フォーラム

●事前申込は終了いたしました。
トレンドセッション詳細 受講有料 受講料 日経NETWORK1年購読(12冊)付き 14,800円
※ご購読者の方は現在のご購読期間に12冊延長になります。
日時
[T5]
2月3日(金)
13:00-15:30
[監修]
日経NETWORK
テーマ 通信サービス激変時代の企業ネットワーク設計と高度利用
内容 2006年はケータイへの新規参入、大手通信事業者のNGN(Next Generation Network)トライアル開始、など通信サービスが激変を始める。2010年頃に想定されるNGNの本格普及を前に、企業はネットワークをどう作るべきだろうか。企業には多様化と高度化が進む通信サービスや製品の中から、自社の要件に合ったものをブランドや実績にとらわれず客観的に選択する確かな眼と、キャリアやベンダーに要求を主張できる主体性が今まで以上に求められている。
本講演では激変の中でユーザー企業が主体性を持ってネットワークを構築し、活用するための考え方や設計手法を、大規模ネットワークにおける事例とキャリアサービスの将来動向を踏まえて解説する。
13:00〜14:40
◆企業ネットワークのリストラと高度利用&「見える化」のススメ
企業は通信サービスの大きな変化を前に「ネットワーク・リストラ」による軽くフレキシブルなネットワークの実現、豊かになったネットワーク資源の有効活用、その効果を測定しセキュリティをも高める「ネットワークの見える化」が求められている。
本講演では大規模ネットワークでの実績を踏まえ、ブロードバンド回線主義、差別化ルーティング(APを意識したルーティング)等に基づく実践的なネットワーク・リストラと、その活用、見える化の進め方を解説する。注目を集めるFMC(Fixed Mobile Convergence)の実現方法と企業での活用にも具体的に言及する。講師プロフィールはこちらから。
【主な内容】
1. 企業ネットワークの動向
2. 大手3社のNGN
  • NGNとは
  • 海外の先進事例−英BTのFMC BT Fusion
  • NTTの次世代ネットワーク
  • KDDIのウルトラ3G
  • ソフトバンクの次世代ネットワーク

  • 3. 大変革が進むケータイ
  • 新規参入3社の特徴
  • 既存3社の4G(第4世代携帯)に向けた取り組み
  • 新しいケータイの「活かし方」

  • 4. ネットワーク・リストラの考え方と設計手法
  • ユーザーに求められる「選択」と「主張」
  • 3つのポリシー(BB回線主義、050番号主義、フリーブランド主義)
  • BB回線主義と差別化ルーティング
  • 050番号主義と自営FMC
  • フリーブランドと適材適所
  • これからの企業ネットワークモデル−水平分散モデルvs垂直統合モデル

  • 5. ネットワーク活用のヒント
  • コンシューマー向けアプリに見る「発想転換」
  • ブロードバンド回線でのトリプルプレイ
  • ケータイの電話以外での利用増
  • 新規参入ケータイは「第3のモバイル」になるか?
  • Skypeは企業で広まるか?
  • 「ワークスタイルの変革」の意味
  • FMCのユーザーにとってのメリット

  • 6. ネットワークの「見える化」
  • 見える化の目的
  • 「見る」と「見える」の違い
  • 何を「見える化」するか
  • 見える化のツール
  • 見える化の進め方
  • 【講師】
    松田 次博氏 NTTデータ
    法人ビジネス事業本部 ネットワーク企画ビジネスユニット長
    松田 次博 氏
    14:40〜15:30
    ◆積水化学グループのネットワーク刷新と「見える化」の取り組みについて
    積水化学工業ではこの数年、全グループでの情報共有を促進する基盤を整備してきましたが、そのより効果的な活用を目指し、この下期から全グループのネットワークの刷新に着手しました。刷新の目的は信頼性向上、コスト低減と共に、大幅な高速化が狙いですが、そうした利便性の向上と同時にネットワークの危険性は増え、より高度なセキュリティの確保が必要となります。
    本講演では積水化学グループのネットワーク刷新の実際とITの「見える化」によるセキュリティ向上・IT活用促進への取り組みを紹介します。
    【講師】
    寺嶋 一郎氏 積水化学工業
    経営戦略部 情報システムグループ長
    寺嶋 一郎 氏