Cloud Days Tokyo   ビッグデータ EXPO   スマートフォン&タブレット     IoTjapan   eドキュメントJAPAN
 
 
このイベントについて 開催概要 お問い合わせ
 
井出 一仁 あるサイトから盗み出したIDとパスワードを使って、多数のオンラインサービスサイトに不正なログインを仕掛ける「パスワードリスト攻撃」。
狙いをつけた企業の社員が業務でアクセスするサイトを改ざんして不正なプログラムを埋め込み、感染させたPCを介して企業内の情報を盗み出す「水飲み場型標的攻撃」。
 企業・組織のサイトや重要情報を狙うサイバー攻撃は、攻撃意図の先鋭化と手口の高度化が急速に進んでおり、製造・流通・サービス・金融・公共など幅広い業種で金銭被害や情報窃取の実被害報告が相次いでいます。

顧客向けのオンラインサービスや、取引先とのサプライチェーン・ネットワークが事業・業務の重要な位置を占めるようになった現在、セキュリティ脅威への対応は、システム部門にとどまらず、全社的な経営課題になったといえるでしょう。
日々進化を続けるサイバー攻撃に対抗するには、企業システムの各所に幾重にも対策を施すとともに、侵入を前提にした早期発見の仕組みや緊急時対応体制を整えるなど、“多層防御”の考え方が不可欠です。

Security 2014は、多種多様なセキュリティ脅威に対応するための多彩なソリューションを一覧できる場とすることを目指しています。企業・組織における多層防御の実装を支援するために、貴社の製品/サービス/ソリューションの出展を、ぜひご検討ください。
開催概要

名称

Security 2014 秋

会期

2014年10月15日(水)〜17日(金)

会場

東京ビッグサイト 東4-6ホール

主催

日経BP社

入場料

3,000円 (消費税込、招待者・事前登録者は無料)

目標来場者数

6万人(予定) ※同時開催展含む

出展規模

350社/800小間(予定)

出展にあたってのスケジュール

申込締切日

2014年6月20日(金)

出展社説明会

2014年7月30日(水)

 
出展対象製品
脅威対策ソリューション
ウイルス(マルウエア)対策、スパイウエア対策、スパムメール対策、DDoS攻撃対策、フィルタリング、脆弱性対策、ファイアウォール、VPN装置、UTM製品(統合脅威管理)、検疫ネットワーク、データベースセキュリティ
情報漏洩対策ソリューション
暗号化ツール、ログ管理、コンテンツセキュリティ、ドキュメント管理、フォレンジック、シンクライアント、セキュアクライアント、メール・アーカイブ、DLP(データ流出防止)
アクセス制御ソリューション
ワンタイムパスワード、シングルサインオン、認証デバイス、PKI(公開鍵基盤)、アイデンティティ管理、ネットワークアクセス管理
 
セキュリティマネジメント
セキュリティコンサルティングサービス、セキュリティ監査サービス、セキュリティ資格関連、PCIDSS
物理セキュリティソリューション
ラックシステム、入退出コントロールシステム、画像伝送システム、監視装置・カメラ
クラウドセキュリティ
クラウドセキュリティ関連、仮想環境セキュリティ、データセンターセキュリティ(ネットワーク、バイオメトリクス認証、国外法的問題対策等)
 
来場対象者
情報システムのユーザー企業
経営者・役員、情報システム部門、システム企画部門、研究・開発・設計部門、企画・営業・マーケティング部門、総務・経理・財務部門
 
SI・コンサルティング企業、ハード・ソフトウェアベンダー/
メーカー、通信サービス事業者
経営者・役員、システムエンジニア、コンサルタント、研究・開発・保守・管理部門、企画・営業・マーケティング部門
出展に関するお問い合わせ
日経BP社 ITイベント事務局
itevents@nikkeibp.co.jp
TEL: 03-6811-8083 FAX: 03-5421-9170
 
展示会の登録、入場に関するお問い合わせ先
展示会の事前登録(無料)は、2014年8月上旬開始予定です。
展示会の登録、入場に関するお問い合わせはこちら
PageTop
日経BP社