フォーラムは全て終了しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

フォーラム

全てのプログラム

フォーラムタイムテーブル PDFダウンロード


10/18(月)

10/19(火)

10/20(水)


基調講演

セキュリティ・マネジメント

情報漏えい対策

メールセキュリティ

Webセキュリティ

セキュアネットワーク

シンクライアント/セキュアクライアント

エンドポイント・セキュリティ

エンタープライズ・リスク・マネジメント

BCM・BCP(事業継続)


基調講演

K1

国際会議場

10/18(月) 10:00-10:50

※展示会場内メインシアターで同時中継を行います。

木内 登英氏 2011年の日本経済を読み解く
〜トップエコノミストが来るべき再成長への道筋を分析
野村證券 金融経済研究所 経済調査部長 兼 チーフエコノミスト
木内 登英氏

企業が攻めのIT投資に打って出るには、経営環境を的確に把握することが欠かせない。日経ヴェリタスのエコノミストランキングで1位に選ばれるなど、日本を代表するトップエコノミストの木内氏が、10年に及ぶ海外経験を生かし、不透明な日本経済・金融の先行きを分析。来るべき再成長に向け、企業のリーダーがどんな心構えを持つべきかを語る。

基調講演

K2

国際会議場

10/18(月) 12:00-12:50

※展示会場内メインシアターで同時中継を行います。

猪瀬 直樹氏 「改革」に必要な思考法・視点・行動力とは
東京都 副知事、作家、東京工業大学特任教授
猪瀬 直樹氏

隠れた非効率やリスク、見落としがちなチャンスを見つけ出し、旧弊を乗り越えながら経営の改革や事業の発展を推し進めていくために、リーダーと組織に求められるものは何か---。政府委員として道路公団民営化をけん引し、東京都副知事に就任してからは高齢者のすまいプロジェクトや地下鉄一元化などの諸問題で国の規制や抵抗勢力に向き合う一方で、言語技術を身につけた人材を育てる「言葉の力」再生プロジェクトや水ビジネスの海外展開など新しい成長施策にも取り組んできている。これらの経験を基に、リーダーと組織が閉塞を破り前進するための視点や方法論について考える。

基調講演

K3

会議棟レセプションホールA

10/19(火) 10:00-10:50

※展示会場内メインシアターで同時中継を行います。

志賀 典人氏JTBグループにおける長期IT戦略とCIOの役割
-CIOオブ・ザ・イヤー2010受賞記念講演-
JTB 常務取締役経営企画担当・事業創造担当・IT企画担当
志賀 典人氏

インターネットの一般化により消費行動や流通構造が激変し、従来のビジネスモデルが揺らぎ始めているため、JTBグループでは、ビジネスモデル変革に向け、「交流文化事業」への脱皮を急いでいる。この動きに対応した長期IT戦略について説明するとともに、IT戦略の要となるCIOとはなにか、試行錯誤の実践事例を報告する。

基調講演

K4

会議棟レセプションホールA

10/20(水) 10:00-11:20

※展示会場内メインシアターで同時中継を行います。

古川 享 氏 「個」の力を、組織の力に
〜閉塞感打破のカギを日米キーパーソンが語る
<第1部 対談>
  「自分づくり」こそ出発点 〜 技術力+αでカベを突破しよう
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授
古川 享氏


外村 仁氏 エバーノート 会長、First Compass Group ジェネラルパートナー
外村 仁氏

フィル・リービン氏 <第2部 講演>
パーソナルクラウド 〜 個人力アップをエンタープライズの活力に
米Evernote CEO
フィル・リービン氏
※同時通訳

閉塞感漂う日本で企業や組織が勢いを取り戻すためのカギは、個人の潜在力を引き出し高めることに尽きる――。基調講演 第1部では、世界のビジネスの第一線で活躍してきた古川氏と外村氏が、日本のエンジニアとIT業界を奮い立たせるメッセージを贈る。第2部では米EvernoteのCEOが、「個」の力を組織の力に変えるクラウドサービスの真髄を明かす。

セキュリティ・マネジメント

XA1

展示会場内特設セミナー会場3

10/19(火) 12:00-12:40

従来の情報対策ではもう限界、国内外情報資産の新しい守り方
ゲネシス コンマース 代表取締役社長
安斎 誉彦 氏
ST Electronics(Info-Security) Pte Dy Director
Jimmy Neo
Z Microsystems
Shaojie Wu

