イノベーションジャパン2006
  • TOP
  • 主催者挨拶・開催概要
  • 来場事前登録
  • 出展者・発表者一覧/マッチングシステム
  • 展示ゾーン
  • 新技術説明会
  • フォーラム
  • 関連ニュース
  • リリース
  • UBSスペシャル・アワード
  • 会場へのアクセス
  • FAQ/お問い合わせ先
e-seeds.jp 技術シーズ統合検索システム

技術シーズクイック検索

※大学や公的研究機関の技術シーズ専門の検索ができます。キーワードのみによる検索の他、地域を特定しての検索、研究機関を特定しての検索が可能です。

expolink

主催者挨拶・開催概要

大学一押しの「知」が結集した
「大学見本市」は持続的な
イノベーションの創出の源泉

大学の研究成果が社会に還元され日本を活性化する原動力となることを目指し、研究シーズと企業ニーズとの出会いの場を提供してきた「大学見本市」も今回で第3回となります。昨年のイノベーション・ジャパン2005‐大学見本市では、開催後、400件を越す共同研究開発や特許の実施交渉が行われ、うち100件以上が契約締結まで進展しています。このような素晴らしいマッチングの成果は、大学一押しの「知」と研究開発力旺盛な企業の熱意の賜です。持続的なイノベーション創出が実現される社会を目指し、独創的な研究成果の発掘や実用化に向けた企業とのマッチングを支援するJSTの総合的な支援策「大学見本市」を有効にご活用ください。

独立行政法人 科学技術振興機構 理事長 沖村 憲樹
独立行政法人
科学技術振興機構

理事長 沖村 憲樹

PROFILE

1940年生まれ。63年中央大学卒業後、科学技術庁に入庁。科学技術庁科学技術政策研究所長、科学技術振興局長を経て、98年科学技術庁科学審議官。2001年科学技術振興事業団理事長に就任。2003年から独立行政法人科学技術振興機構理事長を務める。

産の「テクノロジー」と学の「サイエンス」
「大学見本市」は持続的な
イノベーションの創出の源泉

我が国経済は、昨年までの踊り場から脱却し、回復基調で推移していますが、近年のBRICsの著しい経済発展や、東アジア諸国の急速な技術進歩が見られます。いま、我が国の重要な課題となっているのは、付加価値の高いイノベーションを絶え間なく生み続ける技術開発に取り組むことです。イノベーション・ジャパンは大学の技術シーズと産業界のニーズとが出会う産学マッチングのイベントです。NEDOでは、今年も本イベントが産学の皆様の出会いの場として活用され、技術移転が進み、新産業が創出され、日本経済がますます発展していくことを期待しています。
 

NEDO技術開発機構(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)理事長 牧野 力

PROFILE

1938年生まれ。63年東京大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。96年通商産業省事務次官に就任、97年退官。NEDO副理事長を経て、2001年にNEDO理事長に就任。03年10月の独立行政法人化を経て現在に至る。


開催概要

会期: 2006年9月13日(水)〜15日(金) 10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
会場: 東京国際フォーラム(東京・有楽町)
主催: 科学技術振興機構(JST)NEDO技術開発機構(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
共催: 文部科学省、経済産業省、内閣府、日経BP社
後援: 工業所有権情報・研修館、発明協会、中小企業基盤整備機構、日本学術会議、
知的財産戦略本部、日本経済新聞社、テレビ東京
特別協賛: 野村證券 、Special Award by: ubs
同時開催: 京大IIOフェア
入場料: 無料
来場対象者: 企業の研究開発担当者、研究者、大学関係者、研究者など