Conference

S-6 October 31(Wed) 9:30~13:00 Venue:PACIFICO Yokohama Conference Center 監修:日経コミュニケーション 有料

closed

Professional seminar

Knowing the Potential Threats to Information Security in the Smart City

危険は社会インフラから個人のプライバシー情報にまで及ぶ!!

For criminals with bad intent (hackers) or for terrorists, the Smart City is an environment where variegated information can be stolen and systems controlling social infrastructure can be hijacked. Security policy cannot be avoided if a Smart City that allows secure living is to be realized, security policy is unavoidable. What are the actual potential risks? What specific measures should be taken? These questions are analyzed by the experts.

Admission fee \27,000JPY (include tax)

Half year subscription for "Nikkei Computer" is included. Delivery address is limited in Japan.

  • 9:30~10:20

    Smart City and Security

    スマートシティでは、各種の社会インフラ、各家庭(スマートハウス)がネットワークを介してつながります。その結果として、インターネットと同様の情報セキュリティに関する危険が、生活全体に影響を及ぼします。これまでの火事や漏電といった安全面だけではなく、悪意ある攻撃者から社会インフラや自分の身を守るための情報セキュリティの検討が必要となるわけです。本講演では、スマートシティでどのような危険が考えられるかを例示するとともに、ユーザーに近いスマートハウスの中から各家庭で利用される情報家電や自動車に焦点を当て、それぞれのセキュリティ対策について解説します。

    IPA:Information-technology Promotion Agency, Japan

    Manabu Nakano

    2006年 横浜国立大学環境情報学府博士課程後期了。博士(情報学) 同年 (独)情報処理推進機構 入社。制御システムや組込みシステム、バイオメトリクス等のセキュリティ課題に関する調査や、その成果の普及に関する活動に従事。現在、同機構主任。

  • 10:20~11:10

    Actual State of Cyber Attacks on Social and Industrial Infrastructure

    サイバー脅威は、もはや国家としての安全保障上の問題になりつつあります。しかし平時にその実態を身をもって感じることは容易ではありません。多くの経営者は意識が高まらず、有事に必要とされる対応への準備がなされない状況に陥っています。一方、攻撃者はこのような状況をよく観察し、そして首尾よく攻撃を成功させています。本講演では、この実情を詳しく説明し、対策の最善策を紹介します。

    Cyber Defense Institute

    Toshio Nawa

    株式会社サイバーディフェンス研究所上級分析官。US Air Force Noncommissioned Officer Academy,航空自衛隊相対プログラム管理隊プログラム幹部などを経て、2006年JPCERT/CC早期警戒グループリーダー。2009年より現職。デジタル・フォレンジック研究会理事なども務める。

  • 11:20~12:10

    Privacy Guarantees That Should be Considered in Smart Cities
    - From Debate on Smart House and Building Management Based on Public-Private Sector Collaboration

    エネルギー事業者と需要家(消費者)が、スマートメーターを介し、同一条件でエネルギー消費情報を活用できるようになると、これまでにない新しいサービスを生み出せる可能性が広がります。ただ、これを持続的なイノベーションにつなげるには、個人の情報を適切に守る仕組みが欠かせません。経済産業省が設置した「スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会」での議論をベースに、スマートシティとプライバシー確保に関する現状と今後について解説します。

    JSCA Smart House and Building Standards Project Promotion Study Group,vice chairman

    Masaki Umejima

    AutoIDLabsJapan副所長、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科特任講師としてプラットフォーム概念を用いた社会問題や企業経営問題の解決、無線通信インフラの研究などにおいてアジア各国の先端大学との連携を重視した研究を行う。公的役職多数。

  • 12:10~13:00

    In-House CSIRT – Organization Nerve Center Confronting the Outrageousness of Being Unable to Run Away from Cyber Attacks

    ネットワークにつながるすべての機器がサイバー攻撃の対象となる時代をしなやかに生き抜くための情報セキュリティ対策について、組織内コンピュータセキュリティインシデント対応チーム(CSIRT)の機能と役割、構築のあり方を中心にお話します。

    Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center (JPCERT/CC)

    Jyunko Hayakashi

    1984年法務省入省、外務省、経済産業省等に出向。各種登記制度のコンピュータ化立法、民商事法、電子署名・認証業法、電子商取引法制、国際裁判管轄、準拠法等を担当。2003年7月IPAセキュリティセンター長、2006年4月JPCERT/CC常務理事就任、2012年7月より専務理事。

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