プレゼンテーション概要|SENSE OF WONDER NIGHT 2011|ビジネス目的の方へ|東京ゲームショウ2012

TOKYO GAME SHOW 2012

センス・オブ・ワンダーナイト

主催
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会/日経BP社
協力
国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)

プレゼンテーション概要

16の国と地域から75作品がエントリー!そのうち10作品が選出されました。

開催日
2012年9月21日(金) 17:30-20:00(予定)
会場
幕張メッセ・国際会議場「201」会議室
観覧方法
東京ゲームショウ2012 ビジネスデイの入場パスをお持ちの方であれば、参加いただけます。

※当日先着順でご入場いただけます。満席の場合、ご入場いただけない場合がございます。
※9月21日(金)17:30-20:00(予定) にはプレゼンテーションの様子の動画中継を予定しています。


プレゼンテーション動画(アーカイブ)

プレゼンテーション作品

(タイトルはアルファベット順。日本語タイトルは、英文訳表記による。※敬称略。)
9月21日(金)のプレゼンテーションで企業賞、
オーディエンス賞が決定しました。
Backworlds
Anders Ekermo & Juha Kangas
〔スウェーデン〕
Joju Games賞
BaraBariBall
Noah Sasso(Strange Flavor)
〔アメリカ〕
BREAKS
なんも/柳原隆幸
(FullPowerSideAttack.com)
〔日本〕
ちゅまむ chumam
石田翔(い〜といん)
〔日本〕
GREE賞
Douse
DigiPen Team Terrabyte
〔アメリカ〕
Grandmaster
Artur Mine and Dmitry Verbitsky(Beast Mode)
〔ウクライナ〕
オ−ディエンス賞
NHNjapan賞
Memory of a Broken Dimension
Ezra Hanson-White(sole creator)
〔アメリカ〕
UBM TechWeb Game Network 賞
TAISO
雑魚雑魚
〔日本〕
GMOインターネット賞
Tengami
Jennifer Schneidereit(Nyamyam)
〔イギリス〕
光弾の射手 The Light Shooter
安本匡佑
〔日本〕
日本マイクロソフト賞

※ プレゼンテーション作品は応募者の都合により、キャンセルする場合があります。

このページのトップへ
  • CESA
  • 日経BP社
  • An 0fficial event of CoFesta