情報漏洩に対し、近年企業が実施している対策の問題点について指摘し、新しい情報資産の守り方を、弊社の代表取締役の安斎より商品と併せてご紹介します。

スペシャルゲストとして、ST Electronics社Jimmy Neo氏、Z Microsystems社Shaojie Wu氏より、「安全性と信頼性の高いセキュリティ商品の定義」「商品説明と導入効果」についてご講演いただきます。

関連ワード 情報漏洩対策、暗号化認証、監視映像分析

情報漏えい対策

XB1

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 11:00-11:40

誤送信だけじゃない、故意の情報漏洩も防ぐ!
メール&Webセキュリティ実践ポリシー
クリアスウィフト リージョナルマーケティングマネージャー
中村 真 氏

今企業には、誤送信のような人的ミスから、組織の内部犯行による情報の持ち出しまで防ぐ情報漏洩対策が求められています。メールやWeb経由の情報漏洩をいかに防ぐのか、実践的なセキュリティポリシーを公開。外部攻撃(アンチスパム・マルウェア)、内部リスク(暗号化+フィルタリング)に有効な必要機能を解説します。
※メールフィルタリング国内シェアNo.1*クリアスウィフトSECURE Gateways最新機能のご紹介
*(株)ソースポッド発行 国内メール市場分析レポート2010より

関連ワード Web/メール情報漏洩、誤送信、暗号化、スパム、フィルタリング、仮想化

情報漏えい対策

XB2

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 13:00-13:40

内部からの情報漏洩を防止するための効果的なセキュリティシステム
三菱電機インフォメーションテクノロジー
第一事業本部 セキュリティソリューション統轄部 統轄部長
大高 謙二 氏

情報漏洩はミス、犯罪に起因した内部からの情報漏洩事故であることが多い。人間の性悪説に立った場合、この対策は非常に難しいものとなる。本セミナーでは、このような背景を踏まえた効果的な情報漏洩防止システムの一例を紹介する。

関連ワード ログ管理、端末操作ログ、ID管理、映像監視、入退室管理

情報漏えい対策

XB3

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 14:00-14:40

PCの情報セキュリティ対策とIT資産管理の徹底
−手間なく実現できるPC管理とは−
日立製作所 ソフトウェア事業部 販売推進部 主任技師
後藤 邦仁 氏

情報セキュリティ対策の中でも、特にオフィスのPCからの情報漏えいが問題視されています。情報漏えいを防ぐためにはPCの資産情報をしっかり把握した上で、データの出入りを見張ることが不可欠です。 本セミナーでは、専任の管理者でなくても手間をかけずに情報セキュリティ対策ができるPC管理ツールをご紹介します。

関連ワード 情報漏えい対策、IT資産管理、操作ログ、ライセンス管理

メールセキュリティ

XC2

展示会場内特設セミナー会場1

10/18(月) 14:00-14:40

導入事例:出光興産株式会社様が語る
〜クラウドで実現する、メール&Webセキュリティ〜
出光興産 情報システム部 システム企画課
野寺 利宜 氏
提供:IIJ 

当社では、今まで自社構築・運用してきたメール・Webのセキュリティ 対策を、2010年4月より、IIJのクラウド型ゲートウェイセキュリティサービス「IIJセキュアMX」・「IIJセキュアWebゲートウェイ」へ移行しました。
本講演では、同サービスの導入に至る経緯や導入時の苦労、導入後の効果などを紹介いたします。
同様のサービス導入を検討されている方のご参考になれば幸いです。

関連ワード クラウド、フィルタリング、情報漏洩、ログ保管、コンプライアンス強化、アーカイブ、ウィルス対策、マルウェア対策

メールセキュリティ

XC1

展示会場内特設セミナー会場3

10/19(火) 13:00-13:40

誤送信防止やアーカイブで企業リスクを低減!
メールセキュリティソリューションのご紹介
デジタルアーツ 取締役COO
高橋 則行氏

企業の情報漏洩対策がますます重要となる昨今、「うっかり誤送信防止機能」や「添付ファイルの自動パスワードロック機能」により企業リスクを軽減し、かつ高速な全文保存と即時検索・改竄検知機能により、企業の内 部統制強化を実現するメールフィルタリングソフト「m-FILTER」を、今後の展望を交えご紹介します。

