、「いつも」は、我慢の省エネをしなくても家が勝手に省エネ・創エネしてくれ、快適にゆったり暮らせ、しかも発電量が使用電力量を上回り、街の発電所として電力不足解消に貢献。「もしも」の時には、自動的に自立電源に切り替わり、テレビを見ながら食事をして、お風呂にも入れる安心・安全な暮らしができる日本初のスマートハウスを提供し、全国で「スマートコモンシティ」も展開しています。本講演では、このスマートハウス/スマートシティを紹介します。

    積水ハウス 執行役員 環境推進部長 兼 温暖化防止研究所長

    石田 建一 氏

    専門は、快適な省エネ住宅の研究・開発。2008年、洞爺湖サミットのゼロエミッションハウスの建築や、CO2排出を差し引きゼロにするCO2オフ住宅を開発。現在は、快適で光熱費の安くCO2排出量の少ない「グリーンファースト」モデルを推進。

  • 満席につき、お申し込み受付を終了いたしました

    14:20~15:00

    T-12

    無料

    【スマートグリッド】

    フリースケール・セミコンダクタが提供するHEMS/BEMS向け最新ソリューションとスマートエネルギ戦略

    温室効果ガスの排出量削減を実現しつつ、より安心かつ安定したエネルギー政策が求めらている今、世界レベルでスマートエネルギーの実現に向けた投資や研究が活発化しています。フリースケール・セミコンダクタでは、家庭、オフィス、および商業施設等の需要家レベルにおける効果的なエネルギー管理と制御が重要と認識し、その基盤となる通信技術やコントローラ製品を研究開発してきました。本セッションでは、フリースケールの最新のマイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、通信用IC、およびソフトウエアによる、HEMS/BEMSやスマートメーターのトータル・システム・ソリューションを紹介します。

    フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン 統括・戦略室 インダストリアル・セグメント・マーケティング担当部長

    喜須海 統雄 氏

    1992年日本モトローラ半導体事業部(当時)に入社。2004年フリースケール・セミコンダクタ。テレコム製品のアプリケーション・エンジニア、通信プロセサのマーケティングなどを経て現職。専門分野はスマートエネルギー、医療/健康など。

  • 満席につき、お申し込み受付を終了いたしました

    15:20~16:00

    T-13

    無料

    【スマートシティ】

    新しいイノベーションとしてのスマートシティ

    新しいオープンイノベーションであるスマートシティをMOT(技術経営)・MIP(知的財産戦略)の視点から俯瞰し、今後の新しいビジネス展開と技術のタネについて考察する。

    東京理科大学 東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授

    田中 芳夫 氏

    産業技術総合研究所参与、青山学院大学大学院ビジネス法務研究科客員教授。日本IBM研究開発部門理事、マイクロソフトCTO・CSOを経て現職。

  • オンラインでのお申込み受付は終了しました。
    空席がある場合に限り、当日の受付もいたします。直接講演会場までお越しください。

    16:20~17:00

    T-14

    無料

    【スマートシティ】

    安全・安心・快適な社会実現に向けて~構造計画研究所のシミュレーション技術~

    渋滞による過剰なCO2の排出、次世代交通システムの普及、大規模災害時における輸送手段の確保など“交通”におけるスマートシティ実現に向けた問題・課題は少なくありません。本講演では、自然・構造物・社会など、様々なモノをシミュレーション対象としてきた構造計画研究所が提供する、スマートな社会の実現に貢献する「シミュレーション技術とその適用事例」について、交通分野を中心に紹介します。

    構造計画研究所 PTV VISION プロダクトマネージャー

    岡平 祐介 氏

    2004年構造計画研究所入社、データ分析・コンサルティング等に従事。09年より3年間、独カールスルーエ工科大学にて客員研究員として人工知能の研究を行う。12年2月より交通シミュレータPTV VISIONの販売・技術担当として活動している。

メディアパートナー

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