セミナー

全プログラム表示
全プログラム一覧
ヒューマンキャピタル 2009 セミナープログラム一覧(PDF)
日別表示
7月8日(水)
7月9日(木)
7月10日(金)
カテゴリー別表示
基調講演
特別シンポジウム(有料)
行動変革、意識改革をもたらす人材活性化セミナー(有料)
アドバンストセミナー
人材育成セミナー
組織・人材マネジメントフォーラム
人事・総務向けITソリューションセミナー
日経ヘルス メンタルヘルスセミナー
女性活用・育成セミナー
リーダーシップ開発セミナー
NBonline Special “LEADERS’ INSIGHT” 人財経営セミナー
オラクル人材情報経営ゼミナール ~経営指標における人材情報の活用
出展社ワークショップ
セミナープログラムはすべて終了いたしました。
特別シンポジウム(有料) 有料講座
7月8日(水) 7月9日(木) 7月10日(金)

受講料
各15,000円 (消費税込み)

A1 7月8日(水) 11:15~13:45
 

危機の向こうに未来をみるリーダーシップを求めて

ホールB7

講演内容
経済危機の嵐が去ったあとに以前の風景が広がっていることはありえません。現在の難しい時期にも物事の本質を見極め、骨太で未来志向の方向性をさし示す賢慮型リーダーシップが求められています。また、そうしたリーダーシップを育めるよう人事部門の役割も問われています。賢慮型人材育成に取り組み効果を上げてきた企業を交えて、危機を変革に転ずるリーダーの役割とリーダーシップ、そして人事部門の課題を考えます。

野中 郁次郎
基調講演(1) 11:15~11:55
実践的知恵を組織化する ~戦略・リーダーシップ・知創人事~
一橋大学名誉教授
野中 郁次郎 氏

講師略歴
防衛大学校教授、一橋大学産業経営研究所所長、北陸先端科学技術大学院知識科学研究科長、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授などを経て、2006年より現職。綬褒章(2002年)。アカデミーオブマネジメント・インターナショナル部門エミネントスカラー賞(2007年)。「知識創造企業」(東洋経済新報社)、「イノベーションの作法」(日本経済新聞社)、「Managing Flow」(Palgrave Macmillan)など著書多数。
高山 千弘
基調講演(2) 11:55~12:35
ディマンド・イノベーションを引き起こすナレッジ・リーダー
エーザイ 理事 知創部 部長
高山 千弘 氏

講師略歴
1982年エーザイ入社。その後、英国にてMBA(経営学修士)、米国にてPh.D.(医学博士)取得。日・米にてアルツハイマー病治療剤アリセプトの臨床試験とその承認申請をし、承認後上市する。認知症高齢者が安心して暮らせる社会をつくる支援を企業活動として行なった。現在、企業理念の普及と患者様に希望を届けるhhc活動を、世界規模で展開している。

パネルディスカッション 12:45~13:45
パネリスト

野中 郁次郎 一橋大学名誉教授
野中 郁次郎 氏
高山 千弘 エーザイ 理事 知創部 部長
高山 千弘 氏

モデレータ

野田 稔 ジェイフィール 代表取締役社長
明治大学大学院グローバルビジネス研究科 教授
リクルート ワークス研究所 特任研究顧問
野田 稔 氏

講師略歴
野村総合研究所、多摩大学教授などを経て、現職。研究分野は一貫して、組織における人の行動にあり、小さなチームでの個人の振る舞いから、大きな企業グループでの意思決定に至るまで対象は幅広い。2009年4月よりNHK『経済ワイドビジョンe』メインキャスターなどテレビ・ラジオでも活躍中。著書に『あたたかい組織感情 ミドルと職場を元気にする方法』(ソフトバンククリエイティブ)など。
A2 7月9日(木) 11:15~13:45

時代を打破する次世代経営者の選抜・育成の仕組みを考える ホールB7

講演内容
厳しい経営環境のもと、状況を打破し、新たなビジネスの動きをつかみ、成功に繋げていく経営リーダーの育成・選抜・活用のメカニズムをしっかりと構築することが多くの企業に求められています。 本シンポジウムでは、この問題に対する対応策を幅広く検討します。基調講演では、次世代経営者教育をグローバルな視点からきめ細かく実践し、高い評価を得ているノバルティスファーマの取り組みについて、同社日本法人の石川裕子氏がお話します。パネルディスカッションでは石川氏に加え、数多くの企業で次世代経営者教育、リーダー教育のデザインと運営に携わる高橋俊介、花田光世両氏が加わり、これからのリーダー教育を多面的に検討します。

花田 光世
趣旨説明 11:15~11:25
現場幹部に期待すること
慶應義塾大学総合政策学部 教授
同大学SFC研究所 キャリアリソースラボラトリー代表
花田 光世 氏