関連ワード うっかり誤送信防止、情報漏洩対策、アーカイブ、フィルタリング

Webセキュリティ

XD2

展示会場内特設セミナー会場2

10/18(月) 14:00-14:40

ネットワーク高速化とWebセキュリティを実現!
新「プロキシアプライアンス」ご紹介
デジタルアーツ 取締役COO
高橋 則行氏

企業内でクラウド型サービスやWebアプリケーションの利用が急増する中、これらを介した情報漏洩の防止やネットワーク遅延への対応等、市場ではよりセキュアかつより高速なWeb利用環境が求められています。 これら課題を解決するデジタルアーツの新製品「プロキシアプライアンス」を、初めてご紹介させて頂きます。

関連ワード プロキシアプライアンス、Webセキュリティ、情報漏洩対策

セキュアネットワーク

XF2

展示会場内特設セミナー会場2

10/18(月) 16:00-16:40

RFDPIからアプリケーションの可視化、次世代ファイアーウォール
SonicWALL システムエンジニア
澁谷 寿夫氏
米国本社 シニアソフトウェアエンジニア
ダン コール氏

SonicWALLのマルチコアUTM(統合脅威管理)ソリューションは、再構築不要なディープパケットインスペクション(RFDPI)で主要なインターネットサービスプロテクションを提供。この革新的なテクノロジーから最新のアプリケーションの可視化とコントロールに至るアーキテクチャをご紹介。UTM製品の導入にお悩みの方には必見。

関連ワード ゲートウェイ、情報漏洩、マルチコア、不正侵入防御

セキュアネットワーク

XF3

展示会場内特設セミナー会場3

10/19(火) 16:00-16:40

UTM vs 次世代ファイアウォール
〜機能、アーキテクチャ、パフォーマンス徹底比較〜
パロアルトネットワークス 技術本部長
乙部 幸一朗氏

近年、WebメールやSNS、P2Pなどのアプリケーションによって引き起こされる生産性低下や情報漏洩、ボット感染が増加しておりますが、これらの脅威に対応するために生まれたのが次世代ファイアウォール『Palo Alto Networks PAシリーズ』です。本講演では幅広い観点から従来のUTM製品と次世代ファイアウォールを比較していきます。

関連ワード 次世代ファイアウォール、可視化、脅威防御、情報漏洩

セキュアネットワーク

XF1

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 16:00-16:40

フォーティネットの最新動向
〜UTMを再定義する次世代セキュリティソリューションとは?〜
フォーティネットジャパン プロダクトマネジメントディレクター
根岸 正人氏

脅威は複雑化、多様化しています。最新UTMで脅威から守る為にどこまでできるのか?また、フォーティネットのUTM以外のセキュリティラインナップに関してもご紹介いたします。

関連ワード UTM、ファイアウォール、VPN、アンチウイルス

シンクライアント/セキュアクライアント

XH1

展示会場内特設セミナー会場3

10/19(火) 15:00-15:40

パソコンからの情報漏洩を防ぐシンクライアント化ツール
ロムウィン 情報セキュリティ営業部 取締役 部長
細川 良治氏

情報漏洩防止対策として注目されるシンクライアント。
画面転送方式は高価な専用サーバが必要な為、導入する上で障害となっていた。「ROM化クライアントT4」は通常のパソコンをROM化することで、内蔵ハードディスクへの書き込みがいっさい発生せず、外出先でも利用できる。既存パソコンを流用できる為、低コストを実現。

関連ワード シンクライアント、情報漏洩、セキュリティ

エンドポイント・セキュリティ

XJ1

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 12:00-12:40

ITセキュリティ・アップデート:最新の脅威傾向と対策
ソフォス マーケティング部 マーケティング マネージャー
平野 祐司氏

ソフォスの脅威解析センターから発表される統計情報をまとめた、2010年上半期までのセキュリティ脅威レポートをベースに、企業を取り巻く脅威の傾向を説明します。また、ソフォスが提供するセキュリティ ソリューションを紹介します。

