■セミナー講演は終了いたしました。
D1 7月18日(水)13:30〜15:00
人手不足時代の人事業務運営
〜内部統制も踏まえた人事業務のシステム構築とアウトソーシングの活用〜
人事サービス・コンサルティング 代表取締役社長
武谷 啓 氏
講師略歴
1986年住友信託銀行入社、営業部門を経て1994年人事部(採用・研修、人事企画)に配属。2002年異業種大手企業3社の共同シェアード会社を企画、設立と同時に代表取締役社長に就任。2005年OBIC7exの採用を契機に、事業対象の拡大とオービック社との提携を実施。株主グループ企業以外からの受託も順次拡大中。
オービック 執行役員
ソリューション推進部長
野口 盛明 氏
講演内容
昨今の人手不足、人材需給の逼迫に伴い、中堅企業では間接業務の運用に支障をきたしている事例が見られます。さらに会社法施行に伴って資本金500百万円以上の企業については内部統制システムの構築が義務付けられ、間接部門における対応が必須となっている等取り組むべき課題が山積しています。当講演においては、少人数での運営を求められる中堅企業の人事業務にスポットをあて、内部統制システム構築の観点も踏まえた今後の人事システム構築における留意点及びアウトソーシングの上手な活用方法について具体的な指針を示します。
D2 7月18日(水)15:30〜17:00
人財マネジメントの新潮流
〜三菱UFJ証券に学ぶインフォーマル・ラーニングの可視化と徹底〜
三菱UFJ証券
人事部人材育成室 室長
大澤 幹彦 氏
講師略歴
旧国際証券(現三菱UFJ証券)入社。リテール・法人営業を経て人事へ。人事課長の後、2003年12月より現職。二度の合併対応を糧とし、人材育成に注力中。
サバ・ソフトウェア
代表取締役社長
細井 一雄 氏
講師略歴
日本の人財マネジメントを変革すべく、2002年にサバ・ソフトウェア日本法人を設立。「人財マネジメント・コラム」を執筆中(http://d.hatena.ne.jp/Sabajapan/
講演内容
人財マネジメントの新しい潮流が起きています。
1.インフォーマル・ラーニングの重要性
2.人財(タレント)および人財パイプラインのしくみづくり
3.人財育成と業績管理の統合化
当講演では、上記のグローバル・メガトレンドを紹介し、今後の人財マネジメントと企業戦略について解説していきます。また、実際のsaba活用事例として、三菱UFJ証券様における人財育成戦略とミッション・クリティカル業務になりつつあるラーニングの実態、および、インフォーマル・ラーニングの形式知化についてご紹介いただきます。
D3 7月19日(木)13:30〜15:00
《パネル討論》企業が抱える人財育成の課題
〜スキルの見える化、提案型営業の強化〜
パネリスト
チッソ 総務人事部 次席
東 義信氏
日立システムアンドサービス 経営企画部 部長
増田 典生氏
ビクターテクノブレーン AVシステムグループ長
吉田 光浩氏
大手メーカー 営業企画部門(予定)
モデレータ
サンブリッジヒューメトリクス HCMソリューション事業部
執行役員 チーフ・キャリア・プロデューサー
小野 莉値子氏
講演内容
経営視点からみて競争優位にたてる人財育成の仕組みを構築するためには「今、何に注力すべきか」「どんな構築プロセスを踏むのか」が重要です。パネルディスカッションでは、スキルの見える化、提案型営業の強化という現在多くの企業が持っている人財育成の二つの課題に焦点をあて、各企業の事例をあげながら、その課題についてどのように問題解決していこうとしているのかご紹介します。
D4 7月20日(金)13:30〜15:00
イノベーションを支える人事システムとは
〜変化への対応力が企業競争力を生み出す〜
ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO
牧野 正幸 氏
講演内容
明確なROIと経営サポートの両立をはかるIT投資とはどうあるべきか?多様な働き方や雇用形態、グループ経営、内部統制、コンプライアンス、日々進化するテクノロジー…。次々と押し寄せる変化に対応する秘訣は何か?経済活動のグローバル化に伴い、次なるイノベーションを求められる昨今、変化への対応力が企業の競争力を生み出すといって過言ではありません。人事給与パッケージNo.1のシェアを誇るワークスアプリケーションズが、情報システム投資のあるべき姿をご紹介いたします。

講師略歴
日本の大手企業を中心に、情報システム構築のコンサルタントとして活躍。1994年、コンサルティング会社を開設。96年、ワークスアプリケーションズ代表取締役副社長就任。2001年、同社代表取締役CEOに就任。会社設立5年で業界トップ企業に成長させる。
※講演時間・講演者・講演内容などは都合により予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

ページTOP