Conference

S-10 November 2(Fri) 9:30~13:00 Venue:PACIFICO Yokohama Conference Center 監修:日経エコロジー 有料

closed

Professional seminar

Solar Fuel Technology Supporting the Energy Business
―Development to Date of Artificial Photosynthesis, Magnesium Cells, and Algal Biomass

Small Energy Resource Nation: Roadmap to Escape

These days, attention has shifted away from power generating technologies to focus on “solar fuel” that can be stored or transported. If it can be converted and stored in the form of chemical energy or biomass, solar energy will become available for use in the desired location and at the desired time. Attention focuses on three technologies, “artificial photosynthesis”, “algal biomass”, and “magnesium cells”, and examines the path toward practical application, and their impact on industry.

Admission fee \25,000JPY (include tax)

Half year subscription for "Nikkei Ecology" is included. Delivery address is limited in Japan.

  • 9:30~9:40

    【Introduction】

    Significance of Next-Generation Energy Storage Technology

    Nikkei Business Publications, Inc. Producer, Nikkei Ecology

    Kiyotaka Nakanishi

  • 9:45~10:45

    Use artificial photosynthesis and plant mechanism to accumulate solar energy

    太陽エネルギー利用分野において、太陽電池や太陽熱利用、バイオマスに次ぐ第四の技術として人工光合成が注目されている。人工光合成反応の中でも光触媒や光電極を用いた水分解水素製造は非常に有望な技術と考えられているが、その現状と展望についてわかりやすく解説する。同グループは光触媒および光電極のどちらにおいても世界最高の太陽エネルギー変換効率を達成している。その詳細についても解説する。

    National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Energy Technology Research Institute, group leader of Solar Energy Conversion Group

    Kazuhiro Sayama

    研究歴・専門分野・主なテーマ
    1990年ー現在 半導体光電極による光エネルギー変換の研究開発に従事。
    1995年―現在 色素増感太陽電池の研究開発に従事。
    1997年―現在 半導体光触媒を用いた水分解水素製造の研究開発に従事。

  • 10:55~11:55

    Approaching Practical Development of Magnesium Cell and Recycle System

    エネルギーを貯蔵・輸送するエネルギー通貨としてのマグネシウム(Mg)を用いた新エネルギー循環システムを提案した。Mgを酸素や水と反応させてエネルギーを取り出し、反応生成物の酸化マグネシウムを、太陽光や風力などを用いて、Mgに戻して再び使用できるようにして、エネルギーの貯蔵、輸送媒体とするアイデアである。まもなく実用化されるマグネシウム電池と、レーザーでこれを元に戻すシステムの現状を紹介する。

    Tokyo Institute of Technology School of Engineering, professor in Mechanical Engineering Major

    Takashi Yabe

    東京工業大学・教授。新計算法の業績により、1999年に英国王立研究所創立200周年記念招待講演。マグネシウムと太陽光レーザーによる新エネルギーの研究は、2009年の米国TIME誌で、Heroes of the Environmentに選ばれた。

  • 12:00~13:00

    Possibilities of Algal Oil as Petroleum Substitute-From Transport Fuel to Industrial Raw Material

    藻類オイルの生産性の高さから世界中で研究・開発が加速している。藻類オイルには炭化水素や脂肪酸等が含まれる。これらはいずれもガソリンやケロシンに改質できるエネエルギー資源であるが、触媒クラッキングによって芳香族炭化水素、エチレン等の工業原料も製造することができる。藻類オイルの燃料及び工業原料としての諸外国の研究や我国の産業化に向けた取り組みについて、将来展望を含めて解説する。

    Tsukuba University Graduate School of Life and Environmental Science Professor

    Kunimitsu Kaya

    専門は天然物有機化学。東北大学大学院環境化学研究科・教授を経て2009年から現職。藻類オイルの構造解析やオイル精製プロセス、オイルの利用法などの研究に従事。

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