講師略歴
慶應義塾大学文学部卒。社会学博士(南カリフォルニア大学)。産業能率大学教授、同大学国際経営研究所所長を経て、1990年より現職。企業組織、とりわけ人事・教育問題研究の第一人者。アウトソーシング協議会会長などに加えて、民間企業の社外取締役、報酬委員会にも従事。「人事制度における競争原理の実態」で組織学会賞を受賞。著書に「グローバル戦略を支える人事システムの展開法(上・下)」(ダイヤモンドハーバード・ビジネス)など。
石川 裕子
基調講演 11:25~12:25
次世代リーダー育成の取り組み
~ノバルティスの人と企業文化に対する考え方~
ノバルティス ファーマ 常務取締役 人事・コミュニケーション本部長
ノバルティスコーポレート 人事責任者
石川 裕子 氏

講師略歴
バーソン・マーステラ東京支社シニアアカウントエグゼクティブ、サンド薬品 広報室長、人事部長などを経て、1997年合併により設立されたノバルティス ファーマの取締役、人事・広報本部長に就任。2005年より現職。ボストン大学大学院修士課程。コロンビア大学国際関係行政大学院修士課程。
高橋 俊介
問題提起 12:35~12:50
リーダーに求められる習慣化
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
高橋 俊介 氏

講師略歴
東京大学工学部卒。日本国有鉄道、マッキンゼーアンドカンパニ-を経て、ワトソンワイアット入社。1993年同社代表取締役社長就任。現在、個人事務所を通じたコンサルティングや講演、企業の人材育成支援活動などに加え、慶應義塾大学にて個人主導のキャリア開発や組織の人材育成を研究。著書に『キャリアをつくる9つの習慣』(プレジデント社)など多数。

パネルディスカッション 12:50~13:45

パネリスト

石川 裕子 ノバルティス ファーマ 常務取締役
人事・コミュニケーション本部長
ノバルティスコーポレート 人事責任者
石川 裕子 氏
高橋 俊介 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
高橋 俊介 氏

モデレータ

花田 光世 慶應義塾大学総合政策学部 教授
同大学SFC研究所
キャリアリソースラボラトリー代表
花田 光世 氏
A3 7月10日(金) 11:15~13:45

次世代産業を拓く人材育成 ホールB7

講演内容
日本の産業競争力の源泉である“ものづくり”の構造が大きく変わろうとしています。短期的には円高の定着を前提にグローバルな効率的調達・国際競争力を確保する一方で、長期的には産業の一層の情報化や、低炭素社会への対応など、新たな市場を生む技術の創出が求められているからです。しかし先端的な技術で最高水準の製品を生み出してきた産業構造からの転換は容易なことではありません。円高を利用した短期的対応は有効かもしれませんが、長期的視点でものづくりを発展させためには新たな戦略的構想力とその実現を担える産業人材の育成が求められています。21世紀の日本の産業革新の方向とそれをリードするイノベーションを主導する人材育成について議論します。

藤本 隆宏
基調講演(1) 11:15~11:55
設計の比較優位と現場のひとづくり
東京大学大学院経済学研究科教授
東京大学ものづくり経営研究センター センター長
藤本 隆宏 氏

講師略歴
1979年東京大学経済学部卒業、三菱総合研究所入社。1997年ハーバード大学ビジネススクール上級研究員。1998年より東京大学経済学研究科教授。2004年より東京大学ものづくり経営研究センター長。ものづくりインストラクター養成スクールコーディネーター兼任。主な著書に『日本のもの造り哲学』(日本経済新聞社、2004年)『ものづくり経営学―製造業を超える生産思想』(共編著、2007年、光文社)など。
増田 貴司
基調講演(2) 11:55~12:25
『ものづくり日本』の復活への布石と『ひとづくり』
~企業の将来を決する不況期の成長戦略~
東レ経営研究所 産業経済調査部長 チーフ・エコノミスト
増田 貴司 氏

講師略歴
京都大学経済学部卒。日本債券信用銀行 経済調査課長などを経て、2000年東レ経営研究所入社。2002年より現職。QUICK「エコノミスト情報」のコメンテータ。日本経済新聞夕刊コラム「十字路」のレギュラー執筆者。メーカー系エコノミストとして、マクロ経済やモノづくりに関する論説も発信。共著に『日本のモノづくり58の論点』(JIPMソリューション)。

パネルディスカッション 12:35~13:45

渥美 欣也
ショートプレゼン
グローバル大競争時代を元気に生き抜く人づくり
~原点回帰と新たな価値観の衝突・融合策とは~
デンソー 基礎研究所 特定開発室B 室長
渥美 欣也 氏
講師略歴
1980年デンソー入社、研究開発業務に従事。セラミックグロープラグ、大出力半導体レーザーなどの開発を担当。同社基礎研究所にて、半導体分野のR&Dを推進。その後、エネルギー環境分野の新テーマを企画し、先端技術者らを新規に雇用して新たな技術の創出に挑戦している。2000年企業研究会・技術経営塾最優秀論文賞、2005年中部科学技術センター大賞を受賞。

パネリスト

藤本 隆宏 東京大学大学院経済学研究科教授
東京大学ものづくり経営研究センター センター長
藤本 隆宏 氏
増田 貴司 東レ経営研究所 産業経済調査部長
チーフ・エコノミスト
増田 貴司 氏
渥美 欣也 デンソー 基礎研究所 特定開発室B 室長
渥美 欣也 氏
モデレータ

日経ビジネスマネジメント 編集長
長谷川 直樹