株式会社電通国際情報サービス
人事業務を効率化するHRテック
その導入と活用のポイント

小場 隆行 氏株式会社電通国際情報サービス
HCM事業部 製品企画開発部
小場 隆行 氏

企業の課題を解決する
ソリューションとしてのHRテック

人事領域でのテクノロジー活用(HRテック)に注目が集まっている。システム開発やコンサルティングサービスを手掛ける電通国際情報サービスの小場隆行氏は、「なぜ今、HRテックなのか?」という論点からプレゼンテーションを始めた。

「少子化にともなって、生産年齢人口の減少が今後加速していくことになります。限られたリソースの中で企業活動を続けていくには、迅速な戦略策定と生産性向上が必須です。一方、ダイバーシティや働き方改革も進めていかなければなりません。そういった課題を解決するのがHRテックです。」

小場氏は、HRテックとは人事関連業務とテクノロジーを掛け合わせたものであると説明する。「採用×AI」「異動・配置転換×AI」「単純業務×RPA」「問い合わせ対応×チャットボット」などがその組み合わせの例だ。

人事領域での活用が進む
AIとRPA

最近、特に進んでいるのがAIの活用である。HRにおけるAI活用は大別すると「予測」「分類」「特徴抽出」の3種類に分類することができると小場氏は話す。

「現在の情報をもとに今後の数値の変化を予測すること。同じく現在の情報をもとに分類ルールを作成すること。さらに、さまざまなデータを共通する特徴をもったグループに分けること。その3つが人事領域におけるAIの主な機能です。活用の例としては、『月末の残業時間の予測の実施』や『エントリーシートの通過可否判定を行う分類ルールを作成し、工数削減を行う。』、『似た特徴を持つ社員に対して効果的な集合研修を行う。』などが実現できます。」

しかし、すべての課題を解決する万能のAIは存在しない。 AIが苦手なのは、具体的な対応策を考えること、100%の精度の回答を出すことなどである。AIの特性を踏まえて上手に活用することが必要であると小場氏は言う。

AI同様に活用が進んでいるのがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。

「エンジニアが利用していたブラウザテストツールが、ノンプログラミングでも使えるようになり、利用シーンが広がった。」と小場氏は説明する。

RPAの活用パターンは大きく2種類に分類することができる。一つが「業務フローの自動化」だ。RPA活用によって、単純業務の処理効率を大幅に向上させ、情報の入力漏れなどの人的ミスを減らすこともできる。

もう一つが、「複数のシステム/サービスの連携」である。RPAを使えば、これまで手作業で行う必要があったシステム間のデータ連携が自動化できる。

「RPAは、24時間365日稼働可能な働き手です。しかし、自ら判断することはできません。自律的に動くAI搭載型のRPAの研究が進んでいますが、現在のRPAは、あらかじめルールを設定しなければなりません。また、開発が比較的簡単であるとはいえ、専門的なスキルをもったスタッフが必要であり、稼働後の保守体制を整えることも求められます。社内のスタッフ育成に加えて、サポートやノウハウがあるベンダーと組むことが有効であると言えます。」(小場氏)

HRテック導入の
ポイントと3つのステップ

HRテックを実際に活用するには、いくつかの工夫が必要になる。例えば、採用業務にHRテックを導入する場合、「目標の採用人数:実績値の管理」「採用者のTOEICスコア」「採用者の思考的・性格的特徴」などは採用業務の範囲内で明らかになるが、それだけでなく「数年後のハイパフォーマー」「キャリアプラン」「入社3年以内に退職してしまうリスク」など分析範囲を拡大する場合は、評価や配属など他の業務領域の情報やそれらの経年変化を参照しなければならなくなる。

このように、より有用な調査や分析を行うためには、瞬時にヒトに関わるさまざまな業務領域のデータにアクセスできる 「統合データベース(DB)」が必要となる。さらにそれらの膨大なデータから、AIなどを活用して重要な情報を抽出できる「分析基盤」を設けることで、一連の分析作業をスムーズに行うことができるのである。

「人事業務のあらゆる領域を見渡し、補強が必要と考えられる部分にHRテックを導入するのが理想。」と導入のポイントを小場氏は説明する。小場氏が提唱するHRテック導入のステップは、以下の3段階である。

①「課題の収集」──収集した課題の中から「直近の目的/目標」を選択する。

②「課題の深堀」──その「目標」に対して、改善が必要な業務領域を特定する。

③「ソリューションの選択」──課題解決に最も効果的なソリューションを検討し、選択する。

さまざまなソリューションで
企業の人事活動を支える

同社は、先述の「統合DB」と「分析基盤」を搭載した統合HCMパッケージ「POSITIVE」を開発・提供している。AIを搭載し、人材の適材適所を提案するタレントマネジメント機能に加え、基幹人事システムの主要機能である人事・給与・就業管理の機能も網羅しており、人事部門全体の業務をテクノロジーで支援している。

さらに、現在、国内で「3大RPA」と呼ばれている製品の1つである「UiPath」の販売代理店であり、導入コンサルサービスも提供している。また、説明可能なAIによる分析ツール「simMachines」の提供や、オフィスレイアウト変更の効果をAIで可視化する実証実験などにも取り組んでいる。

「弊社はこれまで「POSITIVE」を中心に人事ソリューションを20年以上提供しており、2400社を超える実績を積み重ねてきました。これらの実績をもとに、今後もHRテックの導入と運用を広く支援していきたいと考えています。」(小場氏)

▲PAGETOP

株式会社電通国際情報サービス HCM事業部

〒108-0075東京都港区港南2-17-1
TEL:03-6713-9123
URL:https://www.isid.co.jp/positive/