ヒューマンキャピタル2006
 

カンファレンス・セミナーは全て終了いたしました。
多数のご参加をいただき,誠にありがとうございました。

アドバンストセミナー

HE1 8月2日(水) 13:30〜15:00 ホールB7 受講料無料
中堅企業の人事部門を効率アップする法
「自社導入型」と「アウトソーシング型」の優位点を徹底検証!
人事サービス・コンサルティング 
代表取締役社長 
武谷 啓 氏
 
講演概要
当社は、大手企業向けにはSAP、中堅企業向けにはOBIC7exと、異なるパッケージで人事給与業務のアウトソーシングサービスを受託しています。昨今、中堅企業のお客様からは“アウトソースと自社導入のどちらを選ぶべきか”というご相談が増えています。そこで、間違いのない選択のポイントを、事例に基づきご紹介します。@中堅企業に焦点を当てたシェアードサービスの動向 A中堅企業の人事部門が直面する課題とは B課題を解決する的確なソリューションを選ぶ C自社導入とアウトソーシングの優位点を徹底比較 D中堅企業向けにOBIC7exをなぜ選んだのか?
講師略歴
住友信託銀行入社。営業部署を経て1994年に人事部(採用・研修、人事企画)に配属。2002年異業種大手企業3社の共同シェアード会社設立と同時に代表取締役社長に就任。2005年OBIC7exの採用を契機に、事業モデルの見直しとオービック社との提携を実施。グループ企業以外からの受託も拡大中。

HE2 8月2日(水) 15:30〜17:00 ホールB7 受講料無料
今、知っておかねばならない3つの環境変化 〜人事システム再構築 成功の秘訣〜
ワークスアプリケーションズ 
代表取締役CEO 
牧野 正幸 氏
 
講演概要
2007年問題、グループ経営、コンプライアンス、SOA…。変化を引き起こす3大要因とは何か?激動の時代、変化への対応を成功させるには、どのような秘訣があるのか?景気が回復基調にある今だからこそ、バックオフィスへのIT投資に対して、ROI評価の必要性が問われます。将来的な不安要素に対応し、企業競争力を維持するための情報システム投資とはどのようなものか?人事給与パッケージNo.1(※)のシェアを誇るワークスアプリケーションズが、そのあるべき姿をご紹介いたします。 (※)矢野経済研究所「2004-2005 ERP市場の実態と戦略展望より」
講師略歴
日本の大手企業を中心に、情報システム構築のコンサルタントとして活躍。その後、1994年、コンサルティング会社を開設。1996年、ワークスアプリケーションズ代表取締役副社長就任。2001年、同社代表取締役CEOに就任。会社設立5年で業界トップ企業に成長させる。

HE3 8月3日(木) 13:30〜15:00 ホールB7 受講料無料
『創造・貢献』CASIOのDNAを継承する人材開発システム
カシオ計算機 
執行役員 業務開発部長 
矢澤 篤志 氏
 
講演概要
デジカメ、携帯という非常に競争の激しい中で独創的な製品とサービスの開発と普及を追求し、高い業績を上げ続けるカシオ計算機にはDNAを継承し続けるしくみがあります。『創造・貢献』の企業理念を社員一人一人の行動にまで結びつけ、「プロ人材」を育成するシステムの全体像とそのシステムを現場で活用をして、IT部門の人材改革に取組んだ事例をご紹介致します。
講師略歴
カシオ計算機入社後、海外営業、物流企画等の部門を経て1996年より業務開発部(情報システム部門)に配属、2001年部門長、2006年6月執行役員就任予定。IT部門、子会社の構造改革、人材育成を積極的に推進している。

HE4 8月3日(木) 15:30〜17:00 ホールB7 受講料無料
日本企業の競争力を強化する「見える化」人事 
〜最新グローバルHCMトレンドからの考察〜
サバ・ソフトウェア 
代表取締役社長 
細井 一雄 氏
 
講演概要
製造やサービスの「見える化」が進んでいます。納得感のあるプロセスやコストは魅力的で、これからの日本のミドルマネジメントの戦略化に欠かせないものです。スキル、育成、成果、プロセス、キャリアデザイン、評価等を「見える化」の視点とITで見直すことによって、これまでの日本の人事が有効な企業戦略に変化します。戦略的人事は一日にしてならず、しかしこの見直しがないと長期的な企業価値に大きな影響を及ぼします。本講演ではHCMのグローバル・メガ・トレンドを紹介するとともに、日本の「見える化」を実現するSabaソリューションを紹介します。
講師略歴
日本IBM、SAPジャパンにてITおよび人事情報のコンサルタントとして活躍、数多くの人事情報システム革新に携わった。サバ・ソフトウェアの人財開発ビジョンに感銘し、2002年8月に日本法人を設立。ラーニング・マネジメントをコアに戦略的ヒューマンキャピタルマネジメントを推進している。著書『人も組織も強くなる人事情報システムのつくり方』(中央経済社)など

HE5 8月4日(金) 13:30〜15:00 ホールB7 受講料無料

職場力向上の為の人材育成や労働時間管理の取組み

 
トヨタ自動車 
人事部 企画室 制度・システムグループ 
水野 晴仁 氏(予定)
  日本オラクル
アプリケーションSC本部
HR-SC部 シニアマネジャー
中馬 博之 氏
講演概要
激しく変化する経営環境の中で、その競争力を維持する仕組づくりにトヨタ自動車様は取り組んでこられました。人事の領域におかれましては、自ら課題を創出し、解決していく能力を持った『プロ人材』を育成する人材育成プログラムをPeopleSoft HCMで導入・拡張されております。本講演では、今回の人材育成の仕組の設計にあたった水野様に、本取り組みの詳細を御解説頂きます。
講師略歴
[水野晴仁氏]日本電気にて10数年に渡り人材開発のコンサルティングに関わり、その後、トヨタ自動車に入社し、人材育成の現場で仕組みづくりを推進中。


※講演時間、講演者、講演内容などは都合により予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
※満席になり次第、締切となりますので、お早めにお申し込みください。