アジア・ゲーム・ビジネス・サミット|ビジネス目的の方へ|東京ゲームショウ2011

TOKYO GAME SHOW 2011

アジア・ゲーム・ビジネス・サミット
アジア・ゲーム・ビジネス・サミットは、東京ゲームショウ2011に併せて開催する、アジア圏を中核としたゲーム・ビジネスの拡大を目指す国際会議です。アジア圏の主要なゲーム会社の経営トップが一堂に会し、ゲーム・ビジネスの課題や展望についてパネルディスカッション形式で議論します。
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 共催:日経BP社 事前登録はこちら
開催日時 9月15日(木)13:30~15:00
会 場 幕張メッセ 展示ホール8 イベントステージ
受講対象 ゲームを中心とするコンピュータ・エンタテインメント・ビジネスに携わる経営者、プロジェクトマネージャー、開発者、流通関係者ほか、ゲームビジネス関係者の方々
受講料 無料、事前登録制
登壇予定企業
銭 東海 中国
盛大遊戯(シャンダ・ゲームズ) 副総裁
銭 東海
林 宗均 韓国
NEXON MOBILE Corporation 社長
林 宗均(イム・ジョンギュン)
許 金龍 台湾
XPEC Entertainment Inc. 代表取締役会長
許 金龍
辻本 春弘 日本
株式会社カプコン 代表取締役社長 最高執行責任者(COO)
辻本 春弘
鶴見 尚也 日本
株式会社セガ
常務取締役 海外リージョン統括本部長 兼 コンシューマ事業担当
鶴見 尚也
モデレータ:日経BP社 ビジネス局長 浅見 直樹
内 容

【メインテーマ】デジタルエンターテインメント、主戦場は手のひらの中に!

アジア市場において同じ土俵でビジネスできる分野の一つが「ポータブルデバイス」。フィーチャフォンやスマートフォン、タブレット、携帯型ゲーム機、電子書籍など数多くのポータブルデバイスが存在し、ユーザー獲得にしのぎを削っている。世界市場レベルで飛躍的な拡大を続けるこれらのハードウエアにめがけて、ゲームや映像、音楽などのコンテンツだけではなく、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や各種アプリケーションが提供され始めている。混沌とするポータブルデバイスと、ゲーム産業の未来を占う。

ディスカッション内容(予定)

1.各国のポータブルデバイスの市場環境について

日本、台湾、韓国、中国における「ポータブルデバイス」市場について、動向をまとめる。


2.スマートフォンやタブレット上のゲーム・ビジネスについて

スマートフォン上のゲーム・ビジネスがいよいよ本格的になってきた。ダウンロード販売だけではなく、アプリ内課金、新型サービスなどのビジネススキームも発展中だ。スマートフォンビジネスはどのようにマネタイズされているのだろうか? ビジネスの最新状況を探る。


3.携帯型ゲーム機市場について

携帯型ゲーム機市場について、各国における需要とトレンドについて考える。


4.ソーシャルゲームのインパクトについて

ゲームプラットフォーマーとして一大勢力になったSNS。ゲームビジネスモデルの変化や、新しい層のユーザー獲得などさまざまな動きがある。ソーシャルゲームの将来像について考える。

  • 「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」は、東京ゲームショウ2011へ入場されない方でも受講可能です。
  • 事前登録のない場合は、当日、会場に空きがある場合にのみ入場可能です。できるだけ事前登録をしてご来場ください。
  • 東京ゲームショウ2011への入場は、事前登録(ビジネスデイ)、または、入場券(一般公開)が必要となります。
    いずれも有料です。
  • 講演時間、内容、登壇企業、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
  • アジア・ゲーム・ビジネス・サミットでは、日本語、英語、韓国語、中国語の同時通訳サービスがあります。