Smart City Week 2012 会場速報

2012年10月29日

【SCW2012】「企業によるイノベーションを促進できる枠組みをつくる」――資源エネルギー庁の新原氏

 「いかに進みやすい枠組みを作り、企業によるイノベーションの促進を容易にするか。ここに注力する」――。資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長の新原浩朗氏は、Smart City Week 2012(10月29日~11月2日開催)における自治体セミナー「かながわ発!エネルギー革命」に登壇し、今後のエネルギー政策について、このような意向を明らかにした。

 新原氏は、「3.11を契機としたエネルギー政策の転換」というタイトルで特別講演した。同氏によると、欧米では原子力発電所の大きな事故の後に脱・原子力発電への政策転換が不可逆的に進んできた。東日本大震災に伴う福島の原子力発電所の事故によって、同様の政策転換は日本でも避けられない。資源エネルギー庁も、(1)エネルギー供給、(2)需要、(3)需給メカニズムの3つの点からエネルギー政策を転換しているとする。

 具体例として、先日決定された「革新的エネルギー・環境戦略」を挙げる。再生可能エネルギーを家庭や企業、発電網に大量に導入しやすい方向性を打ち出した。北海道などで風力発電を導入しやすくするための送電網の強化や、太陽光や風力といった出力が不安定な電源の導入に対応するために大型蓄電池を導入しやすくする施策などを盛り込んだという。

 この7月に導入された太陽光発電による電力の固定買取制度(FIT)については、「2012年度だけで約200MWの拡大が見込まれる」とし、こうした制度や戦略が噛み合うことで現在の20~30倍の太陽光発電所の導入も進むだろうと予測する。FIT以前の太陽光発電の導入量は500MWだった。一方で風力発電については、農地転用によって再生可能エネルギーの導入を拡大するだけでなく、その電力の販売によって農家の経営が安定するという両方の利点が見込める点を指摘した。

 新原氏はまた、現在実証中のスマートシティ/スマートコミュニティ関連のプロジェクトに触れながら、マンションにおける一括受電など、ICT(情報技術)の組み合わせで、スマートコミュニティを拡大できるとの予測を示した。一括受電マンションとは、電力供給を建物全体の契約に切り替え、棟内の戸別の電力の需給についてはマンション内の事業にすることで、電力買い取り量を引き下げる手法で、NTTファシリティーズの実施例を紹介した。スマートメーターの導入に及び腰な電力会社への対抗策にもなるとして、「神奈川県とも連携し、取り組みを加速させていきたい」(新原氏)と強調する。

 最後に新原氏は、熱の有効活用について触れた。再生可能エネルギー熱の利用や未利用エネルギー熱の活用、蓄熱槽の活用などである。このうち、河川の水の熱を使った東京・箱崎地区の例として、ビルの地下に設けたプラントで冷水や温水を作り、周囲の地区に供給する仕組みを紹介。ここでは、約3割の省エネルギー化が実現できているとして、熱の有効活用を考えることの必要性を示した。

(加藤 伸一=ジャーナリスト)

Smart City Week 2012 会場速報一覧へ戻る

メディアパートナー

  • FT
  • Bloomberg Businessweek
  • 人民網
  • 能源網
  • 環球雑誌社(新華社)
  • 瞭望周刊社(新華社)
  • サイゴンタイムズ

Platinumスポンサー

Goldスポンサー

Silverスポンサー

Bronzeスポンサー