関連ワード 情報漏洩、暗号化、メールセキュリティ、マルウェア、スパム

エンタープライズ・リスク・マネジメント

XK1

展示会場内特設セミナー会場1

10/18(月) 13:00-13:40

ERM実現に向けた可視化メソドロジー〜次世代の企業改革に向けて
富士ゼロックス ソリューション・サービス営業本部 BPMソリューション営業部 部長
坂本 茂 氏

リスクを統制し強靭な企業体質を構築していくための出発点は可視化です。その為に経営者は人の流れ、モノの流れ、カネの流れを押さえますが、「情報の流れ」は困難を極めます。業務プロセスの見える化を土台にして、ITシステムの基幹データや紙・電子ドキュメント、さらには人が織り成すコミュニケーションを可視化することで達成できる、次世代の企業改革をご紹介してまいります。

関連ワード ERM、企業改革、リスク、統制、見える化、可視化、コミュニケーション

エンタープライズ・リスク・マネジメント

XK2

展示会場内特設セミナー会場2

10/18(月) 13:00-13:40

情報漏えい、本当に大丈夫ですか?
〜拡大する情報セキュリティ格付けの利用について〜
アイ・エス・レーティング 代表取締役社長
三好 眞 氏

昨今、悪意のある内部者による情報漏えいが増加し、企業が被る被害は大きくなってきています。とりわけ外部委託先の情報セキュリティ対策が本当に有効なのか心配している声が高まっています。本講演では、下記の3つを論点として、情報セキュリティ格付け制度や最新の政府動向等について解説します。

 ・クラウドコンピューティングに向けて普及するデータセンターの格付け
 ・金融庁監督指針改正(平成22年6月4日)への格付けの対応
 ・不正競争防止法/営業秘密管理指針再改訂(平成22年4月9日)における格付け活用

関連ワード 情報漏えい、情報セキュリティ格付け

ERM

XK3

展示会場内特設セミナー会場2

10/18(月) 15:00-15:40

これからの「統合ログ管理」は、企業を守る
-アークサイト ユニバーサル・ログ・マネージメント-
アークサイト  代表取締役
ジュセッペ 小林 氏

・セキュリティ対策に関しては、これまで予防的検知・外部脅威への対応が主体であった
・しかし、もしもの際のアラートによる効果は完全でなく、ましてゼロディ・アタックには通用しないのが現状
・多くの企業が、発生的検知や内部脅威への対応はこれから
・不正は人間が行うもの。その多くが内部からの犯行である
・内部を知りえるからこそ、その被害も甚大
・規模が大きくなるほど、企業を守るためには“リスクマネジメント”という観点が必要不可欠なのである
アークサイトは統合ログ管理を基に相関解析をリアルタイムで実行し、企業横断的に外部・内部脅威の発見とリスクマネージメントの手段を提供します。

関連ワード 統合ログ管理、情報漏えい、ERM

BCM・BCP(事業継続)

XL1

展示会場内特設セミナー会場3

10/19(火) 14:00-14:40

BCMプラットフォームとしてのデータセンター活用法
ほくでん情報テクノロジー データセンター事業部長
皆川 和志 氏
NEC 事業支援部 リスク管理エキスパート
堀 格 氏

データの安全性確保やシステムの継続利用など、事業継続対策としてデータセンターの重要性が一層高まっており、その利用形態も多様化しています。当講演では、最近のクラウド動向を踏まえ、データセンターをBCMプラットフォームとして活用するためのポイントを事例を交えてご紹介します。

関連ワード データセンター

BCM・BCP(事業継続)

XL2

展示会場内特設セミナー会場3

10/20(水) 15:00-15:40

クロネコヤマトの提案する製品リスクマネジメント
ヤマトマルチメンテナンスソリューションズ 代表取締役社長
金井 宏芳 氏

「リコール・自主回収」という言葉をよく耳にするようになるなど、製品安全に対する意識が高くなっている昨今、日頃から対策を立てる必要性が高まっています。不測の事態に備え、いざと言う時はどうすれば万全の体制で臨み、円滑に対応できるのか、クロネコヤマトが製品リスクマネジメントを提案します。

関連ワード リコール、自主回収、製品安全

同時開催! 東京ビッグサイト
同時開催! 東京ビッグサイト
同時開催! 東京ビッグサイト